育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas

<   2016年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

整体

津山市内で新しい整体に出会いました。看板にはカイロプラティックとありました。私は腰の一部の痛みが取れないので、これはもう狭窄症とは関係なく別な原因かなと思っていました。どうしたら楽になれるかいろいろとしてみました。岡山に体の矯正の治療にもいきました。なんとなく体の歪みが痛みになっている気がしてなんとか体のバランスを取る治療に出会いたいと思っていました。
旅行の前になんとかしたいと思って、以前から目にしていたその治療院を尋ねてみました。
整体師は私のいろいろと詳しい事情を聴いて下さり、役に立つかもしれないという方法をためしてくれました。まず腰の筋肉のバランスを取ってくれました。たった二十分の治療でしたが、終わった後とても軽く温かく感じました。それから旅行に行きましたが、痛み泣く過ごすことができました。さすがに三日間の強行軍で多少の痛みが出てきたので、今日また治療に行きました。ほんの少しの筋肉の矯正ですが、とても楽になります。そこではカイロを中心にいろいろな方法を取り入れているのです。
長い間の頑固な腰の痛み、それが楽になってああこれでやっと楽になってきたとほっとしています。しばらくそこに行こうと思います。いろいろな好い出会いに出会って嬉しい限りです。
naoという治療院です。小田中にあります。
[PR]
by nizicanvas | 2016-03-29 21:19 | 健康

大旅行

長男の嫁さんと孫二人で大旅行しました。もちろん嫁さんの運転する車。大分県中津市で行われるモラロジーの創立者広池千九郎博士の生誕百五十年祭に参加することを目的に、ついでにあちらこちらと回ったのです。津山から四国にわたり、五時間かかって愛媛県の佐多岬。佐多岬から船に乗って大分県の別府。別府で温泉などを楽しんで、中津へ。そして翌日中津での生誕祭に参加。孫たちは公園で楽しんで、三時ころから下関をめざして、途中で門司に寄って、その後その日の宿泊先のホテル。彼女が選んだのはなんと小野田市にあるナチュラルグリーンパークホテル。下関から高速で30分。中国一の美味しい食事だそうで。以前は国民宿舎だったようなホテル。たしかに美味しい食事。翌日の今日はまた下関に。そこで私の目的のひとつであった火の山公園に。イランイラク戦争の時日本人を救った飛行機の機長の恩を忘れないようにつくられたオルハン・スヨルジュ公園。トルコから送られてきた50,000本のチューリップが植えられている公園。桜とチューリップのコラボの素敵な公園。そして、壇ノ浦の源平合戦のみもすそ公園を通って、唐と港から宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘で有名な巌流島、そしてレトロな町門司港で孫が喜ぶ交通記念会館。そして6時間かかって津山にかえってきました。なんと凄い旅だったことでしょう。楽しくいろいろなことが体験できましたが、それも嫁さんの勢いがあれぱこそ。私も勢いがあるけど、それ以上。よい旅でした。何より腰の痛みがなく回れたのが有難い事。
[PR]
by nizicanvas | 2016-03-28 23:23 | 旅、食、生活、店、趣味

曽野綾子さんの言葉

曽野綾子さん、辛口の作家。私は大好きだ。図書館から『老境の美徳』という本を借りて読んだ。
きちんとした意見を言われる。最も当たり前のことだと思う事を、でも今のマスコミも世間も、誰かに阿っているのではっきり言わない。でも多分日本の多くの人は実はそう思っている。少なくとも私の周りの人達は全員そうだ。教育に対して、政治に対して、マスコミに対して、福祉に対して、・・・権利ばかりを主張したり、自分は義務を果たさないのに。いつも誰かのせいにして人を非難する、日本人であるのに日本を貶めるのが好きな人達、・・・そんな人達に違和感を強く感じている。それを曽野綾子さんはさらりと、きちんと表現される。すっきりする。
曽野さんの本を読むと、あの方は開発途上国への援助の為に随分開発途上国に行かれて仕事をされているので、その体験から毅然と言われることに襟を正される。そしていかに日本が恵まれた国か思い知らされる。池間哲郎氏も東南アジアの子供達の支援活動をされているが、その様子を知ると日本の子供達はどんなに恵まれているか・・・るそれで文句ばかり言っていたら、罰が当たるような気がする。昨日は金美麗さんの講演をきいたが、金さんにも同じものを感じている。
恵まれないこと、理不尽なこともたくさんあるが、それでも日本は本当に幸せな国だと誰もが感謝すべきだと思う。
[PR]
by nizicanvas | 2016-03-21 00:29 | つれづれ

孫八人

今夜は一番大きな孫の小学卒業祝いをしました。私には四人の子供と八人の孫がいます。もうすぐ九人になります。仲間たちと私達はいくーま好きなこと、楽しい事ばかりして暮らしているけど・・いいわね。私達は四人の子供を育てて、全員結婚させて、孫もたくさんいただいて、たくさん社会に貢献してきた、大仕事をしてきたからね。と話しています。私も金さん以上に社会に貢献してきたのです。社会からは軽視されている専業主婦ですが、専業主婦だからできたさまざまなボランティア活動。華々しく活躍はできないけど、陰ながらみんなを支えてこれたのも専業主婦だからできたこと。
役に立たない人がいないと役に立つ人が役に立たないということです。
毎年たくさんの孫たちのお祝いなどいろいろと出費はあるけど、本当に幸せなことです。金さんのように結婚して子供が産まれて、孫が産まれて、家族が増えて、それが一番楽しい、嬉しいことです。
[PR]
by nizicanvas | 2016-03-19 22:58 | つれづれ

