育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas

<   2014年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ケイトウの花

この年になってケイトウの花を見直しています。昔からあった・・・どちらかすといえば安っぽい花と思っていたケイトウの花。昨年なぜか裏庭の片隅に、本当に片隅に種を蒔いてみました。そしたら秋頃にとてもきれいな燃えるような赤い花が咲きました。来年はたくさん植えようと思いました。以前母がケイトウの花が綺麗に咲いているといったとき、私はあまり関心を示さないでいました。綺麗だったけど・・・。そのことが悔やまれています。今頃になってケイトウの見直しです。母のところは種が落ちて毎年咲いて色があせてしまってきたようです。
今年一袋蒔くとたくさんの苗ができ、夕顔と一緒にみんなにあげました。我が家でもいたるところ植えました。今ケイトウがとても綺麗に見事に咲いています。今年は表の庭にずらりと植えました。せっかく苗ができたのだから、他の物を買わないでケイトウを植えたのです。背も伸びて見頃。来年はもう少し密集して植えたらいいかなと思っています。来年は種が落ちるかな。今年は千日紅という赤い花もたくさん植えました。昔からあった花に目が行くのです。不思議です。
[PR]
by nizicanvas | 2014-08-30 23:31 | 旅、食、生活、店、趣味

自転車で旅行

信号待ちをしていたとき、となりの車線で信号待ちをしていた自転車の男の子。自転車には寝袋やいろいろな荷物が積んであったので、話しかけてみました。聞けば愛媛から来たといいます。短い時間でしたが、気をつけてねと励まして分かれました。いまどき勇気のある子だなと感心しつつ、無事な旅行を祈りました。私の知人は定年退職をしてから、その記念に自転車で日本一周をしました。その話を聞いたことがあります。素晴らしい体験だと感心しながら聞いたものです。そういう体験をした人は強いなと思います。ちょっといい話!
[PR]
by nizicanvas | 2014-08-26 23:33 | 旅、食、生活、店、趣味

ウクレレ 倉敷で演奏

実は私はウクレレを習っています。以前からお琴をしていましたが、お琴は大きくて持ち運びが不便。三味線なら持ち運びが簡単でみんなの中で歌の伴奏でもできるんではないかという理由で(三味線の音が好きなのですが)60才前から始めました。ところが三味線は楽しい音ではないし、みんなの中で伴奏ができる曲はほとんどありません。そんなところにウクレレの先生と縁があり、サークルでウクレレをすることになりました。ニ年前かな。童謡や唱歌、日頃皆さんが歌う時伴奏ができると楽しいと思って始めました。ところが意外と難しい。それでも続けているとなんとか出来るようになりました。中に熱心な人が数人いて、その人たちに引っ張られるように倉敷の演奏会に出ようという事。曲はコーヒールンバとカイナマヒラというハワイの曲。私にはとてもできないと思いましたが、人数の足しにということで下手な私も出ることにしました。あまり迷惑をかけてはいけないと毎日マッサージ機に当たる時ウクレレを取り出し、指の稽古。毎日ひと月以上続けました。体にマッサージ機を括り付けて振動を与える時間、両手があくのでウクレレを弾いていたのです。なんとか指が動くようになり、倉敷のホテルで集まるウクレレの演奏会、同好会の集まりのような会でしたが、皆さんとても上手。
私たちの会も上手に聞こえました。下手な私が入ってもウクレレはみんなですればなんと上手に弾いているよう聞こえるものでしょう。おかしくなる程いい感じで、好評な演奏ができました。そこで一番感動したのはかなり年配の男性たちがトロピカルな服装でとても楽しそうに集まっている事。演奏をしていること。とても楽しい会でした。夏はハワイアンだなと思いましたよ。
先日もサークルで海の歌や夏の思い出を歌いましたが、そんなとき「では伴奏しますね」というわけにはいかないのが残念です。先生はどんな曲でもすぐに伴奏を入れて下さるので、とても素晴らしい!!!
[PR]
by nizicanvas | 2014-08-26 23:26 | つれづれ

