感動三つ

春がやってきたことを実感する温かさ。時の流れの速さに戸惑うばかり。相変わらず図書館の本に首ったけ。最近研究している人物は斑鳩の匠 宮大工西岡常一さんのこと。すでに亡くなられた方ですが、なんと素晴らしい方がいたものだと感心、感動。西岡常一関係の本を片っ端から読んでいます。詳しくは書けないけど、法隆寺や薬師寺の修理をする西岡さんの姿勢、古い建物を大切に考える考え方、すべてに限りなく尊敬します。感動の第一は西岡さんの人間性と仕事に対する真摯な姿勢。第二は飛鳥時代という遠い昔の宮大工たちの知恵と姿勢。千年も建物が長持ちしているという事はそこに偉大な彼らの知恵がふんだんに使われているのです。そのことを発見した西岡さんもまた凄い。こんな素晴らしい日本人がいることをまたまたま誇りに思うのです。そしてもう一つの大きな感動は弟子の小川さん。自分の子には大工は継がさなかった西岡さんですが、弟子は取らないとしていた西岡さんですが、小川さんは西岡さんの仕事に心底惚れて、何回も弟子入りを志願し、五年待って弟子になった人。今この方が弟子を育てています。その育て方は師匠に学びながら、弟子たちが宮大工で食べて行けるように配慮している事。
小川さんの弟子との関係も素晴らしい師弟関係です。こんな人達の事を私達はもっと知らなければモッタイナイと思います。偉人勉強会で常岡さんのDVDを見て勉強しました。
まんりょうにも書いて紹介します。

[PR]
# by nizicanvas | 2018-03-17 16:01 | つれづれ

嬉しきこと一つ

私が毎月書いて女性クラブの会報として出している新聞「まんりょう」、とても有難いことに結構評判がいいんです。
今日もカーブスで会った知人が「次は出たの」と尋ねてくれました。最近ニューモラル誌と一緒にまんりょうを差し上げているのです。「なんか楽しみ。次が読みたいと思っていたところ』といってくださり、用意していたそれらを袋から出して差し上げました。拙い文章ではありますが、毎月毎月楽しみに書いているのです。有難い書きたいことがいっぱい。お知らせしたいことがいっぱい。昔の印刷機、謄写版を改良した性能のよい印刷機で印刷させてもらっているので、印刷費は安い。だから500枚も印刷できるのですが。こうして読んでいただけるなんという嬉しい事でしょう。このブログにも繋がっています。

[PR]
# by nizicanvas | 2018-03-06 22:52 | つれづれ

蒜山高原で雪遊び

昨日の日曜日は孫たちと蒜山高原に雪遊びに行きました。久しぶりについていきました。もう孫の世話をしなくてもいいので私はただ部屋の中でぼんやりと。雪はかなり少なく残念でしたが、スキーやソリ遊びは十分できます。たくさんの人が来ていました。今から30年前は息子や娘たちを恩原高原に連れて行っていたものです。その頃はとてもたくさんの人が来ていました。子供達はお腹がすくまで外でスキー。私は1日ストーブの温かい部屋で本を読みながら待機。そんな時代があったなと懐かしく思いながら、孫たちの遊ぶのをみていました。
[PR]
# by nizicanvas | 2018-03-04 22:34 | 旅、食、生活、店、趣味

津山市ソシオ一番街の雛人形展の紹介

三月はお雛様の月です。もっとも当地は旧暦でお祝いをするのが習慣なのですが。しかし今どこでも三月には綺麗に飾っています。県北にも見応えのある雛人形展がいくつかありますが、近場ではやはり市内のソシオ一番街の人形展。通りの店先に飾っていますが、正直見応えはそれほどでもない。ただ見ながら歩くのは結構楽しいけど。全体的にもう少し人が集まる工夫をされたらいいなと思いました。ちょっと寂しい。しかし一番街の中のお店の一部屋がさまざまな時代のたくさんのひな人形展は見ごたえありました。お汁粉二百円、美味しかった。もう少しいろいろあるといいかも。美味しい珈琲とか。今日は午前と午後お琴、フルート、ギターの三重奏がありました。素晴らしい演奏も満足。日曜日なのに相手内という寂しさ。津山の町の商店街もやはりまだまだですね。なんとか活性化して欲しいですね。来年を期待しています。
母はアルネの車いすを使わせてもらってその通りを見学できたので有難かった。そんなことももっとPRしたらいいのにね。

