<   2014年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

欲をすれば身の破滅

こんなことは小さなうちからしっかり教えておかなければならない話。お金は魔物なのでしょうか。
猪瀬さんにしても、渡部さんにしても、なかなか筋の通ったしっかりした人だ。毅然と悪をみつけて、改革に取り組む人というイメージをもっていましたが、なんと情けないことでしょう。
世の中の政治家、実業家、みんなもっと襟を正して、清く、潔く生きて欲しいものです。
地位が上がればお金の価値は低くなるのでしょうか。残念でならない、恥ずかしいできこどです。
[PR]
by nizicanvas | 2014-03-31 22:27 | つれづれ

桜の季節

いよいよ桜の季節になりました。いつも早い早いといいながら、あまり変わらないのですが、今年はいよいよ早くなって、七日のお花見が心配です。津山のお城跡鶴山の桜は百年以上前、時の市長の福井さんが皆から誹謗をうけながらも「お城を桜の山に」という夢を描いて、お金を集めて、植えてくださったことの恩恵を今私たちは受けているわけです。
桜の季節になると体がうきうきしてきます。でも今年はどれだけ行けるか。昨年はあちらこちらに行けたのですが、それから腰が悪化して、鶴山にあがれるかどうか。なにしろ鶴山のお白に到達するので歩きは厳しい。
我が家の庭にソメイヨシノが一般あります。父が長男の中学入学を記念して植えてくれた木です。27年位くらいになります。ふと気づくとつぼみ、そしてあれよあれよという間にもう7分咲きくらいになりました。一本でも見ごたえあります。
今日は孫と梅の里に寄ってみました。梅の木は何本かわかりませんが、山全体が梅の花。すべて満開でした。白からピンク。そして赤に近い色まで見事でした。
梅と桜を同時に楽しめる日本の春はなんと素敵なことでしょう。
[PR]
by nizicanvas | 2014-03-31 22:20 | つれづれ

ドーナツ

最近ドーナツ作り復活。娘が子供の友達が来るとドーナツを作っている。大好評とか。
そういえば私もかつて子供たちにドーナツを作ったいたもの。そのドーナツはパン生地。パン生地の出来が悪い時は必ずドーナツにしていたものです。ドーナツは決して失敗しないから。しかも美味しい。パン生地のドーナツは油っぽくなくて軽くて美味しい。卵やバターが少ないからでしょう。もっとも嬉しいことにご飯を混ぜるようになってからは一度もできの悪いパンにはならないのです。
さて、そのドーナツをサークルで作ったところ大好評でした。パン生地でつくるドーナツは知られていないようです。こんなに簡単で、美味しいドーナツはないのに。いつものパン生地をつくります。その中にはご飯を入れた方が絶対にいい。やわらかさがたもたれます。一次発酵の後、形を作ってついで油で揚げます。
私のドーナツは丸い生地に指を入れて大きな穴をあけます。それがドーナツの型です。二つをくっつけると油で揚げているとき、離れてしまう可能性があります。編み込みなどをしてもいいでしょう。
パン生地のドーナツのお勧めでした。
[PR]
by nizicanvas | 2014-03-29 00:00 | 旅、食、生活、店、趣味

まんりょう

会報まんりょう350号ができました。今月もしくはっくしながら作りました。今月は「永遠のゼロ」と門田隆将氏の講演「大正うまれの誇りある男たち」の内容、ヘンリーストークスさんの「連合国戦勝史観の虚妄」からとりだして「大正うまれの男たち」を載せました。裏面の3分の2の紙面にまとめて書くということはとても難しいことです。でもその難しいことに挑戦し、まとめることがまた私の勉強です。
伝えたい自分の思いを書いて、配って、載せることができるのはとても有難いことです。これが私の大きな生きがいです。このブログからリンクしていますのでひらくことができます。『津山モラロジー事務所女性クラブ解放まんりょう』に載せています。
[PR]
by nizicanvas | 2014-03-26 20:00 | つれづれ

