人気ブログランキング | 話題のタグを見る

子育て支援はいいけど・・・

日本はいろいろな問題が山積。いや時代とともに新しい問題が出ています。そのひとつが育児支援。高齢者が多くなり、若い人が少なくなっている現在、高齢者を支える若い人たちがに不公平官という不満がでていることを受け止めた政府は若い人たちの支援も考えた政策をしようとしています。それはいいのですが、その方法として育児支援。保育園を作って待機児童をなくし、若い人たちが働きやすい環境をつくろうとしています。しかし保育してほしい人は多いけど保育をする専門家が不足しているそうです。保育者は給料も安く、過酷な労働、自分の子さえ育てられないのでやめていく人も多いとか。まさに介護と同じ問題です。介護してほしい人は多いのに介護をする人が少ない。それは過酷な労働、その割に安い労働力。まあなんとかならないものかと思う単純な問題ではありますが。ところである保育園では6時から預かる人たちは若い人、10時からは現在子育てをしている40代。5時から10時は子育てを終えた専門家。その人たちが交代で保育をしているという園が紹介されました。なんかおかしいと思いませんか。大人はそれでいいでしょう。しかし朝6時から預けられる子供は、夜10時まで預けられる子供はいったいどうなるのでしょう。子供の心身の健康についてはなんの配慮もない、ただ預かるだけのは話に疑問を感じます。それでいいのでしようか。それで子供たちが健康に生きていけるのでしょうか。もっとも大切な乳幼児期、蒜か夜かわからない、親子のふれあいの少ない状態でうまく育つのでしょうか。私はとても疑問を感じます。
by nizicanvas | 2011-12-08 22:00 | 育児、教育、マタニティー

育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る