<   2015年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

百田さんの発言は正しいと思う

国会でまたまた揚げ足取りが始まった、聞いていても不快になる。百田さんの発言をさんざん非難していたが、逆を言えば、それこそ言論の自由ではないか、左翼系の人達はいままでさんざん日本を貶める、自虐的な発言を平気でしてきた。私達はどれだけ辛い思い、悔しいをしてきただろう。マスコミはもちろん、知識人、教育者たち大きな声でが発言して、明らかにおかしい思想がまさに正論になってしまっていることが多いけど、多くの日本人は憂えきた。その人達の言動から見ても、国会議員が何を勉強しようと自由ではないか。百田さんの葉減の内容は正しいと私は知っている。言い方が乱暴かもしれないけど、自分達の勉強会なんだからインパクト強く、面白くいってもかまわないのではないか。
そもそも、沖縄の問題も本当のこと。沖縄は今左翼運動の人達の活動家が沖縄にたくさん入っていると聞いている。沖縄には基地があるために日本政府から沢山のお金が入っている。そのお金が中国の方に流れている事は以前から言われている。沖縄の二つの新聞はまさに日本の新聞とはいえない、左翼思想丸出しの新聞だそうだ。
沖縄にはそのことを憂いている人達はたくさんいるが、とても批判的な発言は表ではできないそうだ。まさに言論の自由が歪められている。
普天間基地をはじめ、沖縄の基地が統合され、しかも今より縮小されて辺野古に移転するのを阻止している人達は本当に闘争のために反対をしているようだ。
 最近日本の領土についていろいろと勉強する機会を得た。なんと日本列島は古代より隋分土地が埋め立てられている。土砂が流れ込んで自然に埋め立てられた場所もあるけど、人為的に埋め立てられた場所もたくさんある。東京湾も大阪湾もそうだ。昔から言えばあちらこちらでそういうことをして人間が生活してきた。瀬戸大橋も景観を損ねると言って反対されたが、今はそれなりに様になっている。平地の少ない狭い日本に暮らす日本人は山を崩し、海を埋め立て、湖もうめてて、生きる為に昔の景観を随分かえてきたようだ。東京湾は江戸時代の埋め立ては大いにされているし、最近でもごみを埋め立てて造られて、隋分変わってきている。
 それからいえば、辺野古には悪いけど、辺野古の海が埋め立てられることに対してあまり非難はできないように思う。それよりは日本の島を守らないと、根こそぎ珊瑚が取られたり、漁業があらされたり、ひどいことになっている。
フィリッピンからアメリカの軍隊が撤去されたとたん、中国は南沙諸島を埋め立てた。あそこが中国の物だとするとフィリッピンの海は隋分中国にとられることになる。
そういう実態がわかっているのか、左翼の人達は、わかっても知らん顔なのだろうなと思う。何しろ、中国と韓国のご機嫌をとることにやっきの人達だから。そんなエネルギーがあるなら、中国に他国の領土を侵すな、他国の領土に侵略するなと抗議して欲しいと思う。

[PR]
by nizicanvas | 2015-06-27 22:37 | 時事・経済・社会

アジサイ

我が家の庭にはアジサイがたくさん咲いている。いろいろな種類のアジサイを鉢から降ろしたり、挿し木をして植えていたのが大きくなってきた。アジサイは長い時期を楽しめる。日当たりが悪くても楽しめる。花瓶に活けてもかなりもつ。いろいろな種類があって楽しい。そして何よりも育てやすい。病気にもならないし、手をかけないでも大きく育つ。バラの花に比べてなんとお利口さんの花だろうかと今年はつくづく感心している。大きくなりすぎれば簡単に切れるし、草の代わりにしたければ大きくすればよい、アジサイはなんと便利な花かと思う。今年は新しい珍しい花が次々と咲いて、従来のアジサイのイメージが変わる。もっと増やしたいと挿し木にしてもらうことを頼んだ。

