育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas

<   2011年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

将棋

将棋
今中国でも日本の将棋が大人気だそうです。将棋を始めて成績があがったとか。
日本でも将棋の人気はますます盛んだといいます。将棋はやっぱり脳のトレーニングに
よいらしい。何しろ将棋をする人は頭もよくなきゃ出来ないでしょう。
米永名人がいわれていました。米永名人の兄弟はみんな東大だそうですが、一番頭がよかったから東大にいかなかったのだと。羽生さんでも何手も先をイメージして、そして自分の打った局を全部覚えているのですから。
私は挟み将棋と山崩ししかしりませんが、子どもたちは将棋をしていたらしい。それは学校にあったとか、私はよく覚えていないのですが、家に碁も将棋もあったので。それは父が買ってきてくれていたのでしょうか。それ以外考えられない。年寄りと接する子はとてもいいことがたくさんあります。
テレビではテレビゲームより飽きが来ないし、夢中になれるといっていました。そんなにいいものならもっともっと宣伝して、皆が碁や将棋であそべたらと思います。先日も孫たちにそれらを買いました。
将棋は記憶力がよくなる 集中力がよくなる 礼儀正しくなる・・・など大変なメリットらしい。世の中の親よ、子どもたちに将棋をさせましよう。
[PR]
by nizicanvas | 2011-05-31 22:57 | 旅、食、生活、店、趣味

お友達大好き

連休のとき三人の孫を預かりました。八ヶ月、一歳四ヶ月、二歳五ヶ月。どの子も一緒に遊ぶことはりません。でも三人はいつもそばによっています。集まって何かをしようとしています。やはり仲間がいいのですね。
e0116341_0124579.jpg
e0116341_013586.jpg

[PR]
by nizicanvas | 2011-05-20 00:13 | 育児、教育、マタニティー

子供の言葉

二歳の孫が裏の花をみて、きれいといいました。私がいつも花がきれいと感動するのを聞いているからか、二歳の子の感じなのかわかりませんが、あまりのかわいい表現に嬉しくてそうね
きれいねと応えました。そういえば今日は預かってもらった家から帰るとき〔お邪魔しました〕というのです、もつれた言い方で、やっぱり大人の会話を聞いているのですね。
e0116341_083323.jpg

[PR]
by nizicanvas | 2011-05-20 00:08 | 育児、教育、マタニティー

喘息発作

喘息発作
孫が喘息の発作で入院しました。息が十分吸えてなくて、危険な状態になったのです。
それは緊急にいって分かったことですが、でも順調に元気になって明日は退院です。
喘息の発作で入院という話は時々聞いていましたが、実際にはタッチしたことはありません。私は子どもたちが比較的元気で育ったので。最近は喘息の発作を起こす子が多いとか。
咳き込むのではなく、気管が細くなって、空気が吸えない状態になるのです。その原因は体質的なものが関係していますが、弱い子にとっては気圧が低くなるとなりやすいとか。また塵埃、黄砂が関係している空気汚染とか、今まで知らなかった新しい話題でついていけない状態のこの頃です。
最近は気管支系の病気が多いと聞きます。人間の体質の低下なんでしょうか。鼻呼吸の西原先生は口呼吸と冷たいもの中毒によるといわれていると思いますが。
人間は鼻、気管支、肺など酸素を取り込む器官が一番先にやられるようになっているようです。これも文明病でしょうか。
孫が入院している部屋には一歳から三歳くらいまでの小さな子が入っていて、子どもたちの泣き声、弱りきっている母親たちの声が聞こえてきて、ああたいへんだなと人事ながら
ため息がでそうな気持ちになります。私も子育て大変だったけど、こんな思いはしなかったので、それだけでも有難かったなと思います。とにかく子どもたちよ頑張って、お母さん頑張って・・・としか慰めようがありません。
こうして体調の悪い子たちをみていると、東北の被災地では大変だったろうと思うのです。
誰でもが体調が悪くなると大変だけど、子どもは、小さな子どもは大変だと改めて
医療関係者へ感謝の念を抱きます。
[PR]
by nizicanvas | 2011-05-19 23:36 | 育児、教育、マタニティー

