育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas

<   2013年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

食べてもらう楽しみ

一番上の孫が幼稚園に行ってからずーとバザーの時にパンを出しています。
頼まれて。もちろん寄付です。一度出して以来毎年当てにされています。それが本当は嬉しいのです。
今年もその時期が来たのでたくさん作ろうと張り切っていたのですが、いろいろあって作り始めたのが夜の九時前。ホーレンソウ入りとゆず入りを二キロほどしか焼けれませんでした。三回に分けて。結局夜中の二時まで焼いていました。岡山まで車で往復したので疲れていたから、もう眠くて限界とそれだけにしました。
まだまだ作って出したかったのですが。残念! そんなことをする時間が私はとても好きです。体がかってに動いてしまうのです。だからできるのでしょう。女性の社会進出がいろいろといわれていますが、社会進出だけがよいわけではないのです。私のようにバザーに出すパンつくりも社会とのかかわりで社会進出かな?
お金は得れませんが。私も外に向かっていろいろと活動していますが、家の中で家事をするのも悪くない。
最近は体がもたないので掃除はアルバイトの人に手伝ってもらっていますが、いろいろなものを作って食べてもらう楽しみも大いにあるわけです。明日は孫たちが夜ご飯を食べるのでとうとう夕飯の後から夜中まで明日の夕飯の準備をしてしまいました。腰が痛いので椅子に座って料理をしています。
それでも苦ではありません。明日は私がアルネで公開セミナーをするので有夕方が忙しいから今夜のうちに整えていました。それはささやかな喜びですが、意義ある喜びだと思っています。明日は手作りりうどんで煮込み汁、いただき物の魚の煮つけ、孫の大好きなコロッケ。それらの準備を、またパンを焼きながらしました。夕方は座り込んで畑の草取りもしました。草取りも好きです。いろいろなことを考えながら草取りをするのは発想の転換ができます。
[PR]
by nizicanvas | 2013-06-30 00:28 | 旅、食、生活、店

ゴーヤジュース

ゴーヤジュースを毎朝飲んでいます。といっても昨年のゴーヤを冷凍庫に畝存していたものです。ゴーヤをうす切りにして冷凍していました。何しろシーズンにはたくさん寺はいるのですが、なかなか食べれなくて。ジュースにするとよく使えます。ゴーヤ一握り、牛乳1カップ、バナナ半分。これでカップ二杯分はあります。
冷凍のゴーヤがなくなるころ、また今年のが手に入るでしょう。寒くなると冷たいこのジュースはやめです。
バナナも冷凍しているのを使います。体のためにあまりに冷たいのはよくないのですが、熱い時は特に美味しい。
[PR]
by nizicanvas | 2013-06-30 00:09 | 旅、食、生活、店

笑いヨガ

笑いヨガを開催しています。わたしのところに来てくださっている笑いヨガの指導者直原先生はもともと大学のリクレーションの講師。ですからいろいろなことをご存じで、春休みには子供連れのお母さんたちに笑いヨガを取り入れたリクレーションをしてもらいました。
手遊びやゲーム、踊り、その他、そして笑いヨガ。今日はもうすぐ七夕なので、七夕の飾りも休憩時間に作りました。彦星や織姫、とてもゆったりとした楽しい時間になりました。
視野が狭くなっている方が一人参加され、母が誘ったのですが、喜んでくれました。座ってできるのでそんな方も大丈夫。腰が悪く歩くことが辛い私も座ってしています。彼女の旦那さんが笑いヨガに送ってこられましたが、商売の合間に、とても優しくしてあげているのを見て、あんなふうに体をいたわってもらえるなんていいなあとほほえましく思いました。そんな優しい方ではなかったと思うのですが・・。
笑っているようでなかなか笑えない日常生活。私もそうです。
いろいろな作り笑いで心を穏やからする時間、それは筋肉を動かす時間と同じくらい大切な時間です。
笑いヨガ、笑い体操、笑いの輪が広がりますように。久しぶりに七夕を飾りました。
[PR]
by nizicanvas | 2013-06-29 23:58 | 行事

曼荼羅ぬりえ

ヤングママサークル「汽車ぽっぼ」を開催しましたが、今回は元小学校の先生の方をついでに頼みました。
ついでというのがちょうど別な用事で来ることになっていたから。
そこでミュージックパネルシアータをして楽しませてくださいました。歌を歌いながら楽しい話の展開。
私たちはエプロンシアターをたくさん作っていて、それを子供たちにしてあげるのですが、歌を入れたパネルシアターもなんと楽しいことでしょう。
それからまんだらぬりえについて指導をしてくださいました。まんだらぬりえとは初めてのことです。
絵をかくということ、色を使うということは心身の癒し、元気づけにとてもよいことだと知っています。
仏教の教えのまんだらと合わせているということはなんと素晴らしいことでしょう。すでに書いてある絵を塗るというぬりえです。大人にも子供にも大変よい行動だということです。
本も出ています。「子供とお母さんのまんだらぬりえ」とか。正木晃という方の本がお勧めのようです。
今回はお母さんたちにみてもらいたくてビデオも放映しました。「海の武士道」。また広池千九郎 の子供の教育についても少し学びました。今日のお昼のメニューは山菜の炊き込み、ブタまきキャベツ焼き、ジャガイモオヤキ、昆布甘辛炊き、うどん。みんな簡単なものばかり。野菜などはただで手に入れたものばかりです。
[PR]
by nizicanvas | 2013-06-27 23:07 | 行事

