<   2014年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

大阪での講演

久しぶりに講演会で講義をさせていただきました。腰痛が悪化しての昨年の八月から講演活動は休んでいます。今年一月依頼があったとき、半年もたてば少しは改善するだろうとお受けすることにしました。予想ほど改善はしていませんが、トランクを杖代わりに大阪まででかけました。不自由はありませんでした。
講義もとても楽しく、私としては満足でした。爽快でした。ただ腰のまがった状態では格好悪いし、心配をかけるので当番はやめた方がいいなと思っています。でも自分の思うことを皆さんに講義ができることはとても有難い事。楽しい事です。幸せなことです。なんとかもう少し格好よくなる様に、改善するように頑張りたいと思います。私は文章に書いたり、話したりして自分の思いを人に伝えるのが使命だといわれていますが、まさにそうだなと感じています。
[PR]
by nizicanvas | 2014-05-29 22:08 | 行事

神話を求めて 久留米に

ことほぎの白駒妃登美さんの講演会が気になっていました。11月に津山で白駒先生の講演会を開くことになりましたが、その前にお会いしたいと思っていました。白駒さんのホームページを開くと講演会が案内されています。そこに神話の勉強会が載っていました。行きたいし、遠いし、お金かかるし、マイナス要因ばかり考えていましたが、チャンスの神様に手をのばして前日の夕方決意して久留米行の切符を買いに行き、一泊で久留米に出かけました。久留米は新幹線のさくらに乗るととても便利。八時に津山を出て12時半に久留米に着きました。一時から五時半までたっぷり神話の話を聞き、神話の素晴らしい内容に心躍りました。お話は白駒さんではなく慶応大学のシステムエンジリアニングの講師、富田先生でした。古事記が教えてくれる幸せな生き方。
古事記が導く幸せに生きる人生訓。古事記の心。なんと面白い説明でした。私もかなり古事記の勉強をしていますが、誰に質問していいかわからない状態ですから、ここでいろいろな質問ができたことも有難い事でした。古事記についてますます学んでいきたいです。
[PR]
by nizicanvas | 2014-05-26 23:04 | つれづれ

神話勉強会

今日からサークルで神話の勉強会を始めました。十年以上も清川妙先生の古典を学んできましたサークルが神話へと移行。ここ数年神話への関心が強くなり、いろいろと本を集めて勉強してみています。何回かよんでだいぶ頭の中が整理されました。
神話がとても面白い。皇后さまが神話は民族の伝承、魂といわれていましたが、日本人の考え方、生き方のルーツがここにあるのです。日本のことを知りたい人は神話まで研究したと言います。スパイもそうです。
そんな日本のことを自国民がしらないなんて情けないです。
講師はいませんが、竹田恒泰氏の神話の本と出雲井晶さんの本を使って、産経新聞の資料とその他いろいろな本を使い、お互いに知っている知識を披露していけば有意義な会になります。実際に今日もそうでした。次回は24日です。その前に縄文時代について学びます。講師は可児通宏氏です。
[PR]
by nizicanvas | 2014-05-22 22:34 | 行事