[PR]
by nizicanvas | 2015-06-24 23:02 | 旅、食、生活、店、趣味

体操教室 カーブスに行きます

一生運動しなさいと医者から言われている私は毎日ウオーキングをしたり、ストレッチなどをしている。そろそろ体操教室に行った方がいいかなと思って医者に相談したら、「無理のないように」と言われた。そこで以前から気になっていた体操教室「カーブス」に行って見た。説明や体験もして、気づいた。私がしている筋トレは負荷がかかっていないから、筋トレ効果が少ない。今まではそれでよかったが、これからはもっと積極的に筋トレをしなければならないこと。実は手術後とても疲れやすいのは筋肉が弱っているからだと気付いた。昨日病院の医師から「頭が重たいのは首や肩の筋肉が弱いからだ」ともいわれた。どこかが悪いのではなく、筋肉が弱っているから肩凝りや頭が重いのだ。それは首の手術をした人の逃れられない付随する物らしい。だから済生会でも肩凝りを少なくするために手術を前からしますといわれた。私は首の手術は前からしているので、後ろ側は楽なのだが、首は一つだからどうしても頭の重さが首の負担になるということだ。疲れない体にするにも、頭を軽くするにも筋トレしかないことが分かった。それはもはや自分では無理だと分かった。
幸いなことにカーブスはいつも買い物に行く場所にある。買い物ついでにいつでも行ける場所。そして私にとって幸いなことに30分しかできないということ。
一つのカリキュラムをこなすには25分くらいかかる。それが一回り。以前筋トレに行っていたことがあるが、せっかく来たのだからと余分にしてしまいかえって筋肉疲労をして、あまり効果はなかった。やはり適度な運動が大切なのだ。カーブスは余分にはできない。それが私には魅力だ。なんでもし過ぎてしまう私にとってよいブレーキとなるからちようどいい。自分の都合の良い時間に入ってできるのも有難い。こんな施設は私達のような高齢者にとって本当に必要なものだと思う。明日から少しずつ参加してみようと思う。



[PR]
by nizicanvas | 2015-06-24 22:52 | 健康

ヘルニアの手術

20年前にヘルニアの手術をしたという人に出会った。腰の手術をした人に会うと妙に関心が強くなりあれこれ聞いてみたくなる。というもの今私は腰痛手術体験記を書いているからだ。それでいろいろ知りたくなる。20年前は25歳ころと言う。岡山のりゅうそうという整形外科では有名な病院だ。行ったことはないけど、そこに絶大な信頼を寄せている人がけっこういる。20年前に内視鏡で手術をしたという。たまに痛い事もあるけどその後調子はよいそうだ。20年前から内視鏡もあったのだと知った。若いのに手術をしたのですねというと、もう寝返りも起き上がりもできないくらい痛かった、手術を受けた半数以上は若い人だったという。へーと驚いた。知人の20代の娘さんがヘルニアの手術をしたのは知っている。車に乗るのも大変だったようで、ずーと横になっていたと聞いている。若い人でも手術をするんだと改めて思った。
当時は手術の失敗で下半身まひの人がいたらしい。今はそこまでの失敗はほとんどないと聞いている。
内視鏡で手術をしたけど、悪い所をとっただけで別に何も入れていないという。でも当時背中をたくさん切っていた人もいたというのだが、やはり症状によるのでしょう。
三センチほどの切り傷だから跡が楽だったといわれた。しかし、一週間はほとんど動けなかったらしい。傷跡が痛くて動けなかったらしい。そしてリハビリもしっかりしたという。医師からリハビリをするように言われ、佐藤記念病院に通ったという。当時からやはりリハビリは重視されていたのだ。そしてやはりリハビリが大切という。後に再発で痛くなった人はリハビリをあまりしていなかったのではないかという。その後の運動をしている人としていない人は違うのではないかと語っていた。一週間後に動いたとき、筋肉がとても衰えていたのに驚いたという。20代でもそんなに筋肉が衰えるのですかと聞くと、スポーツをしていた強い体の自分の体がめちゃめちゃ弱っていたといわれた。それなら60代の人が弱るのは当たり前。と思った。
やはりリハビリ、筋トレをしっかりしなくてはと夜はしっかりした。最近少しなおざりになっているのかもしれない。だから筋肉のあちらこちらが痛むのかもしれない。

[PR]
by nizicanvas | 2015-06-15 23:10 | 健康

今年もはや蛍の季節。毎年行く宮部川に今年も二回行きました。今年は宮部川の広い範囲で蛍がたくさん見えました。川の広い範囲に蛍がとんでいる様子もいいものですが、やはりここは多いという場所で堪能できないのは少し残念。一部のガードレールに金網を取り付けていたので、とても助かりました。暗い夜道、川沿いなので子供達にはとても危険。連れて行って川に落ちたら大変と蛍どころではないことがあります。足元に金網のようなものをはっていただくと本当に安心です。
夜空に星、竹やぶに蛍。とても風情がありました。

[PR]
by nizicanvas | 2015-06-14 21:25 | つれづれ

今年もはや蛍の季節。毎年行く宮部川に今年も二回行きました。今年は宮部川の広い範囲で蛍がたくさん見えました。川の広い範囲に蛍がとんでいる様子もいいものですが、やはりここは多いという場所で堪能できないのは少し残念。一部のガードレールに金網を取り付けていたので、とても助かりました。暗い夜道、川沿いなので子供達にはとても危険。連れて行って川に落ちたら大変と蛍どころではないことがあります。足元に金網のようなものをはっていただくと本当に安心です。
夜空に星、竹やぶに蛍。とても風情がありました。

