<   2012年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

バジルソースも自分で作れる

私もかなりこまめに食べるものは作ります。でもにこらすのままさんにはとてもかないません。お店に出す料理を全部一人で作っている方ですが、それ以外に紫蘇味噌、ドレッシング、料理の素材以外多分買うことがないくらいによく作られます。今日はバジルソースの作ったものをいただきました。ゆず胡椒をもらったときは本当にびっくりしました。バジルソースやゆず胡椒を作るなんて信じられないほど感動です。家庭でなんでも作れるものですね。
[PR]
by nizicanvas | 2012-07-28 22:58 | 旅、食、生活、店、趣味

紫蘇三昧

我が家の畑に紫蘇がいっぱい生えています。一度植えたら毎年たくさん生えてきます。それでもあまり抜いているとまったく生えない年があります。
昨年は紫蘇も後半から気付いてせっせと取って紫蘇醤油や紫蘇味噌、いろいろと作りました。
今年はまだ葉が柔らかいちから切っては皆さんにあげています。紫蘇でも買うと意外と高いものです。惜しげなく使えるので一本は家に欲しいものです。紫蘇は切り花のように切って花瓶などにつけておくとかなり長い間新鮮に利用できます。そのことを知ってから紫蘇のない人に大きく切って配ります。
近所にいろいろ野菜を作っている人がいます。紫蘇が一本も見当たりません。つくっていないということです。何に使うと尋ねられて答えに困りました。そうめんなどには紫蘇はかかせません。それになんでもいれます。青い葉の変わりです。紫蘇の風味がいいのです。嫌いな人は無理ですが、大人ならほとんどの人が食べるでしょう。
私はから揚げの衣、かき揚げの中、コロッケの中、その他なんでもよく入れます。三つ葉やネギ感覚で使います。先日、塩こおじ漬けの鶏肉に米粉、紫蘇などをまぶしてから揚げを作りました。息子がとても喜びましたが、たぶん紫蘇がよかったと思います。
夏は紫蘇のない食生活なんて信じられない。ハーブ類よりよく使います。今年は植木鉢にネギを植えました。薬味として使えるので重宝しています。ネギがたくさんある時期にネギを小口切りにして冷凍庫に保存しました。おかげで今ネギは買わないで済んでいます。少し手をかけるだけで食生活が豊かになります。
[PR]
by nizicanvas | 2012-07-28 22:34 | 旅、食、生活、店、趣味

おかず一品 肉詰めピーマンの味噌煮込み

簡単なおかずを紹介します。昨日のテレビでしていた肉詰めピーマンのアレンジ。ひき肉(あいびき 200グラム)に卵(1個)、塩コショウ、パン粉をかなりよくまぜます。ピーマン(4個)を半分にして中に片栗粉をつけます。肉を詰めます。肉を下にして焼きます。その上から味噌だれ(味噌20グラム 砂糖小さじ1 水分150cc)を入れて三分くらい煮込みます。最後にピーマンを下にして1分ほど焼きます。NHKの岡山ゆうどきでしていました。
簡単で、おいしい肉詰めの変わりバージョン。
もう一品 豚肉のキャベツ巻。キャベツがたくさんあるとき キャベツを千切りにして塩を振り掛け絞って水気を取ります。豚肉にそのキャベツを巻きます。今日は紫蘇と玉ねぎのスライスも巻きました。それを焼きます。ショウガ汁を入れた醤油をつけます。
かなりの量のキャベツが食べれます。簡単で、少し豪華で安価な一品です。
[PR]
by nizicanvas | 2012-07-27 22:36 | 旅、食、生活、店、趣味