腰痛改善の努力

一口に腰痛と言っても私のは少しひどすぎます。10センチほどの腰椎の中に二箇所の狭窄症、ヘルニア、すべり、圧迫、つぶれ、よくもまあこれほどそろったものです。治療家の先生方はこれは長年かけてなったものですといわれますが、五年くらい前のレントゲンやMRIでは一か所の狭窄症しかありませんでした。多少加齢も関係しているようですが。ひどい状態がわかったのが一年前。どんどん悪くなっていきましたが、トレーニングなどのお蔭で、改善方向にありますが、人からいかがですかと問われるとぼつぼつですとしかいえません。
最近知人が名医を紹介してくれるという話。よく聞くとその医者は迷わず手術を勧めるほどの名医だそうです。たいていの医者はあれこれといってなかなか手術をしないそうですが、その医者は迷わず勧められると聞きました。私の場合がどうかわかりませんが、薬ではとても治せないので多分手術だろうなと思います。でも私はとても手術をする気にはなれません。手術で成功している知人もいます。ただ私のように多種類の障害をもっているかというと疑問です。もし失敗したら動けなくなるのではないかと不安です。ですから今までの医者は神経障害が出て、動けなくなったらいらっしゃいでした。だから医者は頼れないなと思っていました。
毎日少しずつのリハビリ、トレーニング、そして今は三人の治療家にお世話になっています。一人は岡山のなお治療院、カイロのような仕方ですが、先生の言葉を信じて頑張ってかよっています。一人は夫がテレビで見つけたAKAの治療。岡山市のこたけもの整形外科です。整形外科にしては珍しく先生が仙骨を緩める治療をじきじきしてくれ、それだけです。薬も何もだされないという珍しい整形外科です。戦犯もした後多少いいような気がしました。そして家に来てくれる青木さんという治療家。筋二点療法という筋肉の活性化です。お金もかかりますが、なんとかもう少し改善したいと思って頑張っています。私が治ったら本が出せるよねと夫に話しましたが、治るとはいえませんが、もう少し楽に動けて、もう少し痛みがなくなると嬉しいです。ただ最近ウォーキングがしやすくなったように思います。狭窄症で苦しむ人は多いらしくよく本が出ています。あまりあてにならないように思いますが。
根気よく、こつこつと・・・改善したいものです。
[PR]
by nizicanvas | 2014-05-18 22:26 | つれづれ

孫と共に

近くに住む3歳の孫が一人で我が家に来ます。今日は3回も来てくれました。物を届けてくれたり、夕方には頭にライトをつけてきました。「危ないからライトつけてきた」、初めてのお使いの気分です。斜め前くらいの近さですが、近くにいるからこそ味わえる幸せです。7人の孫たちの成長を目にしながら暮らしている自分は一生のうちに今が一番幸せな時かもしれません。子供を育てるのは大変だけど、お金もかかるけど、好きなことができないときもあるけど、その何倍もの幸せを感じ、メリットがあります。少子化といわれる今日、自分だけの幸せを満喫する教育ではなく、結婚して子孫をつくることは人間の義務、この世に生まれた自分の使命と思えるような教育をしなければならないと思います。そのことの大切さと喜びを人間教育の中に入れていかなければならないと思います。
[PR]
by nizicanvas | 2014-05-17 21:43 | 育児、教育、マタニティー

花盛りの我が庭

腰痛があるのですが、花つくりがやめられません。年をとったということでしょうか、以前より花つくりに精が出ます。地面に座ったり、時々腰を伸ばしながら、こまめに花育てです。四月末から夕顔、朝顔、ひまわり、その他、花の種を小さなポットに一個ずつ入れて育てています。
夕顔など大きくなってきたので、そろそろ鉢植えをはじめます。今年も家の周りを夕顔と朝顔にいっぱいにしたいと思います。13袋も植えて、たくさんの苗を知人にあげたいと思います。母も10本あげましたる母はいつもたくさんの夕顔を咲かせています。花を種から育ててそれが芽を出すのがなかなか楽しい。苗を植えるよりもさらに楽しいのです。毎日どれくらい芽が出ているかみています。
我が家の庭には先日までボタンがすごかったのですが、今はシャクヤク、バラ、クレマチス、スイトビー、たくさんの花がいっぱい咲いて、他に見に行かなくても、我が家の庭だけで十分なくらい。
今年はじめてあやめが咲きました。大きなジャンボアイリスから可愛い忘れなぐさ、花をみているととても幸せです。
[PR]
by nizicanvas | 2014-05-17 21:33 | 旅、食、生活、店、趣味

単調な牛窓の観光

久しぶりに牛窓。日本のエーゲ海でゆったりとした時を過ごしました。リマーニホテルにはけっこうお客様がいらしていたようですが、以前とあまり変わりないようです。
外国人のお客はあまりいません。こんなにいいところなのに残念ですねと話しました。日本では今外国人の観光客が増えているのに瀬戸内は増えていないのでしょうか。こんなに素晴らしいのに残念です。
でもちょっとPR努力がたりないかもしれません。そして海だけでなく、花とか美味しいものと科、いろいろと旅行者がとびつくものを作る必要を以前から感じています。
海以外楽しみがないですから。季節ごとに咲く花とか、ここでしかとれない果物とか。お魚の安売りとか、いつもとても静かで上品といえば聞こえがいいけど、つまらないかも。
ゆっくりが目的の私にはいいのですが、もう少し目の保養も欲しいものです。
[PR]
by nizicanvas | 2014-05-15 23:40 | 旅、食、生活、店、趣味