[PR]
by nizicanvas | 2015-06-14 21:25 | つれづれ

サミットに選ばれた伊勢市

久しぶりに嬉しいニュース。来年のサミットの場所に伊勢市が選ばれたというニュース。安倍総理もどの場所も捨てがたいいい場所だが、警備上のこと、そして日本の伝統文化を世界に発信するのに一番ふさわしいところという視点を忘れずに選ばれたとのことは日本人として本当にうれしい事です。1300年も生きた行事をしている国はどこにもありません。清楚で、厳かで、尊い伊勢神宮は世界平和の象徴です。そのことを世界の人達に知ってもらう事は日本にとってどれほど大切なことでしょう。伊勢の神々もいっとその時代を迎えたとお喜びの事。後20年したら、次の遷宮が始まります。そのときは私は生きていないけど、サミットを知った人達の多くがお参りに来られることでしょう。
素晴らしいニュースでした。

[PR]
by nizicanvas | 2015-06-08 23:39 | つれづれ

アイロン療法

玄米と同時に思い出したのが、アイロン療法です。父が癌で余命いくばくかと言われた時腹水がパンパンに溜まっていました。そのときモラロジーの講師が千葉からアイロンをもって駆けつけて下さいました。なんでもアイロンを使って体を温める温熱療法が癌にいいということでした。末期子宮がんの方がそれで治ったそうです。
そして不思議にそのアイロン治療で父は一度目のピンチを切り抜けました。それからアイロンをよく使っていました。その後父もなくなり、忘れていましたが、弟の体に良い事を何かしたいと思ったとき思い出しました。アイロンをタオルで厚く包んで、どのアイロンも中の温度に設定して体を温めるのです。アイロンの金が手に当たらないように、火傷しないようにしっかりタオルで包んで、ガムテープでしっかり止めます。まず背骨から温めます。熱いと思って三秒我慢します。そして悪い所、いろいろなところに当てます。熱は病原菌を殺すし、血流もよくします。
私も足腰の痛いところにこれをしようと始めました。アイロンは温灸のように火を使わないのでとても便利です。どこでも自分で出来るからこれまた便利です。熱いくらいのを短くしっかり当てることがミソですが、気持ちよいから長くし過ぎて低温火傷しないように気をつけなくてはいけません。はじめたらやめたくない程気持ちよいのです。
私は本を読みながら足腰、背中などに当てています。
アイロン療法をネットで出してみました。すごいたくさん載っています。私は17年前からしています。すごい!!!!

[PR]
by nizicanvas | 2015-06-06 20:28 | 健康

玄米スープ

弟が体が悪くて入院しています。私でなんとか役に立つことはないかと思っていましたが、ふと玄米スープのことを思い出しました。自然食、それもマクロビィオテックをしていました。桜沢如一先生の奥様や高弟の方に学んでいました。厳しい食事療法でしたが、健康回復になかなか効果が大きいものでした。そのとき食養生について習いました。今我が家では夫の健康の為に雑穀米などを入れていますが、玄米食はしていません。昨日は弟のために久しぶりに玄米を煎り、水で煮出して玄米スープを作りました。その残りで玄米クリームと玄米のおかゆさんも作りました。玄米のおかゆさんを夫に出すと黙って食べていました。しめしめです。弟も美味しいと食べてくれました。少しでも回復の役に立つといいと思うのです。私も久しぶりに食べてみて、美味しいと思いました。
自然食の店では患者さんに食べてもらう玄米クリームなどを作っている人を良く見かけました。癌の患者さんには黒くなるまで炒ったものも作っていました。そしてよく煮て、よく煮て、とにかく火のエネルギーを入れるといっていました。以前はよくしていたのですが、長い事していなかったことです。でも必要な時に出てくるものだと思います。以前、辰巳料理家が体にいいスープの事をよく言われていましたが、最近はお見かけしません。ご高齢高だから。野菜のスープも作ってみました。
[PR]
by nizicanvas | 2015-06-06 20:17 | 健康

あいう ベー体操

あいう体操とは口の体操です。これは誤飲などを防ぐ高齢者の体操として知られていますが、今朝のテレビで歯並びや風邪予防に効果あるとして紹介されていました。
最近歯の矯正をする子が多くなっているとか。歯医者さんが調べたところ。上唇の筋肉が発達していないのです。それは口呼吸に原因があるとか。つまりよく噛まないからです。口呼吸は雑菌が口から喉、肺に入り、いろいろな病気になりやすくなります。特に呼吸器系が悪くなり、風邪をひきやすくなるのです。以前から口呼吸が万病のもとい言われていた西原克成医師は口呼吸は呼吸器系だけでなく、胃腸などの消化器系も悪くすると厳しく言われていました。それと関係しているのです。免疫力低下になるのです。
そこでその医師の提案である学校では「あいう ベー」の体操を毎日取り入れるようにしたところ、インフルエンザにかかる子がかなりへったそうです。
ア、イ、ウと言って、舌をベーと出して口と喉のトレーニングです。こんな簡単によう方法はどこの学校も積極的に取り入れて、口呼吸予防、歯並びの矯正、インフルエンザ予防に取り入れて欲しいものです。

[PR]
by nizicanvas | 2015-06-04 12:06 | 健康

育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas
プロフィールを見る
画像一覧