育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas

<   2013年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

観光 直島

やっとパソコンに写真が撮りこめたので連休みてきた景色を載せます。まずは直島から。
e0116341_0154470.jpg
e0116341_0162117.jpg
e0116341_0165065.jpg

[PR]
by nizicanvas | 2013-05-10 00:15 | 旅、食、生活、店、趣味

直島

素晴らしい直島。感動の直島。また行きたい直島。直島について書きます。
瀬戸内芸術祭のニュースが流れるたびにそれらの島に行きたいと思っていました。瀬戸内のたくさんの島のどこにいけばよいかと思っていました。牛窓の近くの犬島もその島の一つです。先日牛窓に行ったときその行き方を調べました。宝伝という小さな港から五分ほどのところに犬島があります。そこも人気があるようです。
しかし渡る回数が少ないのと小さな子を連れていくには船が小さいことが心配でした。
今回の連休を利用して孫たちに瀬戸内の島を知らせたいと思ってに計画しました。いろいろ考えて一番人気らしい直島にしました。まったく様子がわからない中とにかくいってみようと娘や嫁さんとその孫たちで7人が車で行きました。9時前に津山出発、二時間かかって玉野市の宇野港につきました。大きな船着き場でとごにいっていいか戸惑っているうちに予定の11時に乗れず、12時20分のに乗りました。車ごと乗れる大型の船。たくさんの車と人が並んでいました。若い人、カップル、家族連れ、実に様々な人たちが大勢直島行に乗り込んでいました。中途半端な時間でお昼をどうしようかと迷っていると売店のような店の店員さんが直島はコンビニが一軒しかないし、たくんさの人が行くのでこちらのコンビニで何か買った方がいいといわれました。それで港のコンビニで食料を買い込んで、広場で食べました。
そこで聞いた話では直島は駐車場も少ないので車で行くより、向こうで島の巡回バスを利用した方がよいということでした。しかし小さな子供を連れているので今回はとにかく車ごと船に乗って島に行くことにしました。
さて、直島到着。まず有名なベネッセがあるところに車で回りました。途中通りにくいところ、山を超えてアップダウンの道を通りました。通りたくないと思いながら通りました。
きれいな浜辺で孫たち貝を平って遊びに夢中。私はベネッセ美術館の方へ15分くらい歩きました。その途中子供たちが楽しめる広場がありました。またいろいろなオブジェが作られていて、それを見るのも楽しい。
また海や島の様子を見るのも楽しい。ベネッセのホテルもあってなかなかの景観のところです。
そこで楽しんで次は港と反対側の小さな町に行きました。なんとそこではたくさんの食堂がありました。
民家を店にしているところが多く、街並みも京都かなと思うように小さいながら美しく整った街並み。迷路のように道があり、どこを通ってもどこかに通じる小さな町。歩いているだけでも楽しい。民宿もたくさんありました。
私たちはハンバーガーの店に入りました。そこの魚のハンバーガーがおいしいこと。パンも美味しく、ぺろりと食べました。小さな路地の中に猫が好きな人にぴったりの猫レストランがありました。カレーと野菜豚丼など注文してみんなで分けて食べました。
そして4時40分の船で宇野港に帰りました。宇野港に飾られたいくつかのオブジェを楽しみました。なんと楽しい旅だったことでしょうう。孫たちも船にのるのを喜んでくれたし、直島という素敵な島に渡れて感動満足です。そこでいろいろわかったことは、食べるお店はたくさんあること。しかもおしやれ。とても小さな漁村の店とは思えません。よく工夫された店でした。車も自由に動けて便利。しかしどこでもピストン輸送してくれるから歩いて渡ってもよいものです。直島はベネッセができて20年、十年前から観光客が年間30万人になったそうです。最初に行くのは船の便もたくさんある直島がいいかと思います。インターネットで検索すると直島の事はたくさん出ていました。007の撮影もされたのですね。その記念場もありましたが、見る時間はなかったです。
直島だけで十分楽しめます。私は次は豊島に行きたいと思います。豊島も宇野港から出れます。回数は少ないです。孫たちと楽しい1日を過ごしました。
[PR]
by nizicanvas | 2013-05-03 23:08 | 旅、食、生活、店、趣味