<   2013年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

土井鉄板

ここ数年はいつもニコラスに行くので御無沙汰でしたが、今回久しぶりに市内の山下、新開地ビルの前「土井鉄板」に行きました。おいしいお好み焼きと焼きそばの店です。
豚肉のトンペイ焼き、土井鉄板の看板です。それに焼きそばの数種類、ニンニクと春菊の焼きそば、カレー厄そば、明太子焼きそばなどは抜群です。その他いろいろな種類があります。店は狭いし、いつもいっぱいなので予約して確認した方がいいです。
そして少しは注文しておくとあまり待たないですみます。なにしろ店主さんが一人で焼いているので、注文が遅いと出てくるのが遅いかもしれません。ですから私はここを予約するとき数点を予約しておきます。
[PR]
by nizicanvas | 2013-01-31 23:41 | 旅、食、生活、店、趣味

カラオケ酒場 三七さん閉店 高齢化

十年ほど前に私の従妹がカラオケ酒場を開業しました。従妹のする店なので安心して以前はとてもよく出かけて美空ひばりの歌を練習しました。ここ数年はあまり行かなくなりましたが、夜出るのが億劫で。
あの店があったから私はいろいろな歌を思い切り歌うことができました。あの店がなかったら私はそんなに歌っていなかったでしょう。酒場ですが、客層もよく、値段も安く、良心的。安心して行くことができました。
ところが従妹も年を取り、夜の仕事は体に負担。とうとう息子のところに行くことになり店を閉めるのです。
昨日は最後に歌いに行きましたが、常連さんたちは今度からどこに行けばいいかと嘆いている始末。私もそうです。さびしい気持ちでした。行き場がなくなったのと、私と同じ年の人が息子を頼っていかなくてはならないという事実に他人事とは思えないものを感じました。自分たちが高齢化の中に入っていっていることを感じざるを得ないのです。幸い私は息子も娘も近くで生活していますから、それでも老後は心強いのですが、頼れる子供たちが近くにいない仲間たちも多くいます。
結婚していない子供をもつ知人も少なくありません。高齢化社会、無縁社会、一人暮らし、少子化・・・これは国民全体の問題としてしっかり認識しなくてはならない問題です。親の老後の問題ではなく、自分の老後を案じるこの頃です。
[PR]
by nizicanvas | 2013-01-31 23:34 | つれづれ

伊勢神宮 勢の国や サンマ

一年に一度は伊勢さんにお参りするようにしています。今回も母や孫家族など9人で参拝しました。
相変わらずの大賑わいに嬉しくなります。宿泊はたいてい神宮関係の神宮会館に泊まります。神宮に近いのでとても便利。たくさんの荷物を預けて参拝できます。それに安い.きれいだし、残念ながら温泉でも海が見える場所でもありませんが。今回も利用しました。会館で早朝参拝があるというので私一人参加してみました。朝六時半前に出発。たくさんの人が参加で二班に分かれて参拝でした。年間一万人くらいの人が参加されるそうです。案内者に丁寧に説明していただき、今まで何回も来ているのにこんなにいい企画があることを初めて知りました。
今回は何か新しいことを手にしたいと本気で参加しました。朝がとても苦手な私が。
今まで知らなかったことがよくわかり、人も少ないのでゆっくり参拝できました。八時ころには参拝者もだんだんと多くなりました。会館に帰って食事をし、その後また家族で参拝。今回は前日外宮に参拝していたので助かりました。正式参拝を済ませ、お神楽もあげましたから、三時間以上もかかりました。
これだけ参拝すると他のところを参拝する気力がなくなりますから、今回も他のところには行けませんでした。
高齢の母や小さな孫まで一緒だからそう多くは動けないので仕方ないのですが。でもおかげ横丁だけでも十分楽しめます。孫たちは昔の町といって喜んで歩きました。本当に楽しい町です。