[PR]
# by nizicanvas | 2018-03-04 22:20 | 旅、食、生活、店、趣味

素晴らしい日本人。宮大工 安岡常一さん 

今私は宮大工、法隆寺や薬師寺等の古いお寺を修理した安岡さんになついて勉強してみています。こんどの偉人にはこの方についてのDVDをみようと思います。なんと素晴らしい考えの方、宮大工としての素晴らしい仕事。とても尊敬します。安岡さんの哲学は本当に素晴らしいと感動でいくつかの本を読みました。それにしても千年以上持ちこたえるようにしているお寺、飛鳥時代の大工さんの思慮深い、科学的な考えと建築にただただ恐れ入りますのひとこと。勉強することはなんと楽しい事でしょう。こんな素晴らしい人を知らずに人生を終わるなんてもったいないとつくづく思います。
[PR]
# by nizicanvas | 2018-03-02 19:51 | つれづれ

国会質問 薬師寺みちよさんすごい!

国会質問には興味あるがうんざりすること多い。野党の質問が不快。大した問題ではないのを徹底的に追及したり、いつまでもいつまでも大したことのない問題を国家の一大事のように繰り返し、繰り返し、むし返し、もっと重要な問題があるだろうとうんざりです。北海道も本土も中国人が広大な土地を買っていることはどうして問題にしないのでしょうね。何人といいたくなるほど愛国心のない審問をしたり、そんなに日本が嫌なら誇りが持てないのなら、韓国や中国へ行ったらと言いたくなります。さて、今日初めて薬師寺みちよさんの質問を聞きました。なんと的を得た、予算委員会に相応しい内容と話し方。とても建設的な質問や提案。首相も予算委員会らしい質問だと喜んでいらしたが、本当にそうです。すごいと思い、インターネットをみてみるとなんとなかなか好評の方。へーそんな方がいらしたんだと嬉しなりました。
反対尋問をする人には声や話し方、顔つきの悪い人が多い。特に女性、なんであんな喧嘩腰なんかね。
話し合いはもっと穏やかにいきたいものです。反対意見でも。かつて優生保護法で避妊等を勧められたことが問題に上がっていますが、気の毒だけど過去の事をそれほど生し返してどうなるのでしょう。お気の毒とは思いますが、それで弁償してもらうとはどういうことでしょう。なんかすっきりしない。ニュースはその話題を繰り返し繰り返し。なんか鬼の首をとったよう。当時は日本人の意識がその問題於いてそれほどの認識しかなかったのだから。そんなことを言い出したらきりがないと思うのですが。体が健全であっても妊娠しない人もいるし、子供を産んでも育てられないと捨てたり、殺したりする人もいる。なんでも補償、弁償といいますが、すべて税金から出ていますよ。昔の事を蒸し返してもさあ、どうでしょう。医療も考え方も進歩してきているのだからね。

[PR]
# by nizicanvas | 2018-03-02 19:45 | 時事・経済・社会

天才をささえた妻 岡潔の奥さん

テレビで岡潔の物語をするというのでテレビの前に釘づけになってみました。感動です。岡潔は数学者。若い頃岡潔のエッセイのような本を読んだことがあります。偉大な数学者らしいのですが、そのエッセイはまるで老荘思想のような本だったと思います。偉大な科学者の湯川秀樹もそうですが、偉大な人程神、自然に対して畏敬の念が強く、読んでいて導かれるような気がしたものです。訳も分からないままそのエッセイに魅かれました。今日のテレビでそこまでに至る岡潔の苦労、それを信じて支え続ける奥様のご苦労。初めて知りました。あの崇高な精神がそんな中で生まれたのです。人間臭さとそして超自然な姿、裏腹だと思いました。認められなくても信じて、ただ一筋に追及している姿、なんという姿でしょう。いよいよ晩年に認められる人。死んでから認められる人。三百年もたって認められる人。それぞれなんだと何か尊いものに触れた気がします。
[PR]
# by nizicanvas | 2018-02-23 23:31 | つれづれ