中村文昭氏の講演

知人の紹介で少し遠い勝北文化公民館に中村氏の講演を聞きに行きました。主催は津山っ子を守り育てる市民の会でした。なぜ聞きに行ったかというと、以前中村氏を紹介した映画を見に行って素晴らしい人だということがわかったからです。それと共に彼はなぜ多くの人に愛され、頼られるのかを知りたくて、どこにその魅力があるのかを確かめたくて行きました。
PTA関係の主催だけあって夜の出にくい時間でもたくさんの若い人が的来ていました。会場は満席ではなかったけど、車はいっぱいでした。たしかに素晴らしい人。二時間の話があっというまに終わった感じでした。
「人はなんのために生きるのか、人が喜ぶことをすると喜びが自分に来る」という話。氏が体験を通して理解したことを一生懸命話す姿はたしかに感動でした。内容を書けば長くなるのでここでは書けませんが、一言一言が殊勝の言葉です。ユーチューブでも映像は見えるそうです。モラロジーの教えをそのまま実践している人ですが、親しみやすく、温かく、どんな人にも言葉を選んで適切に指導される素晴らしい人だと思いました。
45歳の若さの中村さんは心の荒れた子供達や人生に失敗した人、希望をなくした人たちを元気にしているのです。その活動は素晴らしいと尊敬します。こんな人がいて有難い、日本も捨てた物で゛はないなと思いました。
[PR]
by nizicanvas | 2014-08-22 22:37 | つれづれ

歯も治療

今日は歯医者。私も90歳の母に負けないくらい病院に行っています。目医者とか・・・。情けないことです。
若い頃、年とっても決して医者通いのない健康をと思っていたのですが・・・。
歯は昔から弱く、今本当にまともな歯はありません。なにかの治療している歯ばかりです。四人の子のお産の後必ず歯医者通いが始まりました。歯の質が弱かったのか、それとも歯の管理が悪かったのか。今、右の下の一本の歯の神経をとったところが化膿して、もはや応急処置では収まらない状態になったので、抜歯してブリッジをかけて歯を作ることにしました。歯が悪くなると痴呆も進むらしい、老化も早まるらしい。少しの葉でも大切にしなければ健康に生きていくことができません。最近の子供達は歯並びが悪かったり、奥歯が生えない子が多いといいます。柔らかい見ものを食べる習慣、かまない習慣が板についてきたようで、遺伝子にもそれが組み込まれているのでしょう。孫たちの世代が心配です。
[PR]
by nizicanvas | 2014-08-22 22:18 | 健康

脳神経外科の腰痛出術

済生会病院の脳神経外科へ行きました。 
以前、脳神経外科の先生が腰椎や頸椎の出術についての説明会に行き、大変興味を覚えて、とりあえず一度診察をしてもらっておきたいと思って申し込みをしたのです。やっと予約が取れて、嬉しいような不安なような気持でした。岡山済生会病院でまず受付をした後、そこから依頼書をもって大元駅の近くの岡山療護センターに検査。(そこには大変精巧なMRAの機械があるそうです。療護センターは交通事故で植物状態のようになった人の治療をしている特別な病院で、脳に関しての検査は大変優れているそうです。その機械で腰し首の検査をするのです) MRAの検査で二時間近くかかった。腰が痛い私にはとても苦痛の検査で、途中で悲鳴をあげて、一時休憩を入れてもらって残りをうけたという状態でした。しかも痛み止めを飲んで再度検査に臨んだというありさま。
なにしろ上向きでじっとしているということは私の腰には至難の業。それだけ丁寧に詳しく測定したという事。脳外科の診察の予約時間はすでに過ぎていたけどどうしようもなく、おなかもすいてフラフラで食事をしてから病院について、すぐにレントゲン。ここでも何回もいろいろな角度から受けて、それから二時間くらい待って診察。すでに五時好きでいたと思うけど。検査が遅くなり、一時半の予約がそこになってしまったわけですが、最後から二番目。以前お会いしたことのある中島先生に私の画像をみながら診察や説明を受けました。
結局、首も腰も相当悪くて、良くはならないということ。整形外科ではいよいよ動けなくなるまで手術はしない方がいいという考えのようですが、脳神経外科の先生はとことん悪くなってしまわないうちに手術でよくして、その後の人生を楽にした方がいいという考えた方です。ですから早めに手術をすることを勧めるのです。
それだけリスクは低いという事らしい。整形外科と脳神経外科では手術の仕方が違うのですが、以前それについて詳しく聞い或る程度納得していたので私はするなら脳神経外科の方がいいと思っています。
でも、やはり決断はしにくい。腰はトレーニングによって以前に比べて楽に動けるようになったというと、手術をしてからトレーニングをした方がもっといいのではと先生から言われました。
なるほど・・・。いずれにしても来年三月までは予約でいっぱいということで、しばらく通うことにしました。痺れ予防の薬もいただいたので、ひと月飲んで再度行くことにしました。
先生は首と腰を一度に手術すると手間が省けていいとはいわれますが。まだまだ決断できない状態です。
いろいろと治療して回っていますが、狭窄症は治らないという事は事実らしい。
[PR]
by nizicanvas | 2014-08-19 21:11 | 健康