勢の国屋で
神宮の前に勢の国屋というお土産とお食事処があります。ここはモラロジーの大先輩山中先生のお店です。
いつもここを利用します。モラロジーの方を中心にたくさんの方が利用されます。伊勢神宮の前なのでとても便利です。特に昼食は、予約で席が取れますからとてもありがたいです。今回もたくさんのお店の前でたくさんの人列がありました。以前他の店に行こうとうろうろし、
結局大した店に入れず、やっと入って注文に手間取り、昼食はやはり勢の国屋でてこね寿司と伊勢うどんのセットを食べるのが一番楽だと思いました。10人くらいの人数では予約に限ります。前日に予約しました。
そこで買うお土産はいつも伊勢うどん。伊勢にしかない品物です。私は大好きでお土産に必ず買いました。それから勢の国やオリジナルの神代餅。
赤福はもっと有名ですが、みんなで食べるには食べやすく、美味しい。勢の国屋はおかげ横丁から外れているのでおかげ横丁に見とれていると気付かないので残念ですが、知る人ぞ知よい場所です。

伊勢とサンマ
今回は干しさんまを買いました。今まで伊勢でさんまを売っているは知っていましたが、わざわざここでサンマでもあるまいと思っていました。でも夫がおいしいそうだから買ってくるようにいっていたので今回は買いました。そこで知ったのですが、伊勢のサンマは紀州沖で取れるもの。北へ帰るサンマを取った戻りサンマだそうです。そして伊勢の旅人には生より食べやすくお土産にしやすいのです。初めてそんなことを知りました。
サンマだけでなく、いろいろな干し物が出ています。改めてその価値を知りました。伊勢の人たちの工夫を知りました。

今年は遷宮。秋には新しい建物に変わります。古い建物は来年の三月まであるそうです。古い建物と新しい建物が残る秋にまた行きたいと思います。今回は新しい発見をたくさんしました。
[PR]
by nizicanvas | 2013-01-26 22:20 | 旅、食、生活、店、趣味

記憶の不思議

先日珍しい人から電話がありました。もう45年以上も会っていない大学の部活の先輩。
名前と声で一度で45年前の記憶がよみがえりました。昔の写真を見て懐かしくて電話をしてくださったのです。そんなことをするのは年を取った証拠かもしれません。
懐かしい話をしばらくしました。私の記憶のすごさを感じましたが、それはみんな共通することでしょう。
また以前私のセミナーに参加した方の苗字が平凡なようで平凡でない。高校時代の先輩がたしかそんな名前だったと思って聞いてみましたら、なんとおじさんだと。
その時私は50年ぶりくらいの昔の記憶がぱーとよみがえりました。
先輩の顔、声、話し方、いじわるな言い方、しぐさ・・・でも飄々として面白い方・・・。そんな話をしたらそのままでした。すごい!人間の記憶はすごい!もう感動でした。
学校卒業以来一度もあったことのない人。そして特別な関係でなく、普通の先輩後輩関係。それでもきちんと記憶がよみがえるのです。
私がしているストレス解放のスリーインワンもセッション中にその問題に必要な記憶がよみがえります。
昨日の方は一歳の記憶でした。顕在意識ではわからない記憶でも潜在意識にはよみがえります。その記憶はいろいろな状況証拠で確認できます。
人間の脳の不思議さを感じているこのころです。
[PR]
by nizicanvas | 2013-01-24 22:48 | つれづれ

冬の牛窓の夕日

冬の牛窓の夕日は格別です。海も格別です。海と夕日をみているだけで心が大きくなっていく気がします。
牛窓は冬にこそぜひ行きたいと思います。夕日の沈む位置が今回は特にいいと思いました。
e0116341_2320577.jpg
e0116341_23202881.jpg

