育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas

<   2013年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

一本の歯

お餅を食べていてかぶせている歯が詰め物共に取れました。私はとても歯が弱くて、4人の産後は必ず歯医者通いでした。若い時からほとんどの歯が治療済でした。
取れたのはお餅が悪いのではなく、取れる時期になっていたと思います。かなり大きな詰め物で、私の歯はほんの少し。すぐに次の日の予約をしました。ぽっかり大きな穴が開いているので気持ちが悪かったけど、困りはしませんでした。夜ご飯を食べる頃、食べにくいと思いました。しかしそのうち、物を飲み込むことが困難になり、そして唾までのみこむことが難しくなりました。驚き。一生懸命意識して唾を飲み込んだのです。
残っていた歯が舌にあたって、下の横が痛んできました。そしてついに言葉がうまくでなくなったのです。まるで言葉を話し始めた小さな子供みたい。夫も私も大笑いをしました。あまりに情けなくて。
次の日の朝も同じ状態、ゴーヤジュースをやっと飲んで、歯医者に。もう予約まで待てません。
仮の詰め物をしてもらったらすぐによくなりました。なんということでしょう。歯の一本でそんなことにまでなるのです。指といい、足といい、腰といい、私の体のどの部分も私を私にしている大切な体です。自分の物であっても自分のものではないことをしかっり学んだのです。
[PR]
by nizicanvas | 2013-09-28 23:03 | つれづれ
以前は肉なしのカレーを作っていました。カレーは肉を食べるのが目的ではないから。でもコクがないといわれて、主に牛のすね肉使うようになりました。時にはソズリ、骨のそばの肉をそいだもの。どちらも安い。
玉ねぎをよく炒め、肉は両面を焼くように炒めます。ブランティーをかけて焼くという方でしょう。
そして圧力鍋で軟らかく煮ます。とろとろに圧力で煮た後、人参などを入れてもう一度かるく圧力。
よく煮込んで後でルーを入れます。コンソメも入れます。たいていハウスバーマンドカレーを使います。
すごく好評です。最近牛のにおいが気になるようになりました。においがきついのです。私は鳥は食べないので(家族のためには鳥も使います)、豚にしてみようと肉屋に相談するとバラ肉がいいといわれました。
バラ肉をカレー用に切ってもらって、いつものように作りました。肉だけは圧力はやめました。やわらかいバラ肉が溶けてしまうといけないから。
なんと美味しいカレーができたことでしょう。自分でも「これは美味しい」と自慢。あっさりしていて、コクがあって、これはいけると思いました。カレーで食べて、みんなにあげて、残りはカレーピザ、さらに鍋に残ったものに水を入れてねぎを入れて、カレーうどん。とてもよく合いました。
[PR]
by nizicanvas | 2013-09-26 23:29 | 旅、食、生活、店、趣味

農作業で子育て

福井に嫁いだ娘は農家ではないのですが、山に田んぼがあるため両親と婿さんがコメを中心に農作業をしています。幼稚園生になった息子たちを連れて娘も作業の手伝いに行っているといいます。
元々土いじりの好きな子なので農作業はいやではないらしい。先日は機械が壊れて手で稲刈りをしたといいます。彼女がそこまでするのは想像できませんでしたが、喜んでしているらしいのでそれもいいかなと思います。何よりほほえましいのは両親と一緒に夫婦で農作業をし、子供たちを側で遊ばせることです。子育てにはとてもいい環境だと思います。祖父母との交流のある子は心が豊かに育ちます。それはとても有難いことだと心から嬉しく思います。最近はそんなことさせたくてもなかなかできません。家族で山に上がって、家族で農作業をして、体と心を健康に育ててほしいと思います。娘のブログはこのブログにリンクしています。ほった芋を持ち帰り、いもケーキを作っているのがブログに載っています。
[PR]
by nizicanvas | 2013-09-25 00:23 | 育児、教育、マタニティー

夕顔

今はお月様がまだまだ丸くてとてもきれいな時期です。我が家の庭には夕顔がとても綺麗に咲いています。いつまで咲いてくれるのでしょうかと思うのですが、毎日毎日たくさん咲きます。昨年は11月にも咲いていました。今年はどうでしょうか。昨年よりかなり早くから涼しくなっています。朝顔より長生き。大輪の豪華な夕顔からは源氏物語の夕顔の雰囲気はありません。とてもたくましい豪華な大輪の花です。
[PR]
by nizicanvas | 2013-09-22 22:40 | 旅、食、生活、店、趣味

