二十五回忌 親族大集合

夫の両親が亡くなって25年、24年。2年続いての悲しい出来事でした。義父は81歳、義母は76歳。義母は慕っていた義父の後を追うようにちょうど1年後に亡くなったのです。肝臓がん。気づいたときは末期、後3ヶ月。その通りの展開でした。夫は5人兄弟。そして孫達は15人。そして曾孫が17人ほど。このたび両親のお墓を横浜に移すという事で、みんな集まり、総勢で50人ほど。両親たちは自分の後をこんなにたくさんの孫や曾孫が続いていることわきっと喜んで自慢していると思います。何しろ少子化。夫の兄弟が5人というのも多いけど、順調に結婚して子供が生まれているのも凄い。まだ独身の人も数人いますが。
私は弟がいても子供がいなかったので、我が家が集まっても20人ほど。50人には及びません。今の時代全員結婚して子供を持っているのは自慢すべきこと、誇らしい事と思います。

[PR]
# by nizicanvas | 2018-03-26 22:50 | つれづれ

こんな呑気なことで日本は大丈夫なのか?心配な事

国会は相変わらず森友問題で犯人のまるであぶり出しのように騒いでいる。真実を、真実を、とマスコミや野党は言うけど、国民はそんなに究明を求めているのだろうか、なんかそんなこと昔から良く会ったんじゃないかなと思っているのではないか・・。国民の意識の低さにもうんざりする。あやふやでいいとは言わないけど、テレビや新聞で流れるニュースを知ると、もっとなんとかしなきゃいけない問題がたくさんあるでしょうといいたくなる。障害者の人達が働く場が閉鎖されて行こうとする。その原因は政府からの縁者を障害者の給料にまわすことを禁じたことが大きいと。説明を聞いていると何が人権だと訊きたい。尖閣諸島のまわりの中国船、いよいよ軍の直属になっていると。いよいよ習主席の息がかかってきた。新聞によると豪州に入った中国人勢力が強くなって、日本も他人ごとではないでしょう外国人に警告されるようになった。国会議員は勉強しないのか、日本の外ではどれだけの権力争いがあり、虎視眈々と日本を狙っているというのに、憲法論議も進まない。五百万人の個人情報が中国人に流れて、今にそれは中国政府に利用されるでしょう。政治家は平気なんだろうか。
なんかもう日本に住むのいやだと私はいいたい。悔しい、このままでは日本は本当に中国に侵略されてしまいそう。反日の朝鮮半島からどんな手が延ばされるか、そんなことを日本のマスコミや政治家はなんともないのかと心配でならないのです。誰か答えて欲しい。日本の有名人、日本を守ろうと誰か大きな声を上げて欲しい。

[PR]
# by nizicanvas | 2018-03-22 20:19 | 時事・経済・社会

時事講演会 呉(お) 善花(そんふぁ)さんの講演

今日は岡山の平成ビジョンの会主催の講演会があり、遠いけど元気を出して出かけました。というのも韓国人の呉善花さんの話に興味があったのです。彼女の話は一度だけ東京の致知の講演会で聞きました。韓国の人は嫌いだけど、呉さんは
とてもいい感じ。言ったいることも親日派。もう日本に長く住んでいます。
今日のテーマは「日本 朝鮮半島 近未来におこること」でした。そこで彼女ならではの詳しい韓国、北朝鮮の現状を詳しく聞きました。つまりどうやら韓国と北朝鮮は統一されるようになるという予想です。この話はますます現実味を帯びてきているそうです。韓国の今の政府は北より、というよりズバリ北のスパイのような人達集団らしい。ロテウ大統領時代から北と統一国家にしようとする動きがあったようです。そして経済で疲弊している韓国、資本主義の発展で個人主義的傾向が強く、道徳倫理も低下して韓国はいろいろな意味で混乱しているそうです。そんな退廃の韓国なら貧しくても古き良き時代の方がいいと北と統一することを望んでいる若い人達も多いとか。そんな話の数々、それはあちらのことだから日本人ではどうにもならないでしょう。それで私達日本とどういう関係になるのかと聞いていると、なんと北と統一国家になればますます反日教育。今でもますます反日教育を強めて、教科書も変更しているといいます。朝鮮半島人は恨みの文化をもつ民族。恨みを増長させて攻撃し、自分達の闘志を燃やす国だと言います。これは呉さんが言っているのです。そしてアメリカはもう韓国から手を引くでしょう。アメリカはやがて日本からも手を引くでしょう。そうなった時日本はどうなるか。それが問題だということです。そこまでの話を聞いて私はそんなことを日本の国会議員やマスコミは知っているのですかと尋ねると、知らないでしょうとのこと。なんと情けない!
もりとも問題、偽造問題も問題だけど、そんなことばかり大騒ぎをしていて、まさにトンビにタカです。
国会議員の皆さん、マスコミの皆さん、市民の皆さん、日本人はもっと世界を知って、自分の国は自分で守る気概をもたなければこれから先、日本という国は残るのでしょうか。もっと危機意識をもって欲しいとつくづく思いました。皆さんとにかく勉強しましょう。呉さんの最近の本を紹介されましたるそこに全部書いてあるそうです。私も読んでみます。今図書館から借りて読んでいる本は『テレビ報道嘘のからくり』です。

