<   2014年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

危険ドラッグ、発信は中国

危険ドラッグの特集を見て本当に恐ろしかった。私達にはまったく関係のない世界というわけにはいかないようです、危険は誰もの足元まで来ているという話。国もその対策に追われているようですか゜、それは鼬ごっこ、もどかしい! 何しろドラッグ吸引は危険運転に繋がり、あちこちで事故がおき、50人以上のたくさんの罪もない人たちが日本では亡くなっているのですから。そしてまたまた発信は中国。中国という国は本当に恐ろしい。日本に観光に来る中国の人は日本が好きな方が多いらしいけど、信用できない。昨日は中国が世界の海をわがものにしようとしている池上彰氏の「中国ってわからない」という解説番組で恐ろしさを感じたけど、今日は中国人が日本国内にドラックを送り込んでいるというものでした。日本だけでなく、世界中にその薬が広がっているそうです。ロシアなどもその問題には困っていて、やはり薬の元は中国とか、しかし肝心の中国では取り締まっていないというのですから、不思議です。かつて中国はイギリスなどからアヘンで国民が蝕まれた歴史があります。もしかして中国は日本や近隣諸国をドラックで潰そうとしているのでしょうか。それは私が考えたのですが、私の近辺ではそう思っている人は少なくないようです。しかしドラッグが中国に広がっても困るのではないでしょうか。中国は麻薬の取り締まりが厳しく、麻薬をもっていたといわれている日本人を即死刑にしています。何人の人が本当にもっていたのか、入れ込まされたのか、罠なのかわかりませんが、即死刑になった人達も少なくないのでしょう。そんな国なのに取り締まらないというのは不思議です。いや中国では国民が死んでもたくさんいるから平気だと政府関係者が言っているというのを以前聞いたことがあります。国の政策で他国をつぶす為にしているようなことを勘ぐってしまいます。原発や地震、火山などの自然災害対策などしていても、ドラックが蔓延して国が潰されてしまう危険性もあるのでは。もしかして、縄文時代のある時期に人口が急激に減った原因の一つに自然災害だけでなく、病気、伝染病がありますが、恐ろしい病気の蔓延も国をつぶす手段としてあるのでは・・・。珊瑚の密漁もみんな中国が実はけしかけているのではないか、尖閣と両方で日本を攻めていこうとしているのではないかと思ってしまいます。


[PR]
by nizicanvas | 2014-11-30 22:55 | 時事・経済・社会

危険ドラッグ、発信は中国

危険ドラッグの特集を見て本当に恐ろしかった。まったく関係のない世界というわけにはいかない、危険は誰もの足元まで来ているという話。国もその対策に追われているようです。何しろドラッグ吸引の危険運転に繋がり、あちこちで事故がおき、たくさんの罪もない人たちが亡くなっているのですから。そしてまたまた発信は中国。中国という国は本当に恐ろしい。日本に観光に来る中国の人は日本が好きな方が多いらしいけど、信用できない。昨日は中国が世界の海をわがものにしようとしている池上彰氏の「中国ってわからない」という解説番組で恐ろしさを感じたけど、今日は日本国内にドラックを送り込んでいるというものでした。日本だけでなく、世界中にその薬が広がっているそうです。ロシアなどもその問題には困っていて、薬の元は中国とか、しかし肝心の中国では取り締まっていないというのですから、不思議です。かつて中国はイギリスなどからアヘンで国民が蝕まれた歴史があります。もしかして中国は日本や近隣諸国をドラックで潰そうとしているのでしょうか。それは私が考えたのですが、ドラッグが中国に広がっても困るのではないでしょうか。中国は麻薬の取り締まりが厳しく、麻薬をもっていたといわれている日本人を即死刑にしています。何人の人が本当にもっていたのか、入れ込まされたのか、罠なのかわかりませんが、即死刑になった人達も少なくないのでしょう。そんな国なのに取り締まらないというのは不思議です。国の政策で他国をつぶす為にしているようなことを勘ぐってしまいます。原発や地震、火山などの自然災害対策などしていても、ドラックが蔓延して国が潰されてしまう危険性もあるのでは。もしかして、縄文時代のある時期に人口が急激に減った原因の一つに自然災害だけでなく、病気、伝染病がありますが、恐ろしい病気の蔓延も国をつぶす手段としてあるのでは・・・。