お月見

今日の月もとてもきれいです。津山市の衆楽公園では、雅な音楽も入ってさぞにぎやかなお月見の会が行われていることでしょう。今年は昨日出かけたのであきらめました。家の周りをウォーキングしながら月見をしました。庭には夕顔もみごとにたくさん咲いています。誰かに見せてあげたい気持ちです。
ふと気づきました。遠くのお月様がまんまるには見えないのです。左目も右目もぼんやりぼやけて丸い形です。去年はどうだったかな。白内障のせいだと思いますが、進んだのかなと心配になりました。一生懸命薬はさしていますが。65歳以上の高齢者が全体の四分の一になったといいます。私もその仲間入りです。孫たちからおばあちゃん扱いされるようになりました。昨日のファミレスの食堂で、お水を取りに行こうとしたら、孫が「僕が行く」と取りに行ったのです。なぜかというと飲める水と飲めない水があって、おばあちゃんは間違うといけないからだといいます。どうして飲めない水が置いてあるのかわかりませんが、なんと可愛いことをいうのでしょう。嬉しいのやら・・・複雑な気持ちで笑ってしまいました。
[PR]
by nizicanvas | 2013-09-20 19:47 | 旅、食、生活、店、趣味

中秋の名月 美星天文台

今夜は中秋の名月の日。津山でも鶴山と聚楽園などで催しがあります。月を眺めながら音楽やお茶席。優雅です。よい行事だと思います。いつも孫たちと月見にでかけます。今回は急に井原の美星町天文台に行くことにしました。若いということはエネルギーのあることと驚きました。家を出たのが5時半。高速を飛ばして現地に着いたのが6時前。結構遠いところです。以前から行ってみたいと思っていましたが、遠くてそのチャンスがありませんでした。今朝のテレビの宣伝で思いつきました。娘や孫たちが行きたいということですぐに話が決まり、突っ走ったのです。
初めてでした。月と星の観測をしていました。結構たくさんの人が来ていました。入り替わり立ち代わり。私たちが帰る8時半ころからも次々と参加者が来ていました。山の中の静かなところです。
いい景色でした。小さな孫たちも喜んでくれたのでよかった。
星がとてもきれいな場所として有名ですが、今日は月の光で星は無理でした。近くに民族博物館のような建物があり、昼間はそちらを楽しめるようです。金から月まで夜入館して夜の観測ができるといいます。
[PR]
by nizicanvas | 2013-09-20 00:15 | 旅、食、生活、店、趣味

過ぎたるは・・・

庭にいろいろな花を育てています。腰の痛い割には花も気になり少し手をかけています。最近水ばかりで肥料をあげていないと思い、鉢の花々に肥料をあげました。ところがそれはよけいなこと。夏の花がもう少し咲くから肥料もと思ったのは大間違い。もう肥料を与えなくていいそうです。そして与えるのならほんの少し,根から離して。ところが私はがばっとひとつかみ、固まっていものですから、根の近くに・・。
せっかく育ててもう一息咲いてくれるはずのブーゲンビリアなどが枯れだしたのです。そしてこれからというデュランタ、私の自慢の5年くらいもたせている紫の小花の花の葉が大きく育ったのに・・・枯れて・・哀れ。
なんということをしたのでしょう。やはり丁寧さが足りない私です。愛情もこんなかけかたでは殺してしまう。人間も一緒かもしれませんが。今まで花つくりは助っ人がいました。むしろ中心になってしてくれていたのですが、あまり頼ってばかりいないで自分でしようと思って、自分でしたのが失敗。でもいい勉強になりました。
これからもあまり助っ人に頼らないで自分で育て管理するようにしなければ、やがて困るというものです。なんでも人に依存していてはいけないことです。失敗しながら花育てが上手になるのですね。
けいとうの花が真っ赤に咲いています。夜は夕顔。可愛い小さな花も咲いています。ひまわりも。
花つくり計画をたてるのは楽しいものです。そろそろスイトッピーの花の種を買わなきゃ。昨年の種もありますが、果たして芽が出るでしょうか。
[PR]
by nizicanvas | 2013-09-17 00:51 | 旅、食、生活、店、趣味