腰痛治療

私の腰痛はヘルニアから脊柱狭窄症。その他たくさんの病名をもっていますが、特に一年前から症状が強く出てきました。半年ほどさまざまなトレーニングを少しずつしていますが、今は岡山市にあるナミ治療院に通っています。昨年末知人がよさそうだというので私も行くことにしました。遠い昔の古傷が原因だからすぐにはなおらない、一年くらい通ったら杖なしに歩けるようになるといわれて、希望をもって通っています。月一度でいいといわれたのですが、不安と痛みがあったので月二回三か月通いました。以前よりしっかり歩けるようになってきていると自覚しています。痛みやしびれはありますが。
今日は治療の日でしたが、身体が少しずつ変わってきているといわれました。月一度というのが疑問で先生に尋ねると、新しい傷は早いうちに治療した方がいいけど、私のように古いものはゆっくり治療していかないといけないといわれました。月一度で十分だというのです。この治療内容はよくわからないのですが、骨の位置を変えているのだそうです。マッサージというよりカイロかなと思うのですが、とてもやさしい方法で短時間です。それでも知人は状態がよくなっていてとても喜んでいます。私はまだまだですが、期待して通おうと思います。ナミ治療院に孫たちの体が気になっていて孫たちを連れて行って、体をみてもらいましたが、孫たちも一年に三回くらいすればいいといわれます。
遠いし、治療費も安くないので、それは有難い話です。大きくなるうちに少しずつ調節したらよいのだそうです。
[PR]
by nizicanvas | 2014-03-25 22:20 | つれづれ

日本人を勇気づける本

二つあげます。先日大阪の本屋で買った本『英国人記者がみた 連合国先勝史観の虚妄 私の歴史観はなぜ変わったのか』イギリスの有名なジャーナリストヘンリー・ストークス氏。日本に赴任して50年の大ベテランの記者。彼が日本に来て、世界を飛び回るうちに気づいた日本犯罪論の嘘。日本はもっとどうどうと自分の正義を英語で主張をしなければならない、日本犯罪論の嘘を知らなければならないと丁寧に説明している本です。イギリス人がそういうふうに言ってくれるのはとても嬉しい。戦争のこと、戦後のこと、詳しく分かりやすく説明してくれているので、有難い。ここでも白人が黄色人に抱いていた差別意識が戦争を生んだと書いてあります。日本のお蔭でどれだけたくさんの東南アジア、やかでアフリカが植民地から解放される意識を持つことか出来たと書いています。こういう外国人が増えると世界が動く、犯罪国家日本の汚名が解消されるに違いない。800円の本です。
もう一冊は国際エコノミスト長谷川慶太朗氏の本。どういう思想の人かは知っていましたが、本ははじめてです。これを読んでいると日本の国の産業、技術力など素晴らしいものがたくさんあり、世界ではちにほんのその力なくては巨大なインフラ、重工業はなりたたないのだそうです。それの基礎をつくったのが明治の人たち。いやその明治の人を育ていたのが江戸の人たち。つまり日本人はずーと過去からいろいろと工夫、努力を真面目にしてきてよい国つくりをしているのです。いろいろなことに叩かれて萎縮している日本人の気持ちを大きくしてくれる本です。今日読んだ本は『2014年 ~ 世界の真実』です。日本人は本当に自信をもって堂々と自国を誇りにして、一生懸命頑張ったらいいのだと分かりました。
そしてあの不穏な中国、あの国はこのままの形ではおれないところまで混乱と低下をしているのだそうです。それは政府共産党と人民解放軍の関係が敵対しているからです。そういえば何年か前櫻井よしこさんが中国政府は軍の行動の情報を正しくつかんでいないといっていたことがあります。いつ反乱がおこっても不思議ではないくらい混乱しているのが今の状態だということです。ただし日本にはそういう情報を流さないようにしているのです。そして中国に何かあったときは15万人の日本人を救うのは難しいといっています。中国には警戒しなくてならないのです。
反日派マスコミ、知識人たちがのさばる日本国内のいろいろな話題に心が滅入りそうなになるのですが、日本人よもっと勇気を出して生きようと叫びたいです。
[PR]
by nizicanvas | 2014-03-20 23:20 | つれづれ