[PR]
by nizicanvas | 2014-11-30 22:55 | 時事・経済・社会

まんりょう 12月号

まんりょう 358号 12月を虹キャンバス3に載せました。このページからリンクしています。どうぞご覧ください。
[PR]
by nizicanvas | 2014-11-29 21:35 | 行事

幸せを呼ぶ魔法の言葉

昨日に引き続いて気になっていた講演会に母と参加しました。これは自殺予防の保健所が主催のようで、五日市剛さんのお話でした。以前その本を読んでことがあったので、何としても行きたい思っていました。昨日の講演と重ならないでよかった!
これもまた楽しい素晴らしいお話でした。有難う、感謝します、ついている言葉が運を拓くという実例を交えた素晴らしいお話でした。感謝と努力で運がひられるという方程式、見事だと、その通りだと納得。問題はなんでもわすれないように感謝をして過ごすことです。有難い、有難い講演でした。私も忘れずにいつでも有難うをいわなきゃ。感謝と努力。それが運を拓く、大切なことです。
河村武明さんという沈黙の絵描き(脳梗塞の後遺症で、しゃべれない、見えない、右手麻痺、四重苦の方)の感謝の話も素晴らしかった。人から何かされて感謝は初級、苦しい時に感謝は中級、当たり前のいつでも感謝が上級という詩を書いていたのですが、
当たり前の時感謝を忘れるのです。五日市さんの体験も素晴らしい。こんな方もお呼びしたいものだと思いました。

[PR]
by nizicanvas | 2014-11-22 22:49 | 行事

白駒妃登美さんの講演会 大盛況

昨日は第三回の教育講演会を開催しました。今年の講師は博多の歴女といわれる素晴らしい方。これだけの人だから絶対に受けると思っていのに、都合が悪いの、歴史に興味がない、夜だけから、忙しい・・・でなかなか人集めがうまくいきませんでした。がっかりしながら、でもみんなに声かけ、友達に声かけてと人集めが次に広がるようにお願いしました。最後のお願いのような気分。その結果、たくさんの方が集まってくださり、それも知らない人が友達を連れてきてくださって・・・。なんとか会場を埋めることができました。こんな苦労を私は三十年もしているんだ・・・・。問題は人数ではなく、一人でもたくさんの方に聞いていただきたいという思いでしたが、でもやっぱり人数も必要。
当然ながら素晴らしい講演で、終わって本当にホッとしました。途中で体調が悪くなったらいけないので気を引き締めてなんとしても頑張らなくてはと思っていました。役の人とよく打ち合わせや検討会も開けてよかったと思います。
普段来られない人も参加して下さって・・・先生を津山にお呼びできたことを心から感動です。
先生の最新の著『愛されたいなら日本史に聞こう』を前日に読み、なんと素晴らしい着眼点とあらためて白駒さんの素晴らしさ、また日本の先人達に敬意を表しました。講演後の懇親会も短い時間んでしたが、よかった。
もう一度お呼びしたいと思いました。

