<   2018年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

建国記念の準備

建国記念の案内が始まりました。私のところでは毎年建国記念を有志で行っています。有志と言っても結局日本会議の津山支部ですが。今年は津山市長選と重なりましたが、記念行事はやります。市民有志なんて主催でなく、成人式のように行政単位でやって欲しいものです。だって自分の国の建国のお祝いですから。世界中で自国の建国に無関心なのは日本だけでしょう。せめてバレンタインやハロウィンくらいの盛り上がりが欲しいものです。なんとも情けない気がしますが。
 

  平成30年 皇紀2678年  

 建国記念の日を祝う会  津山市内会場 

 建国記念の日は建国をしのび、国を愛する心を

養う日です。世界で最も古い歴史をもつ意義深い

建国の日をみんなでお祝いしましょう。


   〘 建国記念の日の記念講演  〙 

 テーマ『 近代日本の安全保障 』

講師 ** 火箱芳文氏(元第32代陸上幕僚長) 


 日時 平成28年 211日(日)  

午後130分 ~ 340

会場 津山市総合福祉会館 津山市山北520

  今年の会場は恒例の雇用労働センター

ではございません。お間違えなきよう

お願い致します。 

 ★アトラクション 「都山流尺八佑絲会 有志」      

《講師紹介》昭和26年 福岡県生まれ。昭和49年に

防衛大学を卒業後、陸上自衛隊に入隊。平成23年退官。退官後は三菱重工業に顧問として勤務。

主催 日本会議岡山 津山支部〈連絡先〉電話241122(山本) 

708-0001 津山市小原 126-11ブレイン内    




[PR]
by nizicanvas | 2018-01-15 22:50 | 時事・経済・社会

孫の幼稚園 ジジババと昔遊び

三歳の孫の幼稚園、明星幼稚園といいますが、ジジババと昔遊びをするというのでいそいそと出かけました。たくさんの子供達が好きな遊びに参加。その遊びは実にたくさん、おはじきからお手玉、すごろくから紙相撲、絵合わせ、それからなんとたくさんの遊びがあることでしょう。三歳から六歳までの子供達が入り混じって、本当に楽しそうに遊んでいました。家ではなかなかそんな遊びもできなくなってしまいました。親も子もなんかいろいろと忙しい。今年我が家ではとうとうトランプも将棋もしなかった。日本の昔遊びって本当にいいなあと改めて思いましたよ。こんなのどかな時をなんとか取り戻したいものです。私の八番目の三歳の孫が「おばあちゃん」と言ってきてくれるととろけるように嬉しいですね。

[PR]
by nizicanvas | 2018-01-15 22:43 | 育児、教育、マタニティー

アンガーマネージメント

アンガーマネージメントの勉強会があると言うので参加。何もわからず子育てに役に立つらしいと言うので参加。
始めてそのセミナーに出会いました。アンガ—とは怒りとか、ネットで調べると「1970年代にアメリカで始まっ た心理教育。イライラや怒りの感情(アンガー)を上手にコントロール(マネジメント)する 手法のことです。単に感情を抑えるだけでなく、その怒りの根本要因を探っていくことも 目的の一つです。 アンガーマネジメントは、これからの社会をより良いものにし、現代に 生きる人々が生活しやすい社会をつくるための方法といえるでしょう」とありました。怒りを上手にコントロールすることで私達の暮らし、人間関係、子育ては楽になります。それは私の最も自己啓発の課題とするところです。私は以前は親業とかアドラーとか交流分析とか、実にいろいろな心理学的自己啓発に参加して勉強していました。最近はすっかりご無沙汰です。あまり興味がわかなくなりました。というのもスリーインワンに出会ったからです。感情のコントロールやトラウマの解放もスリーインワンはとても優しく驚異的効果を発揮します。
そんな私がまたその世界に覗いてみたのは、最近の新しい取り組みをを少し覗いてみたいと思ったから。
なかなか面白い、役に立つセミナーでこんなにいろいろと新しいセミナーが日本で実践されていることを知って、なんか嬉しくなりました。若い人は大いに習って自己啓発をして欲しいものです。子育てに役に立てて欲しいと思います。一緒にワークをした一人の若い人と打ち解けて話せて嬉しかったです。

[PR]
by nizicanvas | 2018-01-13 21:59 | 育児、教育、マタニティー

運動でひどい腰痛を改善した人

私は週三回カーブスで運動をしています。カーブスはなかなか行きやすい所で、楽しみにして行きます。私の健康維持の為に。そこで高校の同級生からひどい腰痛、どうやら狭窄症らしいのですが、痺れたり、そんな状態で鬱になっていた話を聞きました。ところがカーブスで運動をし出してそれが治ったというのです。運動でよくなる話はたまに聞くのでまぐれではないと思います。運動で症状が治ったのならそれはそれでよかったこと。手術しなくてすむならそれにこしたことはない。彼女はある時から燃えるような状態の足の痺れがあったというのですが、私のとはちょっと違うなと思いました。狭窄症の症状もいろいろだからそういうこともあるのかもしれませんが、本当に狭窄症だったのかなと思ったりもします。病名は医師の見立てによって違いがあるそうです。ともあれ元気になってカーブスを楽しみに来ているのだから本当に良かった話です。