[PR]
by nizicanvas | 2013-01-20 23:20 | 旅、食、生活、店、趣味

鍵山秀三郎氏講演

トイレ掃除で有名な鍵山氏の話があるからと誘われていました。よい返事て約束はしたもの、当日になって何かと忙しくやめようかなと思いましたが、約束をしたし、何かいいことがあると思うと考え直して、時間をやりくりして出かけました。主催は津山PTA連合会。家庭教育推進協議会でした。
でもやっぱり行ってよかった。「やらないで後悔するよりやってよかったと思う人生を送りたい」と氏は言われていたけど、本当にそうです。私も肝に銘じておきたい言葉です。それにしても素晴らしい実践家。以前から鍵山氏のことは知っていたし、本も読んでいたし、講演もテープで聞いていたのですが、体を張ってのトイレ掃除の実践とその考え方に改めて感動でした。掃除をすることで学校や職場や地域社会やそして日本が変わるなら、素晴らしい国になるなら、なんとかこの実践が広がるようにしたいものです。
津山でもさあ始めましょうと私が旗をあげる勇気はまだ出ないですが、たくさんの教育者や保護者が来ていたので、津山でもどこかで旗揚げがあったら手伝いに参加したいと思います。
鍵山氏の掃除の仕方は本当に半端ではなく、すごいの言葉だけ。そして日本中のあちらこちらにその掃除の会があることも感動です。また外国でもあると聞いて本当に感動です。中国、ブラジル、イタリア、台湾、鍵山さんはそちらの要請で出かけて行って指導されたといいます。
そして津山では林田小学校のPTAから起こった「おやじの会」というのがあるそうです。今日はそのおやじの会の発表があり、地域のために子供が卒業しても頑張っているといいます。そんな会があることも感動でした。皆さん素晴らしいと思います。津山の若い人、ますます頑張ってください。
[PR]
by nizicanvas | 2013-01-20 22:41 | 育児、教育、マタニティー

鞆の浦のお土産

鞆の浦の町にはいろいろなお土産の店があります。海の近くなので魚、特にじゃこなんか安い。みんなたくさん買っていました。それに練り製品。ちくわ、かまぼこ、干し魚、海藻・・・。
私は食事に入った(鞆の浦の素敵な街並みにある)「潮待ち茶屋 櫓屋」というの店でレモンの製品、レモン汁とかポン酢とかレモン入りの七味とかを買いました。レモンはよく使うし、国産の方が薬がかかっていないと思うから嬉しくなってたくさん買いました。観光センターにはそれはなかったです。
そしてその前にある小さなお土産屋さんで「八朔入り大福」を数個買いました。それは絶対にお勧めです。八朔の実が中に入っていて、イチゴ大福とはまた違う味わいでした。八朔入りのプリンも美味しかった。
八朔大福は特にお勧め、珍しくて美味しいです。一個150円です。その二つの店はとても目立つところにあるのに市の観光センターでもらった地図には載っていませんでした。竜馬を展示している太田屋でもらった地図には載っています。その地図の方が丁寧に案内してあります。もしかして観光センターにはいろいろの案内図があったのかもしれません。
[PR]
by nizicanvas | 2013-01-14 23:25 | 旅、食、生活、店、趣味

広島県 鞆の浦

世界遺産に登録されるかもしれない鞆の浦に一度行きたいと思っていましたが、サークルで実現しました。
鞆の浦は津山から二時間半。比較的近い観光地です。鞆の浦はとても面白い場所でした。小さな場所にいろいろな話題がいっぱい。特に坂本竜馬に縁ある場所がたくさんあり、これは孫を連れてきたいと思いました。
昔の街並み、家並み、歩きながら中に入り、見学をしました。鞆の浦の常夜灯のまわり、歩いているだけでわくわくします。鯛などの美味しい魚料理。説明しきれない楽しい有意義な場所。二時間ほどでは丁寧に見切れませんでした。でも結構ふらふらと歩いて探索。これは私流の見学の仕方です。いろいろなことに興味をもって見ました。海のそばの福禅寺対潮楼に上がると海が一望できます。目の前には弁天島とか仙酔島とかたくさんの島が見えます。またそこには由緒ある品物が展示されています。
街並みを渡って歴史記念館に行くと鞆の浦の海が一望できます。わくわくしながら見学しました。途中でみたらし団子を食べながら。
そして昼ごはんの後、船で仙酔島に渡りました。5分くらい。往復250円の料金です。島に渡ると午前中渡っていた人たちがたくさん乗船を待っていました。島は仙人が酔うほど美しいという島だそうですが、船着き場の反対側の風景はたしかに素晴らしいものです。海の向こうに家並もみえず、島と海だけで本当にきれいです。
国民宿舎のお風呂に入りにいきましたが、お風呂の数もたくさんあります。島には他にもいろいろなお風呂を作って観光客を楽しませているようです。本当の温泉はありませんが、海の水を引いた塩風呂があります。
今回、塩風呂に入りましたが、体がとても温まりました。島にもっといたかったのですが、天候も悪いし、寒いしで、お風呂から上がってしばらく休んで帰りました。子供連れならもっと遊べたことでしょう。海辺の道を通って探索ができそう。ここも孫たちと来ると楽しいと思います。
いろは丸という名前の付いた黒船に乗って鞆の浦に帰り、観光センターでちくわを食べたり、コロッケをたべたりお腹を整えて岐路につきました。
人波はそれほど多くはないように見えましたが、食堂はいっぱいのところが多く、また船にもいっぱいで、この小さな町は髄分人気のある場所のようです。私も孫たちを連れてもう一度来たいと思います。
行かれた時は観光センターで観光地図をもらって動くといいですね。
鞆の浦はよく考えた観光地だと感心します。ぜひお尋ねください。こどもも楽しい場所です。
[PR]
by nizicanvas | 2013-01-14 00:00 | 旅、食、生活、店、趣味

