カテゴリ:健康( 94 )

膝の痛みと運動指導

今日は津山市アルネで膝についての勉強会があり、中央病院の整形外科の皆川医師と斎藤由佳さんの膝に良い体操指導がありました。主催は朝日カルチャー市民講座。京セラが主催にかかわっているようでしたが、なかなかよい企画でした。膝が悪くても膝だけでなく、他のところにも痛みが出ることがよく分かりました。適度な運動がどれだけ大切かがよく分かりました。こんな講座がもっとできれば有難いですね。
昨日は介護施設の人達を対象にした銭太鼓を母と一緒に行きました。華やかな舞台で母もお年寄りも満足でしょう。こんなにいろいろとみられるとは有難い事です。

[PR]
by nizicanvas | 2018-06-03 23:10 | 健康

腰や首の手術・手術の後も続く痛みについて。

知人が名医の首の手術を受けることにしました。そこで手術が成功しても肩や腕、首の痛みが取れるとは限らない、しかしこのままほっておくと間違いなく動けなくなるということでした。そして手術が成功していても後に痛みが続くのはほとんどが筋肉痛だといわれたそうです。私はこれらの説明がとてもよく分かります。私も手術は大成功しました。しかし右の臀部から足にかけての痛みは長く続きました。筋トレしたり、いろいろと治療してほとんど完全にその部分の痛みがとれたのば一年半後。しかし臀部や四頭筋など突っ張ったような違和感、使い痛みのようなピリピリ感、キリキリ感は今でも完全には取れていません。痛みではないけど、強い違和感です。これを筋肉痛というのかなと思います。
神経は一度痛めるとなかなか元には戻らないといわれます。ですから私の右手の三本の指、両足の足首から下の違和感はまったく治っていません。不快感はありますが、痛くないし、以前の事を思うと有難い元気さです。だからもう諦めるしかないようです。その神経が通っている筋肉が痛むと痛みが続いたり、違和感が続くのでしょうね。
だから手術の時期が大切だと私は思います。あまりひどく痛めると本当に回復しないのです。金沢脳神経外科の佐藤医師は痛みの将棋倒しと表現していますが、ひとつの歪みや故障が次の筋肉や神経の痛みに繋がるのです。ネットを開くと手術をしても痛みが取れないという声が多く載っています。私はそういうこともあると思うのです。手術が悪いのではなく、時期が遅いのです。この見極めは本当に難しい。
効くか効かないかわかりませんが、神経にはビタミン12がいいということ。2、3年飲んでみようと最近飲み始めました。このまま一生過ごすか・・。筋肉や神経は内臓とは違った執拗さを感じています。

[PR]
by nizicanvas | 2018-06-01 22:16 | 健康

胃の検診 麻酔で受ける

年に一度胃カメラを飲んで検診しています。母が83歳の時胃がんでほとんどを摘出しました。その後10年元気です。その時2年ほど検診していませんでした。そこで私は毎年検診することを決めました。胃カメラもバリウムも辛いのですが、どうせなら胃カメラの方が後後いいと言われて、以来毎年受けています。しかし喉を通るあまりの苦しさに麻酔をして受けることを勧められ、以来ここ数年麻酔をして受けています。人によるとそれは感心しないということ。でも一度その楽さを覚えるともう後に戻れない。今日もやっと受けました。ただし、今年の方が麻酔の効きが強いのか、家に連れて帰ってもらって夕方まで寝ていました。息子は先日鼻から入るのを受けました。口からより楽だったらしい。癌検診がもう少し楽になれば・・・有難い。

[PR]
by nizicanvas | 2018-05-23 21:38 | 健康

体操で治る狭窄症

私の義姉がひどい腰痛。歩くのも座るのもままならぬほど。そこで私が信頼している済生会脳神経外科に紹介。受診では今のところ手術の必要は無し、整体と運動をするようにといくつかの方法を学んで、それを実際に朝夕三十回しているうちに本当にあの凄い痛みから解放されたのです。そして杖なくて歩いているのです。座れなかったのに座って車も運転しているのです。そのことを知って本当に驚きました。確かに体操で良くなる人はいます。カーブスにもいます。私のいとこも運動でよくなったのです。
手術を受けた私には驚く話です。しかし状態は人それぞれと医師はいつもいわれます。
私の時は即「手術しましょう」でした。しかし姉は運動で。薬でと言われる人もいます。
聞くところによるとひどく痛む人の方が軽いようです。私は痛かったけど、我慢できました。なんとか頑張れました。そんな人の方が本当は重傷なのかもしれません。詳しいことは分かりませんが、神経根がやられている人と脊髄神経がやられている人の差かもしれませんるやはり良く調べて専門医に判断してもらうしかないようですね。

