育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas

<   2016年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

鈴木さんのイチゴ

実家の方にイチゴを作っている人がいます。鈴木さんです。そこのイチゴを食べると他のイチゴが美味しいとは思えないのです。ほんのたまに高価なイチゴをいただくことがあります。でも鈴木さんのイチゴに比べると・・・。津山近辺はもう二十年くらい前から・・というのも父が生きていた頃から
父が良く買って食べていたから・・イチゴ作りが盛んになっています。他県にそれほど有名ではないのでしょうが。マーケットの美味しそうなイチゴも鈴木さんのイチゴにはかないません。
値段は今のシーズンは一パック600円。とても大きいです。だからニケ食べれば十分です。今のシーズンは超大きいのもあります。それは一月と二月のほんの少しの時期にしか取れません。とても珍しいのでお使い物にします。でも本当は普通の大きなのものも味は変わりません。見かけが珍しいだけです。こんな美味しいイチゴが手に入る津山に住んで幸せです。最もたまにしか買いませんが。
今日読んだ本「「あすこの世を去るとしても今日の花に水を上げなさい」(桶野興夫著)は心洗われる素晴らしい言葉がたくさん載っていました。中でも新渡戸稲造が言っている言葉「大人物は田舎からしか出ない」という言葉がとても嬉しく思いました。貧しくても、生活環境が不便でも優秀な人はいくらでもいると私も常に思っていましたから心強く思いました。そうなんです。朝採りの美味しいイチゴが取れるような田舎に生きることはとても素晴らしいことなんです。
鈴木さんのイチゴてなくても近辺の道の駅には朝採りのイチゴがたくさん並んでいます。
[PR]
by nizicanvas | 2016-01-31 23:52 | 旅、食、生活、店、趣味

宝塚歌劇

今日はとても豪華な体験をしました。久しぶりに宝塚歌劇に行ったのです。チケットをいただき妹と観劇でした。以前も行ったことが数回ありますが、そのたびに感激して、宝塚なら時々はいけれると思ったものですが、なかなか行けませんでした。
今日はそら組の劇でシェイクスピア。宝塚にはあまり関心がない私は俳優さんについてはまったく知りません。でも素晴らしいものであったことは間違いないことです。宝塚の歌劇が生れて百年。宝塚をつくった人は阪急をつくった方ですが、本当に素晴らしいものを作られたものです。
さらに今年はシェイクスピアが誕生して四百年の記念に上演されたとか、歌も踊りも劇もストーリーもみんな素晴らしいかった。出演の皆さん本当に有難うこざいました。またまた行きたいですが、次はまた何年先やら・・・。
[PR]
by nizicanvas | 2016-01-30 23:24 | 旅、食、生活、店、趣味

辞任 甘利氏

甘利氏の辞任は残念だと思った。いつもこの問題が命とりになる事が分かっているのに、なぜこの問題がこうも続くのか不思議だと思っていた。しかし甘利氏の話を聞くと、油断といえば油断だが、そりゃあ仕方ないな、と思った。よほど秘書がしっかりしないと多忙になるほど、有能であるほど、人に頼りにされるし、狙われるのだから。政治家は大変だと思った。気の毒だけど、こうなるのは仕方ない事かとおもう。まさにやせ我慢の美学、潔い責任の取り方。大方辞任しなければいつまでも追及されて、とうとう辞任というパターンになることだろう。
それにしても、まだまだ野党は追及するという。裁判の真似事を国会でするのはやめて欲しい。もっと大切なことが審議される必要がある。追及は他でやってほしい。それしか追及の種がないのかなと私は思う。いつもこの問題があるたびに
[PR]
by nizicanvas | 2016-01-29 17:48 | 時事・経済・社会

辞任 甘利氏

甘利氏の辞任は残念だと思った。いつもこの問題が命とりになる事が分かっているのに、なぜこの問題がこうも続くのか不思議だと思っていた。しかし甘利氏の話を聞くと、油断といえば油断だが、そりゃあ仕方ないな、と思った。よほど秘書がしっかりしないと多忙になるほど、有能であるほど、人に頼りにされるし、狙われるのだから。政治家は大変だと思った。気の毒だけど、こうなるのは仕方ない事かとおもう。まさにやせ我慢の美学、潔い責任の取り方。大方辞任しなければいつまでも追及されて、とうとう辞任というパターンになることだろう。
それにしても、まだまだ野党は追及するという。裁判の真似事を国会でするのはやめて欲しい。もっと大切なことが審議される必要がある。追及は他でやってほしい。それしか追及の種がないのかなと私は思う。いつもこの問題があるたびに
[PR]
by nizicanvas | 2016-01-29 17:48 | 時事・経済・社会