冬の蒜山 ベアーバレースキー場

津山から蒜山は一時間以内でいける冬の楽しい場所。それはスキーとかそりとかの雪遊び。
小さな孫の付添に初めて冬の蒜山に行きました。ひるせんには三か所くらいスキー場がありますが、インターの近くのベアバレーがたぶん一番整っているところでしょう。平日なのでそれほどの人はいませんでしたが、土日はとても混むようです。
四歳と二歳の孫がそり遊びをするので監視役についていきました。
小さな子でも小さなそり場で楽しく遊べます。タイヤのようなものに乗って滑り降りるのです。ローラーの歩道もついているので上に上がるのも楽です。
孫たちは何十回も滑っていました。私はとてもついていけない話で、雪の中をタイヤの上で見張りです。時には寝転んで空を見て、とてもいい気分になりました。ふんわり雲が浮かんで、それで寒くない日でした。
それだけ雪が溶けやすい気候でした。
津山の住んでいることを本当にうれしく思いました。ひるせんは夏も秋も冬も楽しめるところ。一時間以内でこれます。半日でも楽しいところです。
昔、子供たちが小さいころ、たびたび雪山に連れて行きました。子供たちはスキー。私は見張り役です。
暖かいゲレンゲのところでお茶を飲みながら、本を読みながら、ゆっくり一日を過ごしたものです。今度はその子たちの子供の世話。ただ見張りですが、こうして孫たちと来れることを幸せに思いました。
小さな子供たちとは行動をともにする体力はありせん。ただ見張り役です。
[PR]
by nizicanvas | 2013-01-12 23:37 | 旅、食、生活、店、趣味

野菜の値上がり

寒さで野菜が高騰。困った困ったというニュース。でもその中でもおかしいなと思うのは、冬の野菜はそれほど高値ではないこと。
本来冬ではない野菜はたしかに高い。でもそれは野菜の価値のうちには入らないと思います。キュウリやトマト、レタスなど。
冬の野菜の基本は煮て食べること。根菜類と白菜、水菜、ネギなど煮て食べるもの。ただキャベツは高いのが困るけど、でもそれとて今たくさん食べるものではないもの。
季節のものが何なのか日本人にはわからなくなってきているようです。その時期のもの、その土地のものが健康に一番です。無理して電機や重油をたくさん使う野菜をつくる必要はないものです。
もっと自然に、もっと季節を生かして生きていきたいものです。
また私たちのところでは、道の駅を利用すれば野菜がかなり安く手に入ります。少々形は悪いけど。
そして私も少しの葉物を作っています。春菊とか水菜とか。霜よけの覆いをして作っています。田舎の暮らしはありがたいものです。
[PR]
by nizicanvas | 2013-01-12 23:08 | つれづれ

育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas
プロフィールを見る
画像一覧