<   2014年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ランタナの花

夏の終わりというか、もう秋たけなわの時期ですが、ランタナの花がとても綺麗に咲いています。高級そうな、難しそうな南国の花っぽいのですが、意外と育て方は簡単。というか植えて、お水を与え、時々追肥をするだけ。とても強い花。日本名は「七変化」、ヨーロッパは西洋アジサイだそうです。
本当に七変化のようないろいろな色の可愛い花です。短いので小瓶にさしています。とても素敵です。
南米が原産地らしいですが、種類は随分あります。それぞれの色がとても素敵で、可愛い花です。
夏の初めから晩秋まで咲きます。短く花をきってやると何回も咲きます。挿し木もできるということで、してみました。意外と簡単と聞きますが、さて、どうでしょう。
寒さに弱いので、十二月には散髪をして、ナイロン袋を二重にしてかぶせ、太陽の良く当たる場所に置きます。それが大変です。
[PR]
by nizicanvas | 2014-09-30 19:08 | 旅、食、生活、店、趣味

津山市のウクレレ教室

ウクレレサークルのご案内 
毎月二回 行っています。
開催は木曜日と月曜日から二日選びます。午後1時 ~ 3時過ぎ
指導は粉川先生。参加費は会場費含めて1100円。
とても楽しい先生です。おしゃべりと演奏が大好き。なんでもすらすらと弾かれます。
時に厳しく真剣に指導してくださいますが、とても優しい、話しやすい先生で、楽しく学んでいます。
毎回やさしい童謡や唱歌からコーヒールンバ、カイナマヒラ、花は咲くなどという難しそうな曲もしています。
八月には倉敷の演奏会に参加しました。上手な人もいますが、私のようにまだ音が綺麗に出ない下手な人もいます。でもウクレレは私でもなんとか格好になるのが不思議です。適当に引いていても大丈夫なところもあるのです。三年前から始めました。
主催は津山モラロジー女性クラブのサークルですが、どんなでも参加できます。最近ギターを習いたいという男性が仲間に入りたいと言っています。大歓迎です。場所は津山市高尾。津山線佐良山駅隣です。
ギターもウクレレもコードは一緒。楽しい会になりそうです。
問い合わせは 電話 0868-28-6498 津山モラロジー事務所。
[PR]
by nizicanvas | 2014-09-28 23:21

かわりパイの紹介

今回は私が考案したパイを紹介します。かぼちゃのシーズン。かぼちゃパイを作ろうとかぼちゃのアンを作りました。ところがパイの皮が少ししかありませんでした。代わりに冷凍庫にはケーキの生地が半分ありました。ケーキを焼いて冷凍庫に保存していたものです。(三枚に切った薄いケーキを多様に利用)
パイ皿の下にケーキの生地を置いて、その上に潰したかぼちゃをたっぷりとのせます。その上に伸ばしたパイ近似をのせます。そして焼きます。
下にパイ生地を使うよりも焼きやすいし、油分が少なくて、油っぽいものがこたえる母も楽に食べれました。
ケーキの生地は冷凍庫に入れておくと便利です。
[PR]
by nizicanvas | 2014-09-28 14:42 | 旅、食、生活、店、趣味

台湾で一番愛されている日本人・八田與一

昨日は歴史講演会があり、「八田世與一」でした。八田與一は戦前台湾のダムつくりに命をかけて頑張った人です。台湾では神様のように大切にされている方ですが、日本人は知りません。知らないのも当然、教えられていないのです。台湾は疫病も流行り、文明の外の場所ということで「化界の地といわれていたのです。日清戦争で負けた中国は手に余る台湾を日本に譲ったのです。それで日本が統治したのですが、台湾を文明国としてよみがえらせたのが、児玉源太郎をトップとした統治チーム。後藤新平等素晴らしい能力のあるメンバー。インフラ整備を任された八田が精魂尽くして取り組んだのがダム。そのダムのお蔭て台湾はお米がとれるようになり、その恩恵は素晴らしいものが生れました。
八田は今でも毎年台湾の人によって慰霊祭が行われています。このように素晴らしい誇りある日本人を知ることは素晴らしい生きた道徳教育になります。偉人である先人に学ぶという、お手本さがしの教育を充実させることが日本の国の再生になると思います。
この会の主催は平成ビジョンの会、もう二十年以上も毎年年二回開催しています。講師は岡田幹彦氏。分かりやすい講義で、いつも楽しみです。
[PR]
by nizicanvas | 2014-09-28 13:52 | 育児、教育、マタニティー