[PR]
by nizicanvas | 2014-11-22 22:35 | 行事

蝉の声

白駒ひとみさんの本を読んでいて、蝉の声という文章にはっとしました。そういえば今年の夏は蝉の声を聴いたかな。昨年は夏の初めに秋のセミのような声、ひぐらしの声を聴いて、秋が来たような気がするねと話したと思うのですが、それは今年のことだったかしら。それにしても夏の終わりにはうるさいくらいに鳴いていた蝉の声をあまり聞かなくなったようです。今年蝉の声をきいたかどうかすらわからないのは私の感性がわるくなったのか、本当に聞けなくなったのか・・・悲しい気がします。
今日は庭の手入れをしました。パイナップルセイジというサルビアの一種、ずーと黄みどり色の葉っぱだけだったのが、秋になって赤い花が咲き出して、今でも咲いていたのですが、それを畑に植え替えました。
来年咲いてくれるかどうか、案じながら植え替えました。鉢に植えていたバラやてっせんの花も植え変えました。ブーゲンビリア等の夏の花がまだ咲いています。夏が終わらないようですが、冬支度を始めました。葉ボタンを作っている知人が葉ボタンをくれるというのですが、えっもう・・・とても冬のような気分になれないと驚きです。気候が変です。やっぱり。
真夏に聞くミンミンゼミはうるさく、夏の終わりに聞くひぐらしにはわびしさを感じていたのはいつの頃だったでしょう。、

[PR]
by nizicanvas | 2014-11-20 22:06 | つれづれ

白駒妃登美さん講演会

明日はいよいよ白駒妃登美さんの講演会。こんな講演会活動を三十年ほどしてきましたが、いつも大変でした。参加者集めは私の力量不足かもしれませんがね苦労せずに開催したことはありません。いつもいつも・・・。もうこれで終わりにしようと思いつつ、「よかった。ありがとう」の声にほだされて、人生の大半をこうした活動に費やしました。それはそれでよかったと思いますが、今回も人集めには苦労しています。
せっかくの素晴らしいお話、少しでも多くの方に聞いていただきたいという熱い思いがあればこそ続けてこれた人集めです。
それにしても白駒さんの体験や研究、そして人生観はすごい。今日届いた白駒さんの新刊〘愛されたいなら 日本史に聞こう」の中身の素晴らしい事。歴史上の人物の素晴らしいエピソードを自分の言葉で語っている内容、その内容の素晴らしさ。50歳という若さでこのような考えに至り、表現できることになんと素晴らしいことでしょう。
ただただ敬服するばかりです。明日は絶対に素晴らしい講演会になると思う。
たくさんの方が来ていただくことを祈るだけです。

[PR]
by nizicanvas | 2014-11-20 19:09 | 行事

歯の治療完成

腰痛の次は歯の話。かなり以前に神経をとった歯がとうとうダメになり、かぶせていたものを取って、わずかばかり残っていた歯のかけらも抜いて、治療に入りました。といってももう治療もできず、取った後は前後の歯をつないで新しい歯を入れるだけ。
それを完成させるのに三カ月近くかかりました。傷が癒えるのが二か月、その後型を取って、歯を入れるのが二週間。
長い間、良い方の歯の右だけで噛んでいました。抜いた後に仮の歯も入れていたのですが、そこで噛まないようにわざと低くしていたのです。ですから本当にかめませんでした。左右の高さが違うと、ほんのわずかな違いでもかめないものです。物が食べれないものです。そして食べ物を味わうことができないのです。かんでいても違うのです。どれほどまともに歯があるという事がありがたいことか、身に染みましたが、時すでに遅し、私の歯はあちらこちら治療した歯ばかりです。長く生きれば総入れ歯かも。お産の時いつも歯の治療をしていましたから、やっぱり妊娠と歯は関係していたのかと思います。
さて、歯医者さんの腕は本当に魔法の腕です。小さな口の中の小さな歯をちょうどいい形に成型するのです。左右がぴったり同じように作るのです。機械を使って、何回かやり直して、そしてぴたっと合うのです。すごい技だといつも感心していますが、今回もそのすごい緻密な技術に感心しながら治療を受けていました。本当に感謝です。歯医者さんがいない時代って・・・大変だったと思う。まあ虫歯になるほど物は食べれなかったかもしれないけど。でも縄文人には虫歯が多いんだそうです。肉を食べるようになって虫歯が減ったと考古学者の方はいっていますが・・・。
とにかく、歯医者さんと歯に感謝です。毎日働いてくれる歯のお陰で生きていくことができます。私は昔から津山市の平歯科に行っています。親子代々です。

