<   2016年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

カエルの楽園

百田尚樹さんの小説「カエルの楽園」面白かった! 人間の世界をカエルの世界の話として置換えた帰るストーリー。なんと緻密に、繊細に、リアルに、現実的に、ありのままに描いているのだろうと感心しながら読んだ。このカエルの世界のこの話、今の日本人は皆よく考える必要があると思う。
いろいろな説明はいらない、国民みんなに、若い人達に読んで頂きたい本です。
[PR]
by nizicanvas | 2016-04-27 21:53 | 時事・経済・社会

腹に据えかねる

誰のいう事が正しいか、よくわからないけど、多くの知識人とかマスコミは今回の震災のいろいろな対応を徹底的に批判している。オスプレの事からいろいろと。なんだか聞いていて情けない気がする。そもそもマスコミは弱者の味方と言う感じで、日本つぶしをしているような気がする、記事を読んだり、ニュースを聞いたりしていると・・・。国会質問を聞いていると、なんて無駄なお金を使うものだと思う。
日本は言論の自由がないとか、言いたい放題でよくぞ言論の自由がないなんていうことだ。
今度の震災などまさかのできごとのように思えるが、災害はいつ来るかわからないのだ。地震を防ぐことはできなくても、いろいろなシミレーションを作っていろいろなことに対応できるように議員はもちろん国民みんなが協力できるよい体制を作ってほしいものだ。
[PR]
by nizicanvas | 2016-04-23 19:39 | 時事・経済・社会

牡丹の花ざかり

桜が終わっても花には不自由のない日本。我が家でも近所でもいろいろな花が咲いている。特に牡丹の大輪の花が目立つ。我が家でも白、赤、ピンクなど咲いています。子供達が小さなころ島根県の大根島で買って帰った日本の牡丹の苗。大きく育ちました。その後も鉢植えの牡丹をもらって地に下ろしてみごとです。下方には勿忘草が青い色で絨毯。オダマキもクリスマスローズもいろいろと咲き誇っています。映像がだせないのが残念
[PR]
by nizicanvas | 2016-04-23 19:31 | 旅、食、生活、店、趣味

ピンチはチャンス ありがとう

ピンチはチャンス ありがとう というキャッチフレーズで活躍されている清水秀夫氏の講演が津山であり、聞きに行きました。以前からよく名前は聞いていた人ですが、とても長く活躍している方だけあってとても面白かった。内容的には驚くほどのものではなく、当たり前の誰でもいう話だけど、パフォーマンスが面白いからでしょうか。迫力があって、聞きこたえがありました。津山には10回くらい来ているそうです。「ありがとう」の小さな本を買って帰りました。
[PR]
by nizicanvas | 2016-04-17 23:15 | つれづれ

ぼけ封じの護摩焚き

津山市田邑に泉水寺というお寺があります。そこで護摩焚きがありました。知人のお寺で正式にお参りに行くのは初めて。その寺は1200年前に行基というえらい坊さんがここに達より、見つけた泉に菩薩の姿をみたのでそれ以来そこを聖地としてお祭りしたというのです。
そんなに歴史のあるところなんて知りませんでしたが、とにかく家内安全を祈願して護摩焚きに参加しました。次回は8月24日だそうです。
[PR]
by nizicanvas | 2016-04-17 23:06 | 旅、食、生活、店、趣味

政治家

田母神さんが選挙違反で逮捕されたという。とてもがっかりです。私は田母神さんを応援していたのに。政治家を志す人は特に金銭のやり取りにはしっかりとした意識を持って欲しい。たいしたことないとか、いい加減なことではどんなに悪意が無かろうと、言い訳できないことはもうごまんと見本があるのに、どうしてこんなにつまらないことで足元をすくわれることが多いのだろう。情けないと思う。李下に冠という諺を思い出して欲しいものだ。
また国会の審議でもいろいろなスキャンダルや金銭の問題、そんなことで多額の税金が使われて、あんなことで国会が許されるなら、・・・情けないと思う。もっと審議しなきゃいけないことがたくさんあるのに、野党ももっと国民の為になる質問をすればいいのに、与党を陥れようにする質問が多い。明治時代の政治家、戦前の政治家の方が命懸けで政治をしていたような気がする・・。と私は思えるのだが。政治家はもっと襟を正して、足元をすくわれない生きたかをした欲しいと思う。甘利さんも残念だ、有能な政治家の能力があんなことで潰されるなんて、日本の国益が失われていくようだ。
[PR]
by nizicanvas | 2016-04-14 22:20 | 時事・経済・社会