青虫にやられた夕顔

毎日楽しんでいた夕顔の葉が大きな虫にむしゃむしゃ。どうやら青虫、ガの幼虫らしい。初めてのことです。
最近葉がなくなっているので、今年は早く駄目になるのかなと見ていたのですが、なんと大きな、気持ち悪いほどのよく太った虫、青虫らしい。蛾の幼虫しらい。よぼと美味しいのでしょう。青々としたたくさんの葉が食べられてしまいました。最近LEDの明るいライトを照らすようにしたのですが、それも関係あるのか、ライトがよく当たっている場所がひどく、当たっていないところは無事でした。しかもライトアップをしていない裏や表の夕顔は虫がついていません。
虫の排除の薬をかけましたが、もう遅い!!! とても残念なことをしました。こんなことは初めてです。母は花を植えるとき、虫予防の薬、「オルトランDX」を蒔いておくとよいといいます。次回からはそうすることにしました。
でも十五年以上植えているのに初めてのできごとです。土に卵がいたのだといわれましたが、買った花の土ですが、他のにそれがないということは、やはりライトアップの光を近くに置いたために光が強すぎたのかなと思います。それにしても丸々太った肥満児の青虫でした。
[PR]
by nizicanvas | 2014-09-28 13:35 | 旅、食、生活、店、趣味

憲法改正の話

今日は熊本の多久氏から憲法改正の必要性と集団的自衛権についての話を聞きました。とてもむよくわかる普通に考えて納得いく話でした。
集団的自衛権とは、みんなで助け合って自分の安全を守るということです。一人では守れないからみんなで守るわけです。今の憲法では隣の人が襲われても自分に被害がなければ抵抗してはいけないのです。
イラクの復興支援の時、日本はオランダ軍に守られながら復興支援をしました。そのときイギリス人が襲われ倒れましたが、日本の自衛隊は助けることはできないので、オランダ軍に連絡して助けてもらったのです。それっておかしいことです。今外国には旅行客も含めて150万人くらいの日本人がいます。何かあっても日本の自衛隊は助けることができないのです。他の国に頼んで助けてもらうのだそうです。
イランイラク戦いの時、そこにいた日本人は日本からの助けがなかったので自力で他国へ助けを求めて脱出したのだそうです。平和は世界レベルで考えなければならないのです。
集団的自衛権が認められても、他国へ戦争をしにいくというのは左翼の出したデマ。戦争をしにいきたくない自衛隊員がやめて自衛隊員がいなくなるので徴兵制になるというのも左翼の真っ赤なウソのデマ。集団的自衛権が決議されても自衛隊の方はやめていないし、今自衛隊員になりたいという人は増えていると言います。災害やいろいろなことの救済の仕事がしたいというとても素晴らしい若者が増えているのです。
憲法改正は時代に合わせて、柔軟にしなければ、憲法死守の為に国が亡び、民族が亡ぶ事態になりかねません。世界の憲法は設定以来何回も変わっています。国民の幸せの為に、みんなで考えて時代にあわせて変えなければならないのです。特に環境問題、家族問題、災害問題、非常事態にどうするかを考えなければ今の憲法では機能しないことがあまりにも多いことを知りました。みんなで憲法について勉強する機会を作りたいものです。多久氏の話は本当に心に響くものでした。女性部では昼の部で河原操子さんのことを学びました。彼女は日露戦争の時、内蒙古のカラチン王家から招かれてたった一人で現地に行ってモンゴルの女子教育に尽力された方です。明治の素晴らしい女性を学びました。
[PR]
by nizicanvas | 2014-09-22 22:17 | 時事・経済・社会

夕顔の話

昨日地方新聞津山朝日新聞社から夕顔の取材を受けました。そして早々に今日の夕刊に載りました。
綺麗な夕顔の宣伝ができて有難く思いました。夜咲く花もあっていいと思います。まるで眠らない都会を象徴しているようですが、夜の寂しさをやさしく癒してくれる花かもしれません。
新聞社はヨルガオと書いていました。どちらでもいいらしい。家々の軒先に夕顔が広がったら嬉しいです。
[PR]
by nizicanvas | 2014-09-22 21:58 | 旅、食、生活、店、趣味

