読書 赤尾敏 愛の右翼

私はほぼ毎日数冊の本を読んでいます。ジャンルはいろいろ。新聞の本紹介を見て手あたり次第、図書館に申し込みます。
今回『愛の右翼 赤尾微敏』を借りました。著者は赤尾敏の命に当たる赤尾由美さん。とにかくおもしろかった。読みやすいし。何故この本を読んでみようと思ったかというと、東京の大学時代渋谷辺りで赤尾敏のポスターをよく見かけました。選挙演説の声も聞いたことがあると思います。内容には関心がありませんでしたが、あまりに度々なので先輩にあの人は誰と聞くと「右翼だ」といわれました。それっきり忘れていましたが、この名前に目が止まり読んでみました。
赤尾敏はなんと面白い人でしょう。日本の事を本当によく考えた人です。右翼というと街宣車にのった不気味なイメージですが、あれは本当の右翼ではなく、暴力団だということです。本当の右翼はそういうのではなく、保守だけど「元々右翼の運動や思想の根底には限りなく深い思いやりがあった」と説明がありました。なるほど本当の右翼は日本の国の幸せの為に無欲で活動する人なのだそうです。そういう面では西郷隆盛も吉田松陰も右翼になります。左の人から見れば右の考えの人は右翼です。だから私の父も右翼だなんていわれましたが、父はとても誠実な、無欲な、社員や地域社会の人、国家社会の幸せを考えるりっぱな人でした。赤尾敏の言動にはあまりに純粋でまっすぐなので返って笑ってしまうのですが、その本を読むほどに今までの私の右翼に対する考えが変わってすごいなと感心です。世間から奇人に思われた方ですがしかしなんと情に熱く、人を大切にする人だったことでしょう。共産化する日本社会を憂い恐れ、また金儲けだに走るブルジョワ階級を憎んだ赤尾敏は、天皇を中心とした日本の国体を大切にしてみんな仲良く暮らすことを願って活動していた人です。赤尾敏のことを見直しました。もう三十年近く前に亡くなった人ですが、ここでこんな人がいたことを世に出したことは凄いと思いました。最近読んだ本は岡山県の偉人「土光敏夫」について書かれた本、『沖縄はいつから日本なのか』も面白かった。

[PR]
by nizicanvas | 2018-06-21 00:12

育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas
プロフィールを見る
画像一覧