<   2015年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

腰痛の手術 

知人が整形外科で腰椎狭窄症の手術を受けたけど、その後痛みがひどいので、私が受けた岡山済生会の脳神経外科で再検査をして、先日再手術をしました。その手術は成功で、今は楽になったという事です。本当に良かったと私も自分の事のように嬉しい話です。
津山の整形外科のMRIでは手術後の様子に異常はないと医師からいわれていたが、済生会で再検査しに行ったのです。その結果は数か所の問題がありました。済生会では大元にある岡山療養センターの非常に高度なMRIの機器を使うのです。一年前、私は最初にそこで検査をするように言われて受けに行った。そこでその機器は中、四国で最高の検査機だということを知りました。私はそこで二時間くらいかけて撮ってもらいました。何しろ腰が痛くて上を向くことが辛かったので、撮影者の方は大変だったと思います。途中で休憩をはさみました。
やはりそんな精巧な機器で撮って、よくないところが見つかったようです。そして、高度な最新医療脳神経外科の鍵穴手術を受けたのですが、最初の手術よりとても楽だと喜んでいたということです。
やはり、精巧な検査機器があるということは有難いです。また優れた医療に出会って、私もその人も救われました。
[PR]
by nizicanvas | 2015-10-30 21:20 | 健康

感動の煮干し

煮干しがからだによいということはよく聞いていたけど、なんとなく敬遠。ところが思い切って煮干しを一袋買ってきた。トースターで最短で焼いて食べると、なんと美味しい事。孫に食べさせると「美味しい!」。よかったと思って孫たちに渡した。
今までなんでそういう食べ方をしなかったのか、後悔しています。お腹がすいたとき、一匹焼いて食べます。なんという素敵なつまみ食い。
[PR]
by nizicanvas | 2015-10-30 21:00 | 健康

イギリスって紳士の国???

昨夜のNHKの歴史の話はまた面白かった。徳川家康がイギリス国家と交流していたなんで。初めて知った事。家康の手紙がきちんと保管されているのです。イギリスとの関係はかなり強かったらしいのですが、しかし途中から家康はイギリスとの交流を断っています。その理由が書かれた家康の手紙が公開されました。
そこに書いてあった事は何故イギリスと断絶をするかとの理由。一がイギリスは日本の男女を連れて帰って人身売買していることへの抗議。奴隷として売っていたのです。特に男性は傭兵として売られて、戦いに参加させているのです。
二つは当時のイギリスは国家が認めた海賊。日本近海で海賊を働いていることの抗議です。もう一つあったようですが、前のことがあまりにひどいので忘れてしまいました。
紳士の国といいますが、なんてことない、海賊の国。エリザベス女王の名の下で海賊は正当に評価されていたのです。謝れ、謝れ、と先の戦争について日本に対して大きな声で非難している人達。当時の悪行に対してイギリスは誤って欲しいわ。かつてインドを植民地化していたイギリスはインドが独立をするとき、イギリスが行ったインフラ整備に対して多額の倍賞金を求めていました。インドは長い間かかって払ったそうです。『海賊と呼ばれた男』という本を読みました。そこで出光興産の出光佐三氏がイランの石油を買いに行く大ドラマが載っていました。あれを読みながら、イギリスって汚い事をする国だと失望しました。自分の国でもないイランの石油を支配して、どの国にも買わせないようにしていたのです。紳士淑女の国かと思っていたらひどいことを結構していたのです。
そういえばかってシナの国をアヘンでめちゃめちゃにしたのはイギリス。それでも中国は詫びを要求するでもなく、今度中国と経済的に手を結ぶようになったとか。
世界制覇を狙っているとしか思えない中国とイギリスの関係。これからどう展開するのでしょう。
昨日のNHKの番組は多分再放送するでしょう。
家康、秀忠、徳川の人達はすごいと感心しました。当時の世界をよく理解していたのです。
当時の世界は植民地化や宗教戦争で争いの繰り返し、その争いに巻き込まれることを避けたのです。そんな中鎖国をすることで日本独自の文化を発展させることができたのです。江戸時代は日本がやがて近代国家として成長していくために必要な醸造期だったようです。もし鎖国をしていなかったら、欧米の争いに巻き込まれていたでしょう。
[PR]
by nizicanvas | 2015-10-22 22:59 | 時事・経済・社会