[PR]
# by nizicanvas | 2018-03-18 23:17 | 時事・経済・社会

悔しき事多々あり

今読んだ本を二つ紹介します。ケントギルバートさんと井上和彦さんの対談集『東京裁判を〇からやり直す』
チベット人ペマギャルポさんの『祖国を中国に奪われたチベット人が語る 侵略に気づいていない日本人』
二つの本は結局、世界の情勢を見ない、ゆがめら、貶められた戦後処理、あくまでも日本を悪者にしようとしたアメリカのGHQの策略の罠にはまった日本人、GHQの洗脳から解けない日本人罪悪感の問題です。
最近アメリカの方から日米戦争はアメリカの仕掛けた罠だった、日本が戦争をしなくてはならなかった本当の理由という本をよく見かけます。今まで信じ込まされてきた日本は侵略戦争をした、日本犯罪論意識を強く持たされ、それがいまだに続いていることが今の日本の不思議な現象の根底にあります。一番いけないのがマスコミ。ともかく報道が可笑しい。まるで中国や韓国のマスコミのような報道。戦後や70年たっています。もう一度あの戦争、アメリカがもたらした日本犯罪論についてしっかりと根底から真実を知る、そのことをしっかり議論できる日本でありたい。今はとにかく議論することもタブー的。従軍慰安婦も南京大虐殺も無かった事なのに、なかったことすら公で検証することが許されないなんて、そうしようとしたらひどいバッシングを浴びせるマスコミ。ここを正していかないと今に日本は中国の属国。チベットのような自治区になってしまい、日本の歴史伝統文化も遺跡も破壊されてしまうでしょう。すべて日本人が悪いという意識、そんな意識をもつ日本人、それが情けなくて情けなくて悔しい! 言論の自由をいうなら真実を暴こうとしている人達を非難しないで欲しい。今の日本のいろいろな問題にある日本犯罪論に対していい加減にしろと悔しい思いでいっぱいです。私の命がある限りこの問題を提起したいと思っています。

[PR]
# by nizicanvas | 2018-03-17 16:30 | 時事・経済・社会

感動三つ

春がやってきたことを実感する温かさ。時の流れの速さに戸惑うばかり。相変わらず図書館の本に首ったけ。最近研究している人物は斑鳩の匠 宮大工西岡常一さんのこと。すでに亡くなられた方ですが、なんと素晴らしい方がいたものだと感心、感動。西岡常一関係の本を片っ端から読んでいます。詳しくは書けないけど、法隆寺や薬師寺の修理をする西岡さんの姿勢、古い建物を大切に考える考え方、すべてに限りなく尊敬します。感動の第一は西岡さんの人間性と仕事に対する真摯な姿勢。第二は飛鳥時代という遠い昔の宮大工たちの知恵と姿勢。千年も建物が長持ちしているという事はそこに偉大な彼らの知恵がふんだんに使われているのです。そのことを発見した西岡さんもまた凄い。こんな素晴らしい日本人がいることをまたまたま誇りに思うのです。そしてもう一つの大きな感動は弟子の小川さん。自分の子には大工は継がさなかった西岡さんですが、弟子は取らないとしていた西岡さんですが、小川さんは西岡さんの仕事に心底惚れて、何回も弟子入りを志願し、五年待って弟子になった人。今この方が弟子を育てています。その育て方は師匠に学びながら、弟子たちが宮大工で食べて行けるように配慮している事。
小川さんの弟子との関係も素晴らしい師弟関係です。こんな人達の事を私達はもっと知らなければモッタイナイと思います。偉人勉強会で常岡さんのDVDを見て勉強しました。
まんりょうにも書いて紹介します。

[PR]
# by nizicanvas | 2018-03-17 16:01 | つれづれ

嬉しきこと一つ

私が毎月書いて女性クラブの会報として出している新聞「まんりょう」、とても有難いことに結構評判がいいんです。
今日もカーブスで会った知人が「次は出たの」と尋ねてくれました。最近ニューモラル誌と一緒にまんりょうを差し上げているのです。「なんか楽しみ。次が読みたいと思っていたところ』といってくださり、用意していたそれらを袋から出して差し上げました。拙い文章ではありますが、毎月毎月楽しみに書いているのです。有難い書きたいことがいっぱい。お知らせしたいことがいっぱい。昔の印刷機、謄写版を改良した性能のよい印刷機で印刷させてもらっているので、印刷費は安い。だから500枚も印刷できるのですが。こうして読んでいただけるなんという嬉しい事でしょう。このブログにも繋がっています。