勿忘草の花

本格的春になって我が家には勿忘草の花が大きくなってきました。この一週間で隋分大きくなりました。数年前花壇のあちらこちらに植えました。毎年新しく植えていますが、勿忘草は宿年草、年々ひとかぶが大きくなってきています。私はピンクや赤という暖色が好きだけど、花はブルーがとても好き。背は低いけど、花壇のあちらこちらに水色の可愛い花が咲いてます。来年はもっといっぱいにしようと思います。夏はアメリカンンブルーが咲き誇り、我が家は水色でうまります。今はパンジーや水仙、チューリップ、クリスマスローズが咲いて、幸せです。もちろん桜も大好き!!!
[PR]
by nizicanvas | 2016-04-12 23:41 | 旅、食、生活、店、趣味

桜の名所 鶴山の桜まつり

今夜もまた鶴山に上がりました。鶴山とは津山市にあるお城。お城の後で、鶴山とかお城山と呼びます。今年は四回も上がれました。これも歩けるようになったお蔭様です。一度は娘や孫達と。友達と。昼も夜も楽しめました。やはり鶴山の桜は見事。今年もシートを敷いて寝転んで堪能しました。
今日はイベントが目的。今日出会った人が夜のイベントに出場するというので、それも名古屋山三郎(さんざぶろう)と出雲の阿国の恋物語の津山の月のミュージカル。これは本当にあった話です。戦国時代、信長の頃、踊りの名手の出雲のお国と名古屋山三郎の舞台が歌舞伎の起りです。森蘭丸の弟に仕えて津山藩の侍になってから、悲劇が起り、山三郎は殺されます。その悲劇を踊りにしたものです。
鶴山に上がって初めてしっかりとした舞台が作られているのを知りました。そこには津山の名物のホルモンうどんなどの食べ物屋も並んでいて、驚きました。津山のお城山もやっと観光の為にいろいろとするようになったんだなと安心しました。
鶴丸太鼓の壮大なイベント、私には少しわからないギター演奏と歌等が演じられました。桜祭りの頃雨の日もよくあります。そんな中を踊ったり歌ったりでは大変です。いいテントが作られて、演じる人も見物客もこれで安心です。
花は本当に今日で終わりです。桜を楽しむ、そんな日本の光景が大好きです。幸せです。
[PR]
by nizicanvas | 2016-04-10 22:17 | 旅、食、生活、店、趣味

もう と まだ

先日の行事の時こまごまと良く動く私の姿を見た知人が「手術してまだ一年なのにあんなに動いて大丈夫なの」と尋ねたそうです。もう一人の知人が「だから夕方からつらくなるらしい」と答えたそうです。それを聞いて私は「手術してもう一年になるのに、まだ動くのにこわばりを感じるところがある。痛みも完全に取れていない」と時々嘆くのですが、「まだ一年しかたっていないのだから当たり前」と思えば・・私の痛みは問題ではなくなります。そうか私はもう一年も経つから治るべきだと思っていたけど、まだ一年しかたっていないのだ。手術の後、特に神経や筋肉の問題はそんなにかかるのか、かかっていいのかと思ってしまいました。どれが正解ではないかもしれないけど、大切にしなければならないのだと気付きました。もうとまだの使い方で意識がこんなに違う事・・面白い。
[PR]
by nizicanvas | 2016-04-09 08:37 | つれづれ

ラブちゃんの会と桜会食会

今年も国際ホテルでお花見ができました。鶴山の桜が最もよくみえる豪華な場所が国際ホテルの七階。一月から予約して仲間たちに声をかけて今日は60人あまりが参加しました。
母の会のラブちゃんの会も再開。91歳、とてもはっきりして話ができるので今回企画しました。
40分の母の話はとてもしっかりしてよかった。みんなに喜んでいただけた話です。このために一生懸命原稿を作っていた母のことを本当にありがたく思います。
見事な花を見ながら、話を聞き、食事をし、お琴やウクレレの音を楽しんで本当に素敵な買いになりました。私はとても疲れましたが・・。私が企画した会が素敵な模様氏になったことに自己満足です。
[PR]
by nizicanvas | 2016-04-06 22:35 | 行事

育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas
プロフィールを見る
画像一覧