お気に入りの写真

以前にも載せた写真ですが、あまりによく撮れているのでまた載せます。直島の海辺でで孫たちが遊んでいる姿です。
e0116341_21423087.jpg

[PR]
by nizicanvas | 2013-06-19 21:42 | 旅、食、生活、店

枇杷

モラロジーの出講で徳島県に行きました。勝浦市ですが、なぜか山の中でした。勝浦あたりになるとたくさんの枇杷が大きな木になっていました。鈴なりです。津山では見られない光景でわあと感動しました。
今が旬の枇杷は、マーケットでは高く、しかも味が今一つ。姿はりっぱですが。でも以前我が家の畑に飢えていた枇杷がなってそれを食べた時、あまりの美味しさに驚きました。数年少しですが、取れましたが。
小さくて種が大きく食べるところはわずかでした。その味の良さを知ってから市販品は食べれません。
そんな体験をもつ私があまりに枇杷のことを感動していたので、お土産にたくさんいただきました。とてもおいしくあれほどなる地区がうらやましい。荷物の中にも入れて送っていただき、みんなに分けました。
e0116341_21372414.jpg

[PR]
by nizicanvas | 2013-06-19 21:37 | 旅、食、生活、店

今蛍が真っ最中

蛍は先週がピークだと思っていましたら、今週もまだまだみごとです。
桜の花や藤の花の鑑賞のように何回も行きたいほたる狩り。
私が行くのは近くの久米の宮部川。今日は先週よりもっとすごかった。たくさんの見学者があまりの美しい蛍の舞に感嘆の声。地区の人々の気の利いた配慮か、車も止めやすくなっているし、川に滑り落ちないようにガードレールに囲いがしています。
竹藪の上に下に蛍が飛び交い、イルミネーションのように光を放ちます。10日ほどの短い命を精一杯楽しんでいるような蛍たち。孫たちも大人も歓声をあげて大喜び、日本の国の幸せを感じます。外国でもいるのでしょうか。タイにいった人はタイの蛍はとても小さな光だったといいます。
来年もまたみんなで見られますように
[PR]
by nizicanvas | 2013-06-12 00:23 | 旅、食、生活、店

語り

読み聞かせや語りにとても興味があります。特に昔話や民話や神話などを子供たちに読んで聞かせてあげたいと思っています。地域とのかかわりはそんなことをしたいと思います。
民話の語りの会があり、知人も出ているので聞きに行きました。
孫を誘ったのですが都合が悪く一人で行きました。しかし、子供は誰も来ていなくて、語りをする人たちの発表の場のようで゛した。とても面白く聞けました。
特に「立石おじさん」といわれる方が総社市から来られていて、うまかったなあ・・・。さすがと感心しながら楽しく聞けました。ホトトギス、ヒバリ、など鳥に関する民話でしたが、本当に上手で素晴らしいものでした。きつた大人気の方でしょうね。
予定していた映画「東京物語」にはいけませんでした。世の中にはなかなか面白いものがたくさんあることを再認識しました。
[PR]
by nizicanvas | 2013-06-09 21:58 | つれづれ

ピクルスにチャレンジ

初めてピクルスを作りました。大好評。
酢・500 水・150 砂糖・150 塩・小さじ一 ローリエ(粉を入れた)・ブラックペパー・赤唐辛子一本。
全部沸騰させます。冷ましてからキュウリ、大根、セロリ キャベツ 人参 レンコン、いろいろ入れた漬けました。数時間で美味しくなります。レンコンが一番おいしいと知人が言っていました。まだ食べていませんが。
みんなから好評で嬉しくなって。今年はキュウリをたくさん植えなきゃと思います他の野菜は生で漬けられますが、レンコンは一度軽くゆでたものを入れます。カリフラワーなどとも美味しいとは聞いたいます。
[PR]
by nizicanvas | 2013-06-08 23:32 | 旅、食、生活、店

神話の里 宮崎県の数々

私は毎朝神様に祝詞をあげています。短い祝詞ですが、それは自分自身の心身の清めの意味からです。
ふと祝詞の言葉「筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原」という地名はどこだろうとパソコンを開いて調べてみました。なんとちゃんと載っていました。宮崎県です。シーガイアのあたりになります。小戸神社や禊をなさったという池やいろいろと神話の話に関係する場所について詳しく載っていました。驚きました。古事記や神話いろいろなことがインタネットで詳しく読めるなんて本当に驚きです。
宮崎県全体が神話と何か関係しているようなところです。その地図も載っていました。その話を夫にするとすぐにテレビのチャンネルを替えて「高千穂、霧島連山」を出してくれました。なんとタイミングのいい話でしょう。BSで日本の名山をしていたのですが、今回は霧島連山、まさに神話の世界の映像の数々でした。
霧島には天の逆鉾という矛が岩山に突き刺さった形のものがあります。それをきれいに見せてくれました。
やっぱり本当なんだと感動でした。深い感動でした。テレビの竜馬伝でその突き刺さった剣を抜こうとしている話が出ていましたが、抜いてはなかったのです。
天照大神から命じられてこの国に降りた瓊瓊杵尊が目印に突き刺したといいます。なんと奈良時代にはすでにあったのだそうです。銅剣のようです。信じられないくらい古い話です。
二年前の噴火で霧島もやられましたが、もうすでに霧島つつじもかなり咲きほこっていました。すごなあと感動です。いい映像を期せずしてみました。神の国日本といいたくなります。腰の悪くなった私はあの山に登ることはできませんが、登ってみたかったです。
[PR]
by nizicanvas | 2013-06-08 23:25 | 旅、食、生活、店