産経新聞の記者 加藤さんを救って 

産経新聞の加藤記者が韓国でついに罪に問われることになりました。その内容はよく知られることですが、あまりにもひどい。大統領の誹謗中傷の記事を書いたという事で、自分達の国では日本の国の政治家、言論人に対してどれだけひどい記事をかき、放映している事か。まったく独裁国家のような裁判の判決に日本の心ある人達は大いに心を痛めています。なんとか加藤さんを救ってあげたいと思います。世界中の自由と正義を愛する人達の声を韓国に送ってほしいものです。韓国は政府だけでなく、裁判所も本当におかしな国です。とても民主国家とは思えません。
不思議なのですが、日本のテレビはあまりニュースとしい騒がないのですね。マスコミはよほど韓国に気をつかっているのですね。
日本のマスコミは韓国や中国派のマスコミだというこが分かります。靖国参拝が悪い事のように驚きの声で放映する日本のマスコミ。なんとかならないか・・悔しいです。
[PR]
by nizicanvas | 2015-10-21 23:27 | 時事・経済・社会

子育ての本を書いています

腰痛手術体験記をまとめました。結構な量になりました。自分の為に記憶をたどって書き留めました。しかし本当はこの体験記が腰痛の人の役に立つのではないかと書いたのです。本にしたいと思いますが、自力ではできません。今はコピー印刷を数部作って、希望の人によんでもらうようにしています。いつか本になることをねがっています。そのうちもう少し短くして売れるようにしたいとおもったりしています。
そして、以前から書き溜めていた子育ての本をまた書き始めました。整理のしなおしです。
これも世に出したいと思っていますが、もう自力ではできません。自費出版では販売のルートに乗りにくいのです。
でも、完成させておこうと決心してとりかかっています。もう五、六年前に書いていたものです。途中でやる気をなくしてなげていました。そうなんだ。必要な人はコピー印刷でもいいんだと思って、もう一度立ち上がりました。長い間の実践と研究で、人生最後の大仕事になるかもしれません。
もう一度毎日パソコンに前に座っています。
[PR]
by nizicanvas | 2015-10-19 23:14 | つれづれ

短時間通所リハビリテーション

母が骨折の手術後、リハビリ入院をし二カ月。元気になって退院しました。入院時は息子の死もあってとても体が弱っていましたが、だんだん気力も取り戻し、体も回復して、以前より元気になったよう。
しかしそのままでは足腰が弱るので、目の悪い母は要介護2を認定され、通所のリハビリを受けることになりました。毎週二回一時間半ほどのリハビリ、自力で動けるように訓練していく場所です。幸い入院していた第一病院がそれをしていて、送迎がついて本当に有難いことです。デイケア―(通所リハビリ)とデイサービス(通所介護)は違うのですが、しっかりしている母には一日サービスを受けにいくのが苦痛。でもデイケアは短時間自分を鍛えに行くので、母も喜んで行っています。
こんな日が来るなんておもわなかったけど、やはり世の中甘くない。こんな日が誰でも来るのです。
それにしても寝たきりを防ぐためにそういうシステムがあるなんて有難いことです。日本は本当に恵まれています。
[PR]
by nizicanvas | 2015-10-19 23:07 | 健康