[PR]
by nizicanvas | 2014-11-19 23:27 | 健康

歯の治療完成

腰痛の次は歯の話。かなり以前に神経をとった歯がとうとうダメになり、かぶせていたものを取って、わずかばかり残っていた歯のかけらも抜いて、治療に入りました。といってももう治療もできず、取った後は前後の歯をつないで新しい歯を入れるだけ。
それを完成させるのに三カ月近くかかりました。傷が癒えるのが二か月、その後型を取って、歯を入れるのが二週間。
長い間、良い方の歯の右だけで噛んでいました。抜いた後に仮の歯も入れていたのですが、そこで噛まないようにわざと低くしていたのです。ですから本当にかめませんでした。左右の高さが違うと、ほんのわずかな違いでもかめないものです。物が食べれないものです。そして食べ物を味わうことができないのです。かんでいても違うのです。どれほどまともに歯があるという事がありがたいことか、身に染みましたが、時すでに遅し、私の歯はあちらこちら治療した歯ばかりです。長く生きれば総入れ歯かも。お産の時いつも歯の治療をしていましたから、やっぱり妊娠と歯は関係していたのかと思います。
さて、歯医者さんの腕は本当に魔法の腕です。小さな口の中の小さな歯をちょうどいい形に成型するのです。左右がぴったり同じように作るのです。機械を使って、何回かやり直して、そしてぴたっと合うのです。すごい技だといつも感心していますが、今回もそのすごい緻密な技術に感心しながら治療を受けていました。本当に感謝です。歯医者さんがいない時代って・・・大変だったと思う。まあ虫歯になるほど物は食べれなかったかもしれないけど。でも縄文人には虫歯が多いんだそうです。肉を食べるようになって虫歯が減ったと考古学者の方はいっていますが・・・。
とにかく、歯医者さんと歯に感謝です。毎日働いてくれる歯のお陰で生きていくことができます。私は昔から津山市の平歯科に行っています。親子代々です。

[PR]
by nizicanvas | 2014-11-19 23:26 | 健康

九割の腰痛は自分で治せる

というタイトルの本があります。「九割の腰痛は医者なしで治せる」という本もあります。その本を図書館で借りて、三月に腰痛手術を控えている私は最後の悪あがきでも、とインターネットで調べてみました。というのも腰痛で苦しんでいる私はどれだけいろいろな治療法を試みた事か、どれだけお金をつかったことか。もしやもしやの思いで、藁をもすがる思いで、探してみました。ありました。かなりたくんの情報が。坂戸孝志という人が指導者です。15年前、事故で寝たっきりになったことで発見した方法です。腰痛緩消法という方法です。本の説明だけではよくわからないので早々に実際に学びに行きました。昨日一日中神戸で講習がありました。説明と指導でした。痛みもしびれもすべての辛いことは腰の筋肉の緊張にあるという事で、腰の筋肉を柔らかくする方法です。説明も納得しました。やり方もとても簡単。でもそれをマスターするのは難しい。難しいといわれています。やり方がとても細かで、その通りにして成果を出すのはかなり難しいと私は正直思いました。
しかしそれで治っている人もいるというのですから、道具もいらないし、ある程度の方はちゃんと講習を受けてマスターしたらいいかと思います。しかし私にはもう遅いような気がします。
整体、東洋医学の人は手術も薬も否定されますが、私もそれは納得もしますが、ただ全面的には否定できません。手術で助かった人もいるし、薬で救われている人もいるし、
その方法で私の腰や首の手術をしなくてもすむなら、そうしたいけど
無理な気がします。いろいろなことを試してみて、脳神経外科の手術を受けることにしたのですが(三月まで今予約待ちです)、やっぱり不安で、いろいろな迷いがありますが、この痛みと使いにくさには参っていますから・・・・。もし手術をしても自分の体のケアーに役に立つ方法かなと私は勝手に思っています。

[PR]
by nizicanvas | 2014-11-17 21:53 | 健康

育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas
プロフィールを見る
画像一覧