自慢のパン最高の出来

私の最も得意なことはパンつくりでしょうか。今日もまたパンを焼きました。マーガリンが身体に悪いものということは知っていましたが、パンつくりには欠かせません。バターは高いので私ほどパンを作って配るものにとっては不経済。そこでオリーブ油はどうかと試してみました。
なんと今日のパンはいつも上手なのですが、それ以上にシホンケーキのようなきめ細やかさ。これは牛乳がいいのでしょうか。最近は牛乳の値段の高いのを使っています。その方がきめ細かいパンができます。それともオリーブオイルがよいのでしょうか。腕はいつもと同じです。
ご飯を二割ほど入れたパンです。得意になってまた配りたいと思います。明日までその品質が残っているといいのですが。ご飯を入れたパンは保存性がよいのです。娘もご飯の効用には驚きます。パンで作るドーナツもご飯を入れて作るから品質がよくやわらかいということです。
[PR]
by nizicanvas | 2014-03-20 22:57 | 旅、食、生活、店、趣味

最近のできごと

ストレス解放のスリーインワンの講座に参加しました。ノルデックウォークの杖とトランクを支えに移動です。背中にはリックサック。知らない場所ということは心強い事。津山ではできない格好ですが、平気で堂々と駅や街を歩きました。最近腰痛の痛みも少ないのでとても快適に過ごせました。たまにしんどくなるのは腰痛のせいでしょうか、そんなときは横になって休むようにしていますが、電車の中ではそれができないので辛いことがありました。
ホテル宿泊三日間の間に数冊の本を読み、家事のない日々はまさに優雅でした。本屋にも通いいろいろな本があることを調べて数冊買いました。福井の娘のところにもまわり珍しく長期に家をあけました。
孫の卒園式。娘が着物を着たいというので手伝いました。二年ぶりに着物を手にしたのですが、細い娘の体に着物を着せるのは大変。タオルで補正をして、なんとか上手に着せれました。帯も二重太鼓が上手にできました。他者に着せるのは初めてでしたが、なかなかいい具合にできたと悦に入っています。これなら誰にでも着せてあげることができるなと少し自慢。やはり体験してきたことは強いなと自慢です。
報道ではクリミア半島のこと、安倍さんが慰安婦問題を取り上げないということを言ったことなど不愉快なことがたくさんあります。本屋に行けば私の気分を慰めてくれる反日派に対抗する当たり前の正論の本がたくさんならんでいて、嬉しい気分です。戦後レジュームからまったく脱却できない知識人ばかりがテレでで吠えているのでとてもいやになりますが、最近はそれに対抗する本がたくさん並んでいるので味方を得たようです。
多くの人に読んでほしいものです。本屋では興味深い本にたくさん出合ってワクワクします。津山に帰ってからすることがいっぱいです。
[PR]
by nizicanvas | 2014-03-19 23:53 | つれづれ

父の祥月命日

今日は父の祥月命日。父の法要は毎年しています。父の兄弟夫婦、私達子供夫婦と孫たち夫婦。
お坊さんにお経をあげていただいて毎年しています。そういう行事にはみんなが優先的に集まるので、コミュニケーションになります。祖父母の祥月命日も毎年しています。私はこの頃少し遠ざかり気味です。でもお彼岸とかは欠かさずお参りします。
おばたちおばたちも年を取り、耳が聞こえなくなり、会話もむずかしいところがあります。母もくたびれるといいます。
実は私も動きにくく、情けないことです。でも有難いことに孫たちがバリバリやってくれます。私から言えば娘や息子のお嫁さんです。こうして続いていけることが有難いことだと思います。89歳の母が来年の法事を迎えれるか毎年覚悟です。
[PR]
by nizicanvas | 2014-03-13 23:21 | つれづれ

岡山市のキッズの店

岡山に行ったとき、娘たちが買い物している間小さな孫を連れてクレド四階の子供の遊び場キドキドに行きました。津山でいえばあるねの中のおもちゃ王国のような場所。でも知的にちょっとグレードアップしたというか、おしゃれなというか、ハイクラスの遊び場です。〇歳から12歳まで遊べますが、はやり値段は高い。3〇分6百円。十分超過で100円。一時間だと1100円。たくさんの子供をつれていくには少し高額になりますが、でもなかなか面白い場所です。孫たちは大喜びで遊びました。買ってやりたいおもちゃがいろいろありましたが、今は7人になった孫にやたら買えません。よくよく見学して帰りました。
田舎者には驚くようなお店ですが、横目でチラチラ見ながら一緒に行った女の子の孫が大きくなったら欲しいだろうなと思いました。
クレドは岡山の天満屋、郵便局の前です。
[PR]
by nizicanvas | 2014-03-11 23:31 | 旅、食、生活、店、趣味

育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas
プロフィールを見る
画像一覧