集団的自衛権の拡大解釈

今日のニースはこの話題が大きく出ていましたが、私は安倍さんはやるなと応援したいです。あべさんは丁寧によく説明されていたと思います。反対の人たちは何が何でも反対ですから、どんなことをいっても賛成することはないでしょう。しかしよく考えると、このままでよいはずがありません。世界の国々が他国への侵略をしないと誓うなら別ですが、ソ連と中国の行動をみても、毅然とした威力をみせないと抑止力にはならないようです。先の戦争をすべて日本の侵略、犯罪行為と考えている人たちは、抑止力をもつことすら戦争への道と叫んでいます。冷静になって、良く考えたら分かるはずですが、分かることを拒否している人たちを相手にしていたら何年たっても前進しないでしょう。やがて中国の武力を許してしまうでしょう。残念ながら人間の歴史は戦争なしの歴史ではないのです。むような戦争を防ぐためにも現実的な議論をすべきだと思います。
[PR]
by nizicanvas | 2014-05-15 23:33 | つれづれ

ご飯入りのパンつくり

ここ数年パンつくりには必ず残りご飯を使います。一割から二割くらいいれます。先日まったくご飯がなかったのでご飯を入れないで作りました。いつもの自慢のパンになりませんでした。ご飯を入れると少々発酵が悪くても、よいのができます。さらに柔らかさのもちがよいのです。
ここ数年とてもいいパンができていたのは私の腕がよいのではなく、ご飯のお蔭と知りました。あらためてご飯の威力に驚き、ご飯に感謝です。パンつくりには残りごはんが不可欠です。
[PR]
by nizicanvas | 2014-05-06 23:36 | 旅、食、生活、店、趣味

春巻き

筍のシーズンになると春巻き作りが忙しくなります。一年中作れるように筍は湯がいた後、千切りにして砂糖をまぶし(一割くらいの砂糖かな)冷凍庫に保存していますが、やはり今の時期は新鮮な筍が使えるのでよく作ります。その材料は春巻きの皮10枚分。豚バラを二割くらいの薄切り豚肉100グラム。筍80グラム、干しシイタケ40グラム、キャベツ120グラム、ピーマン。その中に人参やもやしもいれてもよいのですが、野菜を増やせば10枚以上の皮が必要です。
コツは豚肉を千切りにして卵1個、醤油小さじ一、酒小さじ二、塩コショウ、片栗粉小さじ4入れて先に混ぜておきます。熱湯を沸かし、調味料を混ぜた豚肉を入れて湯通しします。その後野菜をさっと湯通しします。
湯通しした材料をフライパンで混ぜ合わせます。肉と野菜が混ぜる時、調味料も入れます。(醤油、塩コショウ、ダシ、片栗粉、ごま油)。その野菜の粗熱を取ったものを皮に包みます。160度で軽く揚げます。食べる前にもう一度高温でからりとあげます。テレビ番組で知った作り方ですが、美味しいので今や私の自慢料理です。
何年も何回も作っているうちに適当になって時々失敗します。それはまず水分が多くなって揚げるとき皮が破れやすくなることです。一度にたくさん作るので肉を切るのが面倒でフードでミンチにかけましたが、千切りの方が味が良いと思います。湯通しをしているので野菜をいためすぎないように多少のしゃきしゃき感は必要です。千切りのタケノコは多い方がしゃきしゃき感があります。豚肉は徳用のソギリ肉を使えば、豚ばら肉は入れなくてもよいと思います。揚げるとき皮を破かないように大事に扱う必要があります。
肉や野菜を湯通した後のお湯はスープにしたらいい。
具が余ったら、卵焼きなどに使えますが、それだけを冷凍保存できます。皮に包んで冷凍保存はしない方がよい。材料のしゃきしゃき感を残すこと。皮が破れないように冷めた具を使う事、水分を多くすると皮が破れやすい。もやしを入れるときは特に注意。そのことを守ったらとてもいい美味しい春巻きができます。
[PR]
by nizicanvas | 2014-05-06 23:31 | 旅、食、生活、店、趣味

育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas
プロフィールを見る
画像一覧