金美麗さんの講演会

金美麗さんの講演会にいきました。主催は真庭市の商工会ぎ所と法人会。
日本人以上に日本を大切にして日本の為に活躍して下さっている美麗さんにとても敬意を払います。
期待通り、はっきりとした物言いで、当たり前のことをしっかりと話されました。
83歳の現在も高額の税金を払って、活躍できていることを心から感謝している金さん。日本に来て、台湾に帰れなくなっていろいろ苦労されて、日本で結婚して頑張って、二人の子供に恵まれ、五人の孫に恵まれて、本当に幸せだと話されていましたが、金さんのように全国を講演して回れる83歳に私もなりたいと思いました。金さんの一つ一つの話が本当に感動、心に響きました。
[PR]
by nizicanvas | 2016-03-19 22:43 | 時事・経済・社会

金美麗さんの講演会

台湾人でありながら、日本を最も愛し、日本の為に頑張っている金美麗さんが勝山町に来られます。
日時 3月19日(土)午後一時はん ~
場所 勝山町文化センター
 入場無料 誰でも参加できるそうです
[PR]
by nizicanvas | 2016-03-18 00:01 | 行事

古事記を伝える

日本人として自国の神話は知ってほしいとの熱い思いで、小学校の読み聞かせを行いました。子供たちは目を輝かせて聞いてくれました。神話の一番最初の「国生み伝説」です。子供だけでなく、大人もほとんど日本の神話は知りません。
今日は毎月担当している会社の女子研修でそれをしました。今月はミスの人たちですが、とても熱心に聞いてくれました。次回は天照大御神とスサノオの尊の話をします。少しずつ分けて神話を伝えたいと思います。今日は桜餅もつくりました。
[PR]
by nizicanvas | 2016-03-16 22:59 | つれづれ

手術一年

昨年の今日、私は頸椎狭窄症の手術をうけました。朝8時に病室を出て、部屋に戻ってきたのは夕方六時半でした。十時間、正味七時間の手術時間でした。顕微鏡で患部をみながらの細かい手術、執刀の医師には心からの感謝でした。ベットに帰ってすぐに言われたことは「手を動かして。手をあげてみて、首を動かして」でした。手が動く、助かった。首の手術を恐れていた私はそう思いました。真上になって寝ている自分の姿に驚きました。腰を動かしてみると腰が楽と感動しました。
あれから一年、いっぱいいろいろな体験をして、いろいろな人に助けられて、いろいろな人に出会って、今があります。もう私の役目は終わったと思ったこともありましたが、いろいろなことを復帰し、また目まぐるしく、忙しく過ごしています。今年69歳を迎える私は本当にやり残したことがないように頑張らなきゃと思います。
[PR]
by nizicanvas | 2016-03-16 22:52 | 健康

首の手術

知人の知り合いが首の手術をした後、首や胸のあたりがチクチクすると嘆いているのですがと問うて来られました。手術してまだ一週間あまり、ということは退院したばかりです。手術は私と同じ済生会の鍵穴手術。私は腰もしているからか、手術して後は回復リハビリに入ってリハビリを一カ月受けました。以前にも首の手術をした人はリハビリ入院などしなかったと聞いたことがあります。
首の場合はリハビリ入院はしないのかなと疑問なのですが。
医師によって違うのかなとも思います。知人が腰の手術をした後一週間で退院して、ついでに家に帰ったのですから。「先生リハビリしないで退院している人がいます」と尋ねると「あなたは回復リハビリでゆっくり治しなさい」といわれました。
その入院の初め頃、首は特に緊張していた状態だったと思います。リハビリで首を上下左右動かす練習をしたり、マッサージをうけたり、初めはロボットみたいな歩き方といわれていましたが、だんだんと楽に歩けるようになりました。初めは首を動かさないで歩いていましたが、首を左右前後に動かす訓練もしました。退院後から後ろ頭が重くなりました。医師に相談すると「首を手術した人の宿命だ」といわれました。手術の医師からも「首の手術をしたら肩が凝りやすい」と言われました。
三カ月くらいからカーブスに行きました。首や肩の筋肉強化はどうしてよいかまったく分からなかったので、カーブスはありかだかったです。そうすると頭の重いのや首や肩の張るのが消えました。
やはり首も筋トレが必要だったのです。リハビリで首肩も筋肉を強化しなければならないことをアドバイスされましたが、手術をすると筋肉が弱るのですね。
知人に体験したいろいろなことを伝えましたが、手術の後はなんでもスムースにすぐに改善するわけではありません。私は手術をして治らない、痛いという人にそのことを伝えて安心してもらいたいと思っています。私も隋分悩みました。よくなっていることを喜び、治らないことを悲しみ。でもだんだんと楽になってきました。そんなことを伝えたいと思います。
[PR]
by nizicanvas | 2016-03-14 21:51 | 健康

我が父

昨日は父の十七回忌。弟が病に倒れたとき、今年はお父さんの十七回だから頼むよ。元気になってやってよ。と話していました。でもそれはかなわず弟は半年前の七月に64歳の人生を終わりました。兄弟の死は親とはまた違う悲しみがあります。
そして家の主はいなくなったけど、91歳の母が頑張って法要をしました。会食は国際ホテルでしました。父を偲んで父が残した映像を流しました。亡くなる数年前自分の人生をプロの製作者に頼んで作っていたのです。大東亜戦争で海軍で活動した様子、ミッドウェー海戦での自分の様子などを語った映画と戦後国土の復興を志して植林、植生の仕事に取り組んだ話など、二部の大作です。
みんな懐かしく、それを食い入るようにみていました。父が蘇り、久しぶりに涙ができました。父が亡くなっていつまでも悲しみを抱えていた私ですが、最近はただなつかしさだけに落ち着いていました。父は立派だったと改めて思いました。次の23回に母はもういないでしょう。
[PR]
by nizicanvas | 2016-03-14 20:50 | つれづれ