日本会議岡山 講演会

日本会議岡山では一年で一番大きなイベントとして、この時期シンフォーニ―ビルで時局講演会をしています。今年は「憲法改正待ったなし」と題しての講演会。お相撲の舞の海とシンガーソングライターの山口彩希さん。舞の海の話は相撲体験、相撲の話を中心にした話で、日本の伝統文化、日本精神を理解できたよいお話でした。そこから憲法改正の必要性をやんわりと話されましたが、品格があり聞きやすかった。体の小さな舞の海が相撲界でどれだけ苦労されたか、頑張ったか、心地よい話でした。相撲に興味のない私も楽しく聞けました。
歌は24歳の若き異色のシンガー。伸びやかな歌声で教育勅語の内容、拉致問題の解決を訴えた歌。自衛隊の感謝の歌、軍歌などが歌われましたが、明るく、元気よく、よい時間を過ごせました。
誇りある日本の国つくりの為に憲法改正や拉致解決を願って活動されている様子で感心しましたね。
明るい歌声と若々しい感性で日本のよい国つくりの活動されているのですが、勇気があるなと思いました。理論的に話を展開するというより、なるほどなという話し方に心を動かされるという講演もまたよいのではないかと思います。司会をされていた若い女性との会話もなかなか楽しく、頼もしい。若い方たちが本気になってよい日本を作ることを活動されたら、うれしいことです。
それにしても南京大虐殺が世界記憶遺産に登録されたなんてひどい話です。南京大虐殺、慰安婦問題はなかったということをいろいろな事例で証明しているのに、事実として登録してしまわれて、多くの日本人はどう思ってているだろうか、日本には韓国や中国大好き人間がマスコミや政治家にもたくさんいるらしい。情けない事です。
世界覇権を目指している中国についてその人達は本当にどう思っているのだろうか、聞いてみたいものです。沖縄の知事さんにも。知事さんの息子の嫁さんが中国人とかですっかり中国寄りになっているといいます。いっそう中国に移住すればいいのにね。
[PR]
by nizicanvas | 2015-10-11 22:53 | 時事・経済・社会

三朝温泉旅行 大橋旅館

母が退院になるので、義妹と二人で慰労に一泊の温泉旅行に行きました。近場の三朝を選びました。三朝は比較的近い場所ですが、一時間程でいけるから。でも私にはあまりなじみがなく、近くて遠い場所でした。今回は大橋旅館と言う大変由緒ある旅館。国登録有形文化財指定旅館だそうです。というだけあってなかなかの建物でした。料理も一流の方で、凄いらしいのですが、貧乏性の私には猫に小判です。もったいないほどの料理をお腹いっぱいいただきました。美味しかった。三朝のお湯は他の温泉よりずーといいらしく、これからは少し足を延ばしてたまには三朝にくるかなと思いました。夜のイベントなどもあり、楽しめました。温泉だけではつまらないけど、街歩きができたり、音楽が聞けたり。和紙で覆った大きな灯りがとても風情で、そぞろ歩きも楽しめました。三朝は山の中の町。これからは紅葉が見事です。蛍もたくさんいると書いてありました。来年蛍の時期にいってみたいと思います。
[PR]
by nizicanvas | 2015-10-10 22:43 | 旅、食、生活、店、趣味

90歳の母が骨折治療から退院

骨折して手術を受けて、リハビリをして、元気になった母がおよそ二カ月ぶりに家に帰りました。
始めはどうなるかと案じましたが、元気を出してリハビリに励み、回復し、以前のような日常生活が送れるようになりました。といっても以前のように家事などができなくなり、本人にとっては辛い思いです。
何もしないということほど生きていくうえで苦痛なことはありません。これからどんな生活が始まるのか、日常生活に必要な動きが自分でできるとはいえ。元気で年を取る事の難しさを感じます。先程ドナルドキーンさんの物語を放映していましたが、93歳で意欲的に日本のために頑張っていらっしゃるので本当に有難いことです。90歳の母も頑張りたいけど、何を頑張ったらいいか、体が弱り、目も弱って・・・。本人にとっては相当苦しいこれからだと思います。人事ではない話です。90歳を超えてなお現役で頑張っておられる方がたくさんいらっしゃいますが、素晴らしい。羨ましいことです。
[PR]
by nizicanvas | 2015-10-10 22:31 | 健康

育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas
プロフィールを見る
画像一覧