人気ブログランキング |

妖精の森 ガラス美術館

近くにもまだまだ言ったことのないいい場所があります。
今日は母や孫たちと鏡野町上齋原にある妖精の森美術館に行きました。以前から知っていましたが、たいしたことないかなと寄ったことはありませんでした。テレビで紹介されて、一度は行ってみなくちゃと家族で行きました。きれいな小さな美術館で、世界で唯一のウランガラスの専門美術館です。ここはウランが取れる人形峠に近い場所で、今はとっていないと思いますが、そのウランを利用したガラスです。ウランは原子力に必要なものですが地球上にはどこでもわずかな量があるのです。その程度の量を使っているので、害はないそうです。ウランガラスは紫外線や光を当てると光るので面白いです。
孫たちも結構喜んでみていました。手軽な料金でアクセサリーや花瓶やグラスが売っていました。花瓶が欲しかったけど、うちにはあれを置く場所がないなと諦めました。おしゃれな母は日本のネックレスを求めました。
11月25日まで「バーナーワークで作る妖精の森の仲間たち」という作品展をしています。
森の四季をガラス工芸でとても繊細に、みごとに作り上げていて。それは見ごたえがあります。夏はナルトという漫画関係の展示をしていたようです。来年の夏休みの作品にここにきてガラス工芸をしようと娘たちは言っていました。3000円から1000円くらいで、ガラス作り、ガラスの更の絵付けなどできるようです。また今日はありませんでしたが、ガラス作りの見物もできます。
手軽な料金でコップも売っていましたからいいなと思いましたが、以前小樽でガラスのコップを買ってしまいこんでいるので、今回は何も買いませんでした。よく壊す私には安物のガラスコップがいいのです。
久しぶりに奥津の道の駅のバイキングで食事、美人の湯でお風呂に入って半日コースでした。もう少ししたら紅葉も美しいでしょう。奥津も手軽なお楽しみ場所です。
by nizicanvas | 2013-10-20 22:16 | 旅、食、生活、店、趣味

育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る