にこらす さんの料理

今日もにこらすさんの料理はグー。仲間たちと一緒に。まずイカメシ。おいしい! なんでこんなにおいしいのというほど美味しかったです。夫が北海道で買ってきてくれたイカメシよりうんと美味しい。ホルモン焼き。ホルモンは食べませんがその付け合せの野菜の玉ねぎの美味しいこと。玉ねぎばかりぽりぽりと食べました。
オクラの煮物、もう作り方がわかりません。水なのナムル、トマトのオリーブオイルかけ、これはまた珍しい料理。湯剥きをしたトマトにオイルと塩コショウ。他にもかけていましたが、それだけでも美味しい。裂いたもっちぇらチーズもかかっていました。イワシの甘露煮、ご案内した先生はパクパクたべていました。キッシュも美味しかった。ミニトマトも入ってすごい!
男性はイワシの煮物が好きだそうです。また感動したのは桃のゼリー。桃の甘露煮をゼリーで固めたもの。
奥さんは安く手に入れた桃を皮ままシロップで煮て作るのだそうです。これにはびっくり。あまりよく熟れていない桃はそのようにすれば超豪華版のゼリー。お店なら1000円くらいとりそう。桃がまるままなんです。
にみらすさんは毎回いろいろな料理が楽しめるので嬉しい場所。2000円の食代でした。
にみらすさんは田町のスエザワタンスの前、タクシーの隣です。夜のみ。日曜日休みです。いかめしを一個400円でわけてもらい、買って帰りました。仲間も家族のおかずをいろいろ買って帰りました。
[PR]
by nizicanvas | 2012-07-25 21:29 | 旅、食、生活、店、趣味

神話を訪ねて。ヤマタノオロチとスサノオのミコト

出雲市から隣の雲南市にはヤマタノオロチの伝説があります。なんとかそこに行きたいと娘に連れて行ってもらいました。ただしほんの少しだけ。あとは海に行くので・・・。
わざわざ訪ねて行きましたが、なんとわかりにくい。せっかくのイベントだからよくわかるように道案内をしたり、そのための地図を作成すればいいのにと大変不満。
さがしさがしでやっとオロチの首を埋めてあるという八本杉とオロチ公園に行きました。本当にわかりにくいこと。
どちらもあまりにも小さなところなので期待はずれでしたが、それでも昔からその場所が言い伝えの場所。感無量でした。本当に神話の世界があったのだと思うとわくわくします。もっともっと行きたかったのですが、いつかオロチのめぐりをしてみたいものだと思います。物語の世界の話と思っていたらその場所があるん名て本当に感激!!!
それにしても古事記の物語りは面白い。と最近つくづく思うです。
[PR]
by nizicanvas | 2012-07-24 23:15 | 旅、食、生活、店、趣味

神話の国出雲

神話に大変興味をもった私は孫たちに教えたいと今回出雲大社、博物館に行きました。三年生の孫は神話をならっているので話が通じますが、小さな子には興味の薄い話です。でもいつか行ったことがあると思ってもらえるといいなあと思います。
出雲博が始まっているのでちょうどいいチャンスでした。出雲大社は三回目ですが、今まで正式な神殿だと思っていたところが実は団体用の社。正門と本殿はその隣でした。なんとまあ・・・
駐車場の横にたくさんのお店がならんでいて、そこから入っていたのですが、違っていました。来年が遷宮と聞いていたので、お社全体が移されるのかと思っていたら、神様のお社だけ。今そのお住まいを詩遊離しているとか。それにしても出雲は面白い。
始まった神話館や博物館に行きました。丁寧にじっくり見たいと思いましたが、孫たちと一緒では無理なようです。博物館の中の映画も面白かったですが、神話博ように作った映画「はじまりのお話」は迫力があって面白い。神話博に行った人はぜひ見てください。これをみなきゃね。
島根県のあちらこちらにある神話に関する場所、遺跡を訪ねたいけど・・・これは特別なツワーをくまなきゃ無理でしょう。
[PR]
by nizicanvas | 2012-07-24 23:04 | 旅、食、生活、店、趣味