夕顔は日除けにもってこい

またまた夕顔の話。近所の人から来年は日除けに夕顔を植えますといわれました。その方は朝顔を植えていたのですが、朝顔やゴーヤは早くから枯れてしまい、日除けにならないということです。ならないので゛はないと
思いますが、たしかに夕顔は葉も大きいし、よくしげるし、そして期間が長い。
我が家の夕顔の西側のはまだまだ青々として葉も花もびっしり。みごとなものです。
朝顔は朝顔で素敵ですが、陽射しよけには夕顔の方がいいかもしれません。しかし夕顔の根元は太陽にぎらぎら当たらない方がいいかもしれません。
我が家では最初は北側のほとんど日の当たらないところ、塀のそばに植えました。見事によくできました。
そして東の塀のそばに植えました。そこも見事です。昨年は南側の庭に植えました。よくできました。そこはあまり日がよく当たらないところです。今年は日の当たらない西側と塀の外の太陽ぎらぎに当たるところに植えました。あまりに強い日差しが根元に当たるのはよくないかもしれないと思います。みすぼらしい夕顔で、一緒に植えた朝顔より貧弱になりました。西側の夕顔は隣の家の陰になり、塀の陰になって日の当たらないけどとにかくみごとです。15本程植えた夕顔から毎日三十個くらいの花が咲いています。
ところで夕顔というとあの源氏物語を思い出す人がいますが、あのイメージからは想像できない豪華さです。
聞くところによると源氏物語の夕顔は干瓢が取れる花らしい。このあたりでは最近は干瓢を作っている人はいないと思いますが、昔おばあちゃんが干瓢を作っていました。薄く皮を剝いて干していました。それが弱弱し夕顔の花です。今咲いている夕顔は豪華で、どこか憂いもあり、とてもロマンチックな花です。香りもロマンチックです。今日も三十個ほどの大輪の夕顔を堪能しました。蚊さえ出なきゃいいのですが。
[PR]
by nizicanvas | 2014-09-21 22:59 | 旅、食、生活、店、趣味

御津町

今日私は御津町のモラロジー講演会の講義をさせていただきました。場所は御津町の郷土資料館。資料館を見物する時間はなかったのですが、そこの会場で講演とお食事をしました。その場所は武藤家のお屋敷跡です。それをとても上手に生かしたたいものと庭に感動しました。会場は百人位の階段状の席がある落ち着いた場所。講師控室がすぐ裏とかとても便利な作りにしていました。控室は狭い場所でしたが、数人はゆったりと座れます。そこから見る庭は京都の竜安寺のような簡素な石の庭。久しぶりに落ち着いた雰囲気を味わいました。御津町は津山と岡山の間の場所。いつも素通りです。昔風の街並みが続いていて、きっと楽しい探索ができるかなと思いました。そこは吉行あぐりさんの出身地です。俳優吉行和子さん、吉行淳之介氏の母君。高齢まで美容院をされていて、朝ドラ「あぐり」の主人公でした。講義はうまくいったと思います。時間をみながら大切なことを、お伝えしたいことをまあまあお伝えできたと思います。高椅子を持参して座らせていただくという失礼なことでしたが、まあお許しをいただいて。
[PR]
by nizicanvas | 2014-09-14 22:39 | 旅、食、生活、店、趣味

夕顔の香り

やはり秋になると夕顔がとてもよく咲くので毎晩夫婦二人して夕顔が気になって見るに出ます。夕顔を間近に見ていてもにおいには気づきませんでした。今年はトイレの窓にかかるように植えました。トイレの窓をあけるとほんのりと夕顔の香り。ほんのりです。それがとてもいい感じです。夕顔にこんないい匂いがするなんて気づきませんでした。今ライトアップしています。かすかな光ですが、それでもそばを通る人がライトアップしていると言って通っていたのがトイレの中で聞こえました。嬉しくなりました。
ライトを消しても暗闇に白い花は浮かびとても幻想的です。あまりにみごとな花なので花を取って花瓶にさしました。でも一時間も持ちませんでした。夕顔は取ってはいけない花です。紫蘇科の花のユリウスという名の花は花瓶に挿してとてもよく持ちます。今まっかな葉を花瓶に挿しています。ついでの話ですが、ユリウスという花はとても強いものだと初めて気づきました。売れ残った安売りのユリウスを鉢に植えましたが、どれもりっぱに成長しています。私は売れ残りの安売りの花を育てるのか゛うまいのかもしれません。意外と
[PR]
by nizicanvas | 2014-09-14 22:25 | 旅、食、生活、店、趣味

育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas
プロフィールを見る
画像一覧