にんにくの話

息子が畑でニンニクをつくってくれてたくさんあるからできる話ですが、そろそろ自家製のニンニクが痛んでくる頃です。そこで保存用を数種類作ります。
1 醤油漬けのニンニク・・・そのままでもいいですが、私はミキサーですりつぶしたもの、フードプロセッサーでみじん切り、ーにして漬け込みます。すぐに使えて便利です。
2 油漬け・・ 同じようにミキサーですりつぶして保存。あるいはみじん切りで保存。
3 みじん切りにして冷凍保存
カレーや肉料理にすぐに使えて便利です。
[PR]
by nizicanvas | 2013-09-11 21:54 | 旅、食、生活、店、趣味

バジルの話

今年もバジルを植えました。昨年初めてバジルを植え、私はそれを生かす料理はできませんでしたが、よく行くにこせらすの奥さんはバジルを使った料理が得意で、美味しいバジルソースを作ります。
裏庭で生えたに等しいバジルを・・種が落ちて次々生えたのです・・差し上げるとバジルソースを作ってくださいました。そのソースの材料などとても手の込んだソースには私はお手上げ。いただいたバジルソースをピザパイなどに使いました。今年も葉をもって行って、手の込んだソースをいただきました。今年は私もニコラスさんをまねていろいろと使ってみました。ゆでたジャガイモやパスタに、パンの生地に巻き込んだり。
そこでバジルの保存の仕方を調べてみました。なんとバジルの葉は冷凍できるのです。ナイロン袋に入れて保存するのですが、使うとき冷凍のままで使うこと、水分がつくと色が変わるので洗わないこと、洗ったらすぐにていねいに拭くこと、などの注意事項が書いてありました。
また、簡単なバジルソースが載っていました。そろそろバジルも終わりですから、葉を全部取ってバジルソースと冷凍バジルを作りました。
バジルソースの作り方  バジル 50グラム オリーブオイル2分の1カップ 塩 小さじ1 ニンニク小さじ2 
 粉チーズ大匙2 以上をミキサーにかけます。
色を変えないために酢をいれたらどうかなと 試食品も作りました。
 小さなジャムの瓶2個分もありません。
[PR]
by nizicanvas | 2013-09-11 21:43 | 旅、食、生活、店、趣味

オリンピック

どちらかというとスポーツにはあまり関心が強い方ではないけど、オリンピックが東京で開催されることが決まってよかったですね。と関係者にはいいたいです。いろいろな意味でみんなが真剣に生きて、みんなが喜んで、みんなが潤うのはいいことです。以前の東京オリンピックの時私は高校三年生だったと思います。受験勉強の時だったと思います。一番印象にのこっていることは大松監督率いるバレーボールが最強のソ連に買ったことです。あの時母がすごく興奮していたのを覚えています。その後鬼の大松監督といわれた監督の本を読んで驚きました。こんな過酷な練習をしていたのかと、回転レシーブを作ったのが大松監督。その回転レシーブをものにするためにどれだけの苦労があったか、言葉にならないくらい驚きました。だからそのチームは東洋の魔女といわれました。
みんながオリンピックを期待しているようで、そのことがよかったと思います。昨日は朝からそんなニュースで、でもいいニュースだから何回繰り返されてもいやではないです、。悲しいニュースを一日されると、恐ろしいニュースを繰り返しされると、情けない国だろうといやになるのですが、こんなおめでたいニュースはいくらでもいいですね。それにしても前回の東京オリンピックが開催されるためにどれだけの人たちの朝と努力苦労があったかを知らされ頭が下がる思いでした。今回のように招致するための苦労、会場すべての開催の準備のための苦労、競技者の苦労。何事も目に見えない多くの人たちの試行錯誤、工夫努力、労力によってなされることを改めて感じ入りました。
何事もすぐにはできないものです。食事を出すのにも、何を提供するにもその陰には時間や労力がたくさん使われていることを感じます。
[PR]
by nizicanvas | 2013-09-08 23:51 | つれづれ