[PR]
# by nizicanvas | 2018-03-06 22:52 | つれづれ

蒜山高原で雪遊び

昨日の日曜日は孫たちと蒜山高原に雪遊びに行きました。久しぶりについていきました。もう孫の世話をしなくてもいいので私はただ部屋の中でぼんやりと。雪はかなり少なく残念でしたが、スキーやソリ遊びは十分できます。たくさんの人が来ていました。今から30年前は息子や娘たちを恩原高原に連れて行っていたものです。その頃はとてもたくさんの人が来ていました。子供達はお腹がすくまで外でスキー。私は1日ストーブの温かい部屋で本を読みながら待機。そんな時代があったなと懐かしく思いながら、孫たちの遊ぶのをみていました。
[PR]
# by nizicanvas | 2018-03-04 22:34 | 旅、食、生活、店、趣味

津山市ソシオ一番街の雛人形展の紹介

三月はお雛様の月です。もっとも当地は旧暦でお祝いをするのが習慣なのですが。しかし今どこでも三月には綺麗に飾っています。県北にも見応えのある雛人形展がいくつかありますが、近場ではやはり市内のソシオ一番街の人形展。通りの店先に飾っていますが、正直見応えはそれほどでもない。ただ見ながら歩くのは結構楽しいけど。全体的にもう少し人が集まる工夫をされたらいいなと思いました。ちょっと寂しい。しかし一番街の中のお店の一部屋がさまざまな時代のたくさんのひな人形展は見ごたえありました。お汁粉二百円、美味しかった。もう少しいろいろあるといいかも。美味しい珈琲とか。今日は午前と午後お琴、フルート、ギターの三重奏がありました。素晴らしい演奏も満足。日曜日なのに相手内という寂しさ。津山の町の商店街もやはりまだまだですね。なんとか活性化して欲しいですね。来年を期待しています。
母はアルネの車いすを使わせてもらってその通りを見学できたので有難かった。そんなことももっとPRしたらいいのにね。

[PR]
# by nizicanvas | 2018-03-04 22:20 | 旅、食、生活、店、趣味

素晴らしい日本人。宮大工 安岡常一さん 

今私は宮大工、法隆寺や薬師寺等の古いお寺を修理した安岡さんになついて勉強してみています。こんどの偉人にはこの方についてのDVDをみようと思います。なんと素晴らしい考えの方、宮大工としての素晴らしい仕事。とても尊敬します。安岡さんの哲学は本当に素晴らしいと感動でいくつかの本を読みました。それにしても千年以上持ちこたえるようにしているお寺、飛鳥時代の大工さんの思慮深い、科学的な考えと建築にただただ恐れ入りますのひとこと。勉強することはなんと楽しい事でしょう。こんな素晴らしい人を知らずに人生を終わるなんてもったいないとつくづく思います。
[PR]
# by nizicanvas | 2018-03-02 19:51 | つれづれ

国会質問 薬師寺みちよさんすごい!

国会質問には興味あるがうんざりすること多い。野党の質問が不快。大した問題ではないのを徹底的に追及したり、いつまでもいつまでも大したことのない問題を国家の一大事のように繰り返し、繰り返し、むし返し、もっと重要な問題があるだろうとうんざりです。北海道も本土も中国人が広大な土地を買っていることはどうして問題にしないのでしょうね。何人といいたくなるほど愛国心のない審問をしたり、そんなに日本が嫌なら誇りが持てないのなら、韓国や中国へ行ったらと言いたくなります。さて、今日初めて薬師寺みちよさんの質問を聞きました。なんと的を得た、予算委員会に相応しい内容と話し方。とても建設的な質問や提案。首相も予算委員会らしい質問だと喜んでいらしたが、本当にそうです。すごいと思い、インターネットをみてみるとなんとなかなか好評の方。へーそんな方がいらしたんだと嬉しなりました。
反対尋問をする人には声や話し方、顔つきの悪い人が多い。特に女性、なんであんな喧嘩腰なんかね。
話し合いはもっと穏やかにいきたいものです。反対意見でも。かつて優生保護法で避妊等を勧められたことが問題に上がっていますが、気の毒だけど過去の事をそれほど生し返してどうなるのでしょう。お気の毒とは思いますが、それで弁償してもらうとはどういうことでしょう。なんかすっきりしない。ニュースはその話題を繰り返し繰り返し。なんか鬼の首をとったよう。当時は日本人の意識がその問題於いてそれほどの認識しかなかったのだから。そんなことを言い出したらきりがないと思うのですが。体が健全であっても妊娠しない人もいるし、子供を産んでも育てられないと捨てたり、殺したりする人もいる。なんでも補償、弁償といいますが、すべて税金から出ていますよ。昔の事を蒸し返してもさあ、どうでしょう。医療も考え方も進歩してきているのだからね。

[PR]
# by nizicanvas | 2018-03-02 19:45 | 時事・経済・社会

育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas
プロフィールを見る
画像一覧