[PR]
by nizicanvas | 2018-05-07 23:59 | 健康

頸と腰の狭窄症手術体験記

私が出版した体験記がいろいろな方の役に立っていることでとても嬉しく思います。昨日は私に会いたいと連絡がありました。時々あるのですが、なんと昨日の方は本に書いている内容から判断して~入院していた病院から自分の家が見えると言う位置関係か~私の家の電話を探して連絡下さったのです。そこまでして連絡をしてくださったことに私は感激でした。その方の症状がひどすぎて直接的には私の体験は役に立たない話でしたが、それでもいろいろと話せて、気持ちが分かり合えたことを喜んで下さいました。また今日偶然にデパートであった方は先日訪ねてこられた方でしたが、これまたややこしい病気もあってなかなか大変な方。その方が状態は違っても精神的にはとても参考になりますと喜んで下さいました。
苦労して苦労して書いた本。出版出来て本当に良かったと思います。少しでも多くの方に知られるようになんとかしたいと思います。

[PR]
by nizicanvas | 2018-02-08 22:46 | 健康

運動でひどい腰痛を改善した人

私は週三回カーブスで運動をしています。カーブスはなかなか行きやすい所で、楽しみにして行きます。私の健康維持の為に。そこで高校の同級生からひどい腰痛、どうやら狭窄症らしいのですが、痺れたり、そんな状態で鬱になっていた話を聞きました。ところがカーブスで運動をし出してそれが治ったというのです。運動でよくなる話はたまに聞くのでまぐれではないと思います。運動で症状が治ったのならそれはそれでよかったこと。手術しなくてすむならそれにこしたことはない。彼女はある時から燃えるような状態の足の痺れがあったというのですが、私のとはちょっと違うなと思いました。狭窄症の症状もいろいろだからそういうこともあるのかもしれませんが、本当に狭窄症だったのかなと思ったりもします。病名は医師の見立てによって違いがあるそうです。ともあれ元気になってカーブスを楽しみに来ているのだから本当に良かった話です。

[PR]
by nizicanvas | 2018-01-13 21:48 | 健康

腰や首の悪い方との出会い、今日の学びの会

手術体験記の本を発行してやはり脊椎の病気が気になる方によく出会います。今日も何人かの方がお尋ねくださり、いろいろとお話をさせて頂きました。といっても私の体験を話して、その方の様子を聞いて、やはり専門家、脳神神経外科に受診をして専門家に見て頂くことをお薦めします。また人によっては適切な運動、リハビリを地道に続けることをアドバイスさせていただきます。しかし何と足腰の悪い方が多い事か。年を取ると老化によって体の機能低下、いろいろなことが異変を起こします。体は壊れてくるのです。車社会、運動不足の現代社会にはさらにその傾向が強く、長生きをするようになってその傾向がさらに多くなるようです。
老化も低下も悪化も多少は仕方ない事ですから仕方ないとしても、少なくとも食事と運動で保たれる健康は維持したいものです。人間怠けていては元気に生きていられない宿命をもっていることを思い知らされます。
私の体験記がどうしてよいか分からず不安を抱えている人達の参考に、支えになるならこれほど有難いことはありません。
現在私はモラロジーというより良く生きるための学びの会に所属しそのお世話をさせて頂いていますが、今日もその小さな会を開催しました。93歳になる母も参加、7人で心の学びの会をしました。今日のテーマは「とらわれの心」について。今日の参加年齢は平均75歳以上。心の運動も元気に生きるためには必要な事。ですから心の学びのこの会は体を強化するカーブスのようなところだと母が言いましたが、まさにそうです。私は週3回ほどカーブスに通って運動をしています。