家族の祭り

お盆や正月などはまさに家族の祭り。我が家でも遠くにいる娘家族も帰ってきました。
今年のお盆も90歳の母もいて、子供家族が全員集まって墓参をし、食事をし、仏送りができました。
祭りには食、祈り、会話があります。それが家族、人と人のコミュニケーションです。人は一人では生きていけません。家族、親族、そして地域社会、面倒なことがあっても助け合って、つながって生きていかなければならないのです。それには日頃からのふれあいが必要。そのふれあいが祭りです。めんどくさい所もたいへんなところもあり、実際にお金もたくさんかかります。でもそれが大切なこと、何よりも大切なことです。そしてそれができることは有難いことです。みんなが帰ってあの賑やかさも消えました。引き潮のようにと静かになりました。
[PR]
by nizicanvas | 2014-08-17 14:05 | 旅、食、生活、店、趣味

片づけ

娘が帰省して夫婦で裏を片づけてくれました。私は気にならないのですが、娘たちは物が多いと、気になっていて、今回は大々的に片づけと配置換え。とても有難いことにすっきりしました。
ぶつぶつ文句をいいながらやっていたと思います。整理してみればなるほどそんな手もあったかとすっきり。
見た目もきれいで、使い良くなりました。最近親の家の片付けという話題が多くなりました。いつか私もこの世からさよならをいうときが遅くないうちにくるかもしれません。そのとき困らないように捨てるものはすてておかなきゃとは思うのですが・・・。まだいるかもという意識と手の付けようがないという意識があって、四十年も生活しているのですから。なかなかできないものです。必要か必要でないかとを基準にして思い切って捨てていかなきゃ・・・。
[PR]
by nizicanvas | 2014-08-17 12:06 | 旅、食、生活、店、趣味

鉄の女 サッチャー

以前から関心をもっていたイギリスの首相マーガレットサッチャーさん。その人の映画を見ることができました。
感動でした。政治的な詳しいことは分かりません。しかし、自国を愛し、筋を正し、正義を貫くあの姿勢はまさに鉄の人。ヨーロッパでは初の女性のトップ。あの女王の国でも女性がトップに立って何かをすること、まして首相として大勢の男性の政治家を引っ張っていくなんて、とても大変だったと思います。その様子が映画でもありありと見せつけられました。でも国の為に信念を通す、卑怯は許さない、不公平は許さない、八方美人にならない・・・とにかくすごいとしか言いようがありません。
労働党が政権を取り、権利の主張ばかりが横行し、人心が乱れ、疲弊してしまっていた国を立て直すという彼女の意気込みはやはりすごかった。全部が全部成功し訳ではないのですが、彼女の指導力でそれでも腐敗していた時代よりは前進した国柄になっていったのです。彼女は教育改革から始めたと聞いています。今、日本は安倍さんが頑張っています。何もかもうまくいくのではありませんが、まっとうな日本人の魂をもった愛国心のある政治家が日本の政治をして、安心な社会を作って欲しいと思います。
しかし物欲、権利主張に染まりきっている日本人も多いようです。その心の建て替えは難しいようです。痛みの伴わない改革はないのですね、誰も辛くない改革もないのですね。
見事な首相のサッチャーさんに心から敬意を表します。信念と勇気と愛で満ちたサッチャーさんのような政治家がたくさん出てきますように。
[PR]
by nizicanvas | 2014-08-12 00:26 | つれづれ

簡単な桃のシロップ煮

安い桃を買ってきて、シロップ煮をしていますが、最近はとても簡単な方法でしています。
インターネットに出ています。桃をよく洗う。ざく切りで種を取る。
シロップを作っておく(5、6個分の桃の量 500ccの水砂糖100ℊを先に煮ておく)
ざく切りをした桃をシロップの中に入れて煮る(時間は15分から30分)
冷えてから皮を外す。
煮た桃を長期保存の場合は冷凍庫で。
切って煮ると鍋が小さくてもよいし、煮る時間も短くて楽です。
まだまだ桃がよく出ています。高級なゼリーになります。
[PR]
by nizicanvas | 2014-08-07 21:23 | 旅、食、生活、店、趣味