[PR]
by nizicanvas | 2018-01-13 21:48 | 健康

腰や首の悪い方との出会い、今日の学びの会

手術体験記の本を発行してやはり脊椎の病気が気になる方によく出会います。今日も何人かの方がお尋ねくださり、いろいろとお話をさせて頂きました。といっても私の体験を話して、その方の様子を聞いて、やはり専門家、脳神神経外科に受診をして専門家に見て頂くことをお薦めします。また人によっては適切な運動、リハビリを地道に続けることをアドバイスさせていただきます。しかし何と足腰の悪い方が多い事か。年を取ると老化によって体の機能低下、いろいろなことが異変を起こします。体は壊れてくるのです。車社会、運動不足の現代社会にはさらにその傾向が強く、長生きをするようになってその傾向がさらに多くなるようです。
老化も低下も悪化も多少は仕方ない事ですから仕方ないとしても、少なくとも食事と運動で保たれる健康は維持したいものです。人間怠けていては元気に生きていられない宿命をもっていることを思い知らされます。
私の体験記がどうしてよいか分からず不安を抱えている人達の参考に、支えになるならこれほど有難いことはありません。
現在私はモラロジーというより良く生きるための学びの会に所属しそのお世話をさせて頂いていますが、今日もその小さな会を開催しました。93歳になる母も参加、7人で心の学びの会をしました。今日のテーマは「とらわれの心」について。今日の参加年齢は平均75歳以上。心の運動も元気に生きるためには必要な事。ですから心の学びのこの会は体を強化するカーブスのようなところだと母が言いましたが、まさにそうです。私は週3回ほどカーブスに通って運動をしています。


[PR]
by nizicanvas | 2018-01-12 21:38 | 健康

新年に書く年賀状

良いか悪いかその判断はできないけど、私はいつの頃からか年末までに年賀状を書かない。以前は忙しくて書けなかったのだが、その心の内は近々会うことがわかっているのに何で年賀状?というこだわりがあった。そしてやがて表も裏もみんな同じ印刷に戸惑い。数が多ければそれも仕方ないけど、そこまでして出す必要をどうしても感じないというへそ曲がりな私。でも頂いたものには出さないのも落ち着かない。そこでいつの頃からか新年になって頂いた年賀を見て、書いている。それぞれの人に合わせて近況報告。またこれを機会に日頃送れない私の書いたまんりょうと人によってはニューモラルを入れて封書で送っている。一枚一枚住所も手書き、文面もパソコンで書く、あるいは手書きでご挨拶を加える。よほど手間はいるけど、柿乍ら満足している。そして結構それが楽しい。そんなパターンが私の新年のご挨拶。こんな変わり者があってもいいんじゃと思っている。

[PR]
by nizicanvas | 2018-01-06 23:18 | つれづれ

初稽古

一月3日は毎年津山高校の剣道部の初稽古。今から50数年前私が提案して実現した行事です。あれから半世紀たつのです。昨年久しぶりに参加して、もう一度剣道のあの醍醐味を味わいたくて、剣道をして、アキレス腱切断。大変な日々を過ごす羽目になりました。また完全には治っていません。多分生きているうちに元に戻ることは不可能です。というのも50年程前の19歳の時剣道で切ったアキレス腱のツッパリ感が完全に気付かなくなったのに20年かかりました。日常生活に不自由はないけど足首が十分曲がらなく、その上狭窄症の名残の痺れ感も加わって、私の右足は本当は辛い状態です。でも生きることに差しさわりは無いので気にしないようにしています。狭窄症の名残の左足の違和感もまだとれていませんが。それも仕方ないとあきらめ気味。先日も形成の医師からそれは絶対に治らないと太鼓判でした。
今年は楚々と着物で参加、家族から剣道禁止命令、私ももちろく諦めました。それにしても私の人生の10年間は素晴らしい剣道人生でした。楽しかったし、輝いていました。そんなことを思い出しながら懇親会に参加。最高位のテーブルにでんと座る年です。よい年でありますよう。

[PR]
by nizicanvas | 2018-01-03 21:42 | つれづれ

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
新年の今日はとても良い天気。珍しいほど良い天気の清々しいお正月。我が家は除夜の鐘の頃から近くの神社に歩いて初詣。夫や息子親子と一緒に。途中別な孫家族と合流して神社へ。神社にはもちろんお礼に行きました。
今年は神社参りの方がいつになく少ないようでした。私は腰が悪くても毎年お参りしていました。
そして息子家族とおせちを頂き,子供達家族そろって恒例のお墓参り。私の実家と夫の実家、そして私の父の本家のお墓。
母の家族と子供達の家族と総勢17人で昼食。福井の一組四人が今年は抜けています。帰れませんでした。2年前に弟が7月に膵臓癌で亡くなりましたが、その年のお正月にそんなことが起こるなんて誰も思いませんでした。私の手術の年だったので、そのことは誰も覚悟をしていましたが、まさか65歳の弟が、人生の途上には何があるか・・・。今年一年みんな元気であることを祈ります。
そういえばこんな目出度い日でも悲惨な事故と事件は後をたたず、痛々しいことが続いていました。お気の毒としかいえない。今日はお賽銭を皆さん小銭を投げられていたけど、105円用意したという人もいたけど、今時子供でも100円なんて嬉しくないでしょう。神様は文句は言わないけど、御縁だとかで五円、五十円なんて誰が言い出したのでしょう。
私は毎月お札のし袋に入れてお参りします。神様だってお金が必要。神様が潤えばそこに参る人も潤います。博多の歴女白駒さんは「神様が幸せになることを祈る」といわれていましたが、神様が幸せになればそのおこぼれは私達に来るようです。
 余分だけど、昨日の大晦日、おせちをつくったりしながら一日テレビをみていました。「逃げるは負けだけど・・」面白いテレビではまってしまい、今日も三時から見てしまいました。

[PR]
by nizicanvas | 2018-01-01 23:09 | つれづれ

育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas
プロフィールを見る
画像一覧