[PR]
by nizicanvas | 2018-01-12 21:38 | 健康

講演会のご案内

健康つくりのための講演会をします
    〘 女性クラブ 健康講座 〙
日時 平成28年 12月10日(土) 午後2時から4時
会場 教育館 二階 津山市高尾 佐良山駅南隣り
        (佐良山交番前 馬場プロパン横)
講師 岡山健康と咬合を考える会
歯科医師 池上孝先生 (池上歯科医院 岡山市) 
参加費 500円    
※申し込み不要です
 主催 津山モラロジー女性クラブ 
      問い合わせ先 津山モラロジー事務所
       電話 0868-28-6498 (平日9時から5時半)
           担当 柴田
[PR]
by nizicanvas | 2016-11-22 22:12 | 健康

手足の痛み腰痛セミナー

第51回の健康講座 ニューロスパイナルセミナーが津山市桑村の秀実小学校体育館で行われました。私はこの講座で済生会脳神経外科に出会い、救われたので、皆さんにお知らせしています。その講座が津山市近辺である時皆さんに案内して私もいつも出かけます。講義が面白くて毎回出かけます。
もう追っかけです。もちろん私の勉強になります。そして新しいことも聞けるのでとても楽しみです。今回は大阪警察病院と東京の三田病院の脳神経外科の二人の先生も一緒に来てくださって講義をしてくださいました。田舎のおじいちゃんおばあちゃん相手に最新の高度な医療についてわかりやすく、楽しくはなしてくださるこんなチャンスはそうありません。映像を使っているからとてもわかりやすい。私達はなんと幸せだと思います。最新の手術情報だけでなく、腰痛にならない為の運動や栄養、そのた本当にこれからの健康に必要なことをたくさんの先生方が丁寧に抗議してくださいます。
来月は御津町で11月13日にあります。脳神経外科の先生は皆さん優しいし、面白い、とても親しみのある方ばかり、それにイケメン。それはとても楽しみです。そうでもない人もいるけど、でも皆さん楽しい人ばかりのような気がします。講義も上手です。なにより医療に対する真摯な取り組み方は尊敬です。日曜日々を返上してボランティアで地域住民の健康のために頑張ってくださるなんて本当に有難いことです。
[PR]
by nizicanvas | 2016-10-02 21:52 | 健康

手足腰の痺れ痛み50回目の健康講座奈義町で開催

今日は奈義町で岡山済生会総合病院の出前健康講座が開かれました。400人の席に半分くらいの参加だったかな。奈義町では二回目、三年前奈義で講座をして、脳神経外科の手術を受けてよくなった人がたくさんいてまた開催されたようです。
先生方の講義はますます上手になりますます充実していました。専門家が一般人に最新医療、身近な腰痛の話をする講座は珍しく、私は自分が手術して以来、津山地区でこの講座があるときは応援に行っています。皆さんを誘って。今日は後縦靭帯骨化症を手術したダンサーのイソップさんが応援参加。イソップさんは本名は丸山悟史。2006年のブレイクダンスの世界チャンピオン、歌を歌い、絵を描き、踊るスターですが、ある時から左手足、そして右手足がしびれて動かなくなり、ついに手も上がらなくなってダンスができなくなった。そして医師を訪ねたがどの医師もどうしようもない、動かないで転ばないようにして過ごすしかない。首の神経が切れたら死ぬといわれたらしい。インターネットで探してついに済生会の中島先生を訪ねて、手術をしてもらったのが二年前。そして素晴らしい復帰で、今日もたくさん踊って見せてくださいました。とても気さくな楽しい人で、健康体操のダンスを指導してくれました。まだ手足の痺れも残っていて全部は治っていないけど、生きているだけで、踊れるだけで有難いと本当に謙虚に話され、私は感動しました。今回はイソップさんにあえて本当に良かった。同じように首の手術をしたものどうしで息が合い、少し個人的に話しましたが、とても優しいひとでした。まだ39歳です。
今日は記念すべき50回のニューロスパイナルセミナー、出前講座でした。
[PR]
by nizicanvas | 2016-08-28 21:29 | 健康

育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas
プロフィールを見る
画像一覧