我が父

昨日は父の十七回忌。弟が病に倒れたとき、今年はお父さんの十七回だから頼むよ。元気になってやってよ。と話していました。でもそれはかなわず弟は半年前の七月に64歳の人生を終わりました。兄弟の死は親とはまた違う悲しみがあります。
そして家の主はいなくなったけど、91歳の母が頑張って法要をしました。会食は国際ホテルでしました。父を偲んで父が残した映像を流しました。亡くなる数年前自分の人生をプロの製作者に頼んで作っていたのです。大東亜戦争で海軍で活動した様子、ミッドウェー海戦での自分の様子などを語った映画と戦後国土の復興を志して植林、植生の仕事に取り組んだ話など、二部の大作です。
みんな懐かしく、それを食い入るようにみていました。父が蘇り、久しぶりに涙ができました。父が亡くなっていつまでも悲しみを抱えていた私ですが、最近はただなつかしさだけに落ち着いていました。父は立派だったと改めて思いました。次の23回に母はもういないでしょう。
[PR]
by nizicanvas | 2016-03-14 20:50 | つれづれ

育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas
プロフィールを見る
画像一覧