島根半島 海水浴場

何十年かぶりに海水浴の海に行きました。出雲大社、神話祭に行っての帰りです。
島根半島、古浦です。宍道湖から上がると比較的近いところにあります。小さな海水浴場ですが、設備は整っています。シャワー室。
小さなお店もあります。砂がとても小さくきれいでした。たくさんの人たちが来ていましたが、混雑というほどではありません。泳ぎやすい海水浴場です。小さな子供も安全性の高い海水浴場です。
島根半島の海水浴場はとてもきれいだといいます。島根半島は遠いようですが、津山から比較的行きやすい海水浴場です。調べてみてください。
[PR]
by nizicanvas | 2012-07-24 22:41 | 旅、食、生活、店、趣味

トマトゼリー

知人からトマトゼリーをいただきその美味しさにびっくりしました。トマトゼリーは意外と高額。なんかもったいなくて買えませんでした。そして一度食べたのですが、それほど感心できませんでした。
ところが今回のトマトゼリーにはちょっと感服。それは白十字のトマトゼリー 太陽の雫です。オレンジも入っています。実際にお店に買いにいったことはありませんが、(行ってみようと思いますが)インターネットによると四個入りで1300円くらい。8個入りで2500円くらいでした。岡山産の桃も利用したゼリーもあります。
先日津山のケーキの店ぽこぁぽこに行くと岡山の桃、ブドウ、レモンの三種類のゼリーを売っていました。三個千円ほどで、私は手土産に買いました。
岡山の果物や野菜を入れたゼリーの手土産は素敵だと思います。ゼリーは子持ちがするし、心ばかりのプレゼントにもってこいですね。
[PR]
by nizicanvas | 2012-07-21 22:02 | 旅、食、生活、店、趣味

簾づくし

暑い日差しをどのようにふせぐか毎年頭の痛いところです。我が家ではやはり簾。夫から少しやりすぎではといわれるほどあちらこちらを簾で覆っています。特に二階にのベランダ。今年は手すりに大きく簾をかけて、ペラダ全体を覆いました。ベランダの上は簾のトンネルができています。どれほどの効果わかりませんが、か見た目も涼しい。本当は植物を育てたいのですが、二階は水やりなどが大変で諦めました。そして簾を大きくかけました。でも津山の夜はここの所意外と涼しく、クーラーなどなくても寒いくらいです。
裏の透明なプラスチックの屋根はもろに日が差し込んでたまりない暑さになりますが、その屋根の上に簾を全体にかけました。素晴らしい日よけです。日差しの強さがまったく違います。そして朝顔などのつるのものをあちらこちらに植えています。日よけにはならないような場所でもぎっしり植えています。見た目でも涼しければ嬉しいです。風船蔓がかわいい風船をいっぱいつけています。
厚い日差しをよけるために昔から使われている簾。日本人は本当に素晴らしい道具を作ったものです。
[PR]
by nizicanvas | 2012-07-19 22:10 | 旅、食、生活、店、趣味

梅干しで塩分を補う

暑くなるとやはり冷たい飲み物が多くなります。特に熱中症の心配から水分を補おうと努めます。しかし水分だけではだめで塩分と糖分をいれた水分がよいとか。昨年はペットボトルの中に水を入り、その中に瀬戸内海でとれたレモンの絞り汁を入れて飲みました。
この前から梅干しが気になっていました。久しぶりに梅干しを出して食べました。なかなかおいしい!今年の夏はやはり梅干しだと思いました。我が家はもう長い間毎年梅干しを作っています。私が自然食に凝りだして以来ずーと作っていました。それは天日干しをして夜露に当てたものです。紫蘇をいれない干しただけの梅干しです。このところその梅を食べるのを忘れることが多く、何年分も残っています。干しただけの梅は酸味が少なく、食べやすいものです。何年も置いた古いものは味のまろやかさが感じられます。
梅干しがあまりたまるので昨年も今年も作りませんでしたが、これからはどんな時代が来るかわかりません。やはり梅干しだけはつくっておかなくてはと今更ながら思いました。干しただけの梅干しは保存も簡単です。
[PR]
by nizicanvas | 2012-07-18 22:12 | 旅、食、生活、店、趣味

育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas
プロフィールを見る
画像一覧