津山市ソシオ一番街の雛人形展の紹介

三月はお雛様の月です。もっとも当地は旧暦でお祝いをするのが習慣なのですが。しかし今どこでも三月には綺麗に飾っています。県北にも見応えのある雛人形展がいくつかありますが、近場ではやはり市内のソシオ一番街の人形展。通りの店先に飾っていますが、正直見応えはそれほどでもない。ただ見ながら歩くのは結構楽しいけど。全体的にもう少し人が集まる工夫をされたらいいなと思いました。ちょっと寂しい。しかし一番街の中のお店の一部屋がさまざまな時代のたくさんのひな人形展は見ごたえありました。お汁粉二百円、美味しかった。もう少しいろいろあるといいかも。美味しい珈琲とか。今日は午前と午後お琴、フルート、ギターの三重奏がありました。素晴らしい演奏も満足。日曜日なのに相手内という寂しさ。津山の町の商店街もやはりまだまだですね。なんとか活性化して欲しいですね。来年を期待しています。
母はアルネの車いすを使わせてもらってその通りを見学できたので有難かった。そんなことももっとPRしたらいいのにね。

[PR]
by nizicanvas | 2018-03-04 22:20 | 旅、食、生活、店、趣味

育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る