まんりょうを掲載します

まんりょうの発行を果たしましたが、ブログに掲載する方法が分からなくなり、あれこれと詮索しているうちに、とうとう掲載できることになりました。
「nizicanvas3」「まんりょう 津山事務所女性クラブの会報」で載せています。このページにもリンクしています。読んでみて下さい。
[PR]
by nizicanvas | 2016-01-25 22:25 | つれづれ
夫から「腰が痛いといっているけど、椅子無くして洗い物ができているじゃないか、以前に比べたらすごいことだ」と指摘されました。「そうです、そうです。有難い事です」。狭窄症の手術の後、よい姿勢で歩けるようになり、家事もスムースにできるようになったのです。洗濯物を干すときも椅子に座って、顔を洗う時も椅子をつかって・・。そんな日々でしたが、いつのまにか椅子がいらなくなり、椅子を片づけていたのです。最後まで残っていた台所の椅子。流しを使う時はそれに腰を乗せて洗っていたが、いつのまにか使わなくなっていました。
本当に有難い事です。未だ腰と足の痛い所があるけど、それは使い痛みかもしれません。運動の中に私にはきつい運動があるのかもしれません。それで使い痛みが起るのかなと最近も思います。
でも、椅子を使っていないことにしばらく気づきませんでした。本当に有難いことです。
済生会の脳神経外科で首と腰の脊椎手術を中島先生にしていただいて、三月で一年になります。最後の椅子をこれから片づけます。本当に有難いことです。
[PR]
by nizicanvas | 2016-01-24 21:33 | 健康

津山の一の宮 中山神社

津山にはとても古い神社があります。一宮と呼ばれる中山神社です。久しぶりに参拝しました。そこは猿で有名。猿神社があります。美作1300年祭の時、女優の浅野温子さんが猿の物語の一人芝居の熱演をしました。素晴らしい一人芝居でした。そこで演じられた猿の話、テーマは忘れましたが、この中山神社に言い伝えられた物語です。悪い事をしていた猿が改心して神社に祀られて以来、信仰の対象になり、なかなか御利益が高いらしい。猿の威力が大きかったのです。
私は赤ちゃんの時とてもよく泣く子供でした。そこでここの神社に拝んでもらって猿の人形をもらって帰ったそうです。私の叔父は私が大きくなってもそのことを言い、「猿を返したか」と言っていました。そこの猿は背中が丸くなっています。それがまた珍しいそうです。子宝には大変ご利益があるそうです。ここ津山の地はとても古い言い伝えがたくさんあります。この地の役所の成立をきちんと明記しているのも珍しく、三年前1300年祭が行われました。
[PR]
by nizicanvas | 2016-01-23 23:03 | 旅、食、生活、店、趣味

まんりょう再開

三十年休まず作り続けてきた新聞を昨年目と首と腰の手術のために休刊しました。半年ほどの休刊の予定でしたが、半年たっても新聞再開の気持ちになれず、とうとう一年たとうとしていました。このまま廃刊にしようとほど決心していました。しかし「日本遥かなり」の本に背中を押されて、決心しました。「書こう!」。その辺の気持ちはまんりょうに書きました。「まんりょう」はこのブログにリンクしています。どうぞ開いてみてください。
さあこれからますます忙しくなってきます。最近は三味線やウクレレの慰問演奏の依頼が増えてきました。私達の会はそれほどのレベルではありませんが、皆さんに楽しんで頂けるのには良いかもしれません。頼みやすいし。さあ私がどれほど活動できるか・・。余生を静かにと思っていたけど・・どうやら私には無理でしょうか。

まんりょう専用のブログを作っていました。毎月そこに入れていましたが、一年休んでいる間に入れ方が分からなくなりました。ちょっと研究しなくてはうまく収まらなくなりました。残念! 研究します!
[PR]
by nizicanvas | 2016-01-22 22:30 | つれづれ

読み聞かせ

小学校に読み聞かせのお手伝いに行っています。今日は六年生に取る事日本の友好物語を話しました。絵本がないから、私がいくつかの話をまとめました。映画海難1890の内容です。
子供達は多分興味をもって聞いてくたれと思う。トルコについて、ほとんどの子供達が知らなかった。どうやらニュースはあまり耳にしていないかもしれない。ISについては多少知っていたようだ。中にはニュースの話題を多少知っている子供もいる。
子供達がこれから世界の情勢、世間の情勢について関心をもち、正しい理解の為にいろいろと勉強して欲しいと思う。少なくとも日本についてもっと勉強して欲しい。
高学年には歴史の事、偉大な先人のことを話してみたいと思っています。子供達が頑張ろうとする心を養ってくれればと思います。
[PR]
by nizicanvas | 2016-01-18 22:00 | 育児、教育、マタニティー

牛窓 リマーニホテル

一年ぶりに母と牛窓に行きました。昨年これが最後かもと思いつつ行きましたが、お蔭様で元気で行けました。母は車いすを使わないで、自分で歩いて、以前より元気。和気神社の椿も見に行こうとますます元気で驚いています。
ところが久しぶりの牛窓、なんかさびれている感じ。リマーニホテルも様変わりして、料金は高くなっているし、いろいろと亡くなっているし、いったいどうしたことでしょう。四月からリニュアールするというけど。リマーニは海が最高、そして和食、洋食、鉄板焼きの料理が素敵。それなのに四月からは地中海料理だけでなるらしい。和食がないなんて高齢者にはあり得ないと文句をいいましたが、それにしても牛窓と言うところは観光の誘致努力をしないところだとここ十年何回も通っていて思います。私は海が見えてゆっくりできるからいいけど。帰りには蒲鉾屋と魚屋でお土産を買いますが、それもあまりPRされていないし、せっかくの日本のエーゲ海が寂しい事です。冬の海は最高です。こんな素敵な海がアあるのかと思うほどいいです、。南国のようにギラギラしていないけど、穏やかで、深くって。大切にしたい資源です。
[PR]
by nizicanvas | 2016-01-17 23:25 | 旅、食、生活、店、趣味