悲しい外交

韓国の慰安婦の問題に一応の決着がついたという報道。報道ではよかったよかったという喜びの声だが、私は悲しくてならない。慰安婦はいたけど、国や軍が関与した慰安婦はいなかったのに、いたという印象を日本、韓国、世界中につけてしまった。それは朝日新聞と間違った記事が始まりで、河野洋平という政治家が着けてしまった出来事だった。
慰安婦だった人はたくさんのお金をもらっている。それなのに日本が全面的な悪いことを認めたという印象を世界にまたしてしまうことになる。
日本人として悔しくないのだろうか。韓国は有史以来被害者意識の強い国である。その国民性に振り回されて、これから先韓国と仲良くしていくことができるだろうか。適当に付き合えばよいのにと私は思う。あの福沢諭吉も韓国と付き合う事をやめたのである。それは韓国人の国柄、人柄にいやけがさしたようだ。
世界に作られている慰安婦像。韓国に同情する日本人、あれがつらくないのかと不思議でならない。
誇りを失い、情けない国になってしまったものだと思う。慰安婦について、性奴隷についていうなら、アメリカもソ連もどの国の男たちはたくさんの罪を犯してきた。日本が戦争に負けた後侵略してきたソ連兵にどれだたくさんの日本人が犯されてきたか、日本に入ってきたアメリカ人は日本の女性を買ってあそんだか。世界中のそんな醜態を問題にしてみたらと思う。韓国人もベトナムの女性にはひどいことをしてきた、モンゴルなどに性を商売にしている韓国人がたくさんいるという。それも問題にしてみたらどうかと思う。
マスコミで活動する人達はどこまで日本を貶めたいのか、中国韓国におもねって、それで気持ちよいのかと不思議でならない。
今度韓国に拠出する十億円、もっとよい使い道があるはずだと悔しくてたまらない。
[PR]
by nizicanvas | 2015-12-28 21:28 | 時事・経済・社会

育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas
プロフィールを見る
画像一覧