93歳の母の誕生日お祝いランチ

モラロジーのサークルの仲間で母の93歳の誕生日を祝いました。ささやかながらのお祝いです。皆さんにあまり負担をかけたくないので、2100円ですべてが済むようにしました。場所は津山市山西のリブロ。20人以上だったのでウエディング会場が借りれました。他の方に気兼ねすることなく、お話も歌もできて2時間ほどを楽しく過ごせました。おしゃれな会場で開催できたことはよかったです。会費が安いのだからそれなりの食事ですが、それでも皆さん喜んで下さってよかった。母も今日は指輪などしていつも以上にお洒落で笑顔。お話もしっかりできました。また来年もお祝いができますよう。
リブロでは一般向けにランチもディナーもしています。今は和食のおかずがバイキングで食べれます。

[PR]
# by nizicanvas | 2018-02-23 23:23 | つれづれ

古本でも有難い

私は今まで三冊の本を出版しました。三冊とも精魂込めて書き、皆さんの役に立ちたいという思いでやっとやっと出した本です。私の名前を検索すると三冊の本がずらりと並んで出てきました。そして過去の二冊、赤ちゃんについての育児書は古本が出ているのです。なんと有難い事かと感激です。古本になっても役に立てるのは本当に嬉しい事。よくぞ捨てないで古本に出してくださったこととただただ感激です。一冊目は『はじめまして赤ちゃん』3000冊出しました。かなり差し上げましたが、それでも在庫がなくなり、ポロポロ注文があるので再刷しました。1000冊。在庫を調べるともう100冊余り。2冊目は『いのちを育む』3,000冊作りました。再販はしていません。100冊程在庫があります。つまり7000冊作ったのですが、ここまで読んでいただけていることは本当に嬉しい限りです。今回の手術体験記は1000冊つくりました。私の手元には500冊。もう半分以上がなくなりました。だいぶ差し上げましたが。
古本が流通するこのころ、在庫の本がまったくなくなっても古本で役に立つ事に安心しました。本当は以前の2冊はもっと整理してもう一度新たに出したいのですが、これまで随分お金がかかりましたからもう限界ですのでそれはできません。がともかく古本で流通するなら著者としては有難い事です。
本をよく読む私は以前はよく買っていましたが、今は一番に図書館を利用。そして気に入ったものはまずは中古を求めます。それがダメな時には新品を買います。中古で充分なので本当に有難い事です。

[PR]
# by nizicanvas | 2018-02-21 21:49 | つれづれ

少年の船 井脇のぶ子さん 

今日は大変懐かしい方にお会いしました。私の子供達がお世話になった少年の船の団長、井脇のぶこさんです。この方は若い頃、子供達を逞しく育てよう、りっぱな人間になるように育てようと少年の船を立て上げた大変しっかりとした行動の方です。父がそのことを津山に知らせ会社を事務局として、津山からたくさんの子供達が少年の船に乗って研修をしました。小学一年から中学三年まで。私の子供も長男から乗せました。長男は小学三年から数回乗せました。中学三年の時も乗せました。次男は小学二年から。二人の娘も何回か乗りました。
乗った後はその体験を発表する弁論大会を開きました。弁論大会の時には毎年井脇が津山に来てくれていました。本当に勢いがある方で、随分勉強になりました。
そのうち静岡県の高校を作り、またカナダにも高校を作り、命をかけた教育活動をしていた情熱の方でした。その後なぜか政界に進出。ピンクの服で有名になりました。
その井脇さんが津山を拠点として活動されている阿部とし子さんと親友という事で応援に津山入り。阿部さんは自民党ですが、平沼さんと戦うことが多く、私たちは昔から平沼さんを応援しているので、ちょっと応援しかねるので、お気の毒ですが。本当に懐かしい思い出。あの頃の勢いはありませんでしたが、当時を懐かしんでしばらく話が弾みました。
息子や母にも会いに会社に立ち寄って下さり、父の銅像にも挨拶をして下さって、本当に懐かしい話です。

[PR]
# by nizicanvas | 2018-02-18 22:04 | 旅、食、生活、店、趣味

育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas
プロフィールを見る
画像一覧