囲碁と将棋

将棋と囲碁
我が家では孫たちと時々囲碁をします。将棋は山崩し程度ですが、小さな孫たちと楽しく遊べます。二年生の孫は手ごわくなりました。かなり能力アップしているのです。
なかたと遊んでいると、小さな孫のあつきまでも寄ってきて、その駒で遊びます。そこで彼らのおもちゃとして遅まきながらこどもの日のプレゼントにしました。
将棋の駒は1300円、盤は1300円くらい。囲碁は2500円、盤は3000円くらいで、私のブラウス一枚分より安いものだと思い、買いました。
入院している五歳の女の子のお見舞いに将棋をもっていってやりました。おかあさんと山崩しをして遊ぶでしょう。(喘息で行き苦しくて入院しました)
将棋や囲碁は頭にもいいと聞いています。家の中でテレビをみないで楽しく遊べる囲碁や将棋を子どもたちが気軽にするようになるといいなあと思います。
[PR]
by nizicanvas | 2011-05-17 21:42 | 旅、食、生活、店、趣味

川の事故

川の事故
なんということでしょう。たった11歳で川にはまってなくなってしまって。それも三人も。
震災地でもたくさんの子どもの命が、若い人の命が失われて、この前は自動車がつっこんでなくなって。なんということでしょう。
かわいそうとしかいいようのない、親御さんはどんなに辛いでしょう。それにしても男の子は本当にとっぴょうしもないことをするものです。
それが男の子の脳について学ぶとよくわかります。冒険をしたい、危険なことをしたい、それが男の子の脳です。調子に乗ったら本当に危険なことをあえてしてしまう。
だからそんな危ないところに入っていたら、川に入っていたのを見た人がいた。当然注意をしてあげなくてはならない。ここ数日雨が降って川はあぶないはず。どうして注意をしてやめさせなかったのか。私にはそれが不可解です。子どもの事故ほど悲しいことはありません。男の子は逞しく育って欲しい。でも安全であって欲しい。この二つはちょっと矛盾です。でも命は大切ですから・・・・。
命を粗末にしないように、危険に対してはちゃんと指導しておかなくてはならないのです。
我が家には次男がとてもむちゅないたずらをしていました。怪我もなく、育ってくれて本当にありがたいことです。
[PR]
by nizicanvas | 2011-05-13 23:06 | 育児、教育、マタニティー

抱っこの会

5月の抱っこの会
一歳未満の乳児をもつ親の会を開催。今日は発達について勉強しました。
六ヶ月から一年を取り扱いしした。
今回選んだ教材は『子どもの思いに心をよせて』 西原克成先生の『かしこい赤ちゃんの育て方』る二冊。どちらも私の好きな、いいと思う本です。
西原先生の本は、子どもの発達には飛び級はなく、進化の過程を順に追って成長していくもので、特に腹ばいになってうごくことの大切さを学んでみました。
また『こどもの思いに・・』では、六ヶ月頃からの子どもの三つの自由、①移動する力、②手を使う ③人とかかわる ということについて本に沿って学んでみました。特に
あかちゃんとのかかわりには遊びですが、それは赤ちゃんの発育に大変な意味合いをもっているので、当たり前に見ないで大切に、意識してかかわって過ごすことを認識してもらいました。
[PR]
by nizicanvas | 2011-05-12 22:38 | 育児、教育、マタニティー

子どもの言葉

屈託のない子供の言葉
7歳の孫が家族と食事の場所を探しているとき、「ここの店はすいているからここに入ろう。早く食べれる」と大声で言ったそうです。親はとても恥ずかしかったと話してくれました。
人がいないということは、流行っていないと大人は解釈します。人が多いということは
流行っている、美味しいと解釈します。でもこどもにはそんな意識はありません。ただ早く入りたいと空いている店を選んだだけ。
そんなことばを聴いて本当に子どもらしいな、可愛いなと私は思いました。まだまだ純真そのものの小さな子どもの言葉は大人をはってさせることがあります。ドキっとすることもありますが、屈託のない子供の言葉、行為は本当に可愛いと私は思います。子どもが今から人の気持ちの裏を読むとか、そんな気遣いをしないでもいいと思うのです。
幼児の言葉も面白いけど、児童期前期の子どもの言葉も面白いものです。子ども時代をしっかり味わえるのは幸せな子供です。そんな幸せな子ども時代を過ごして欲しいと思います。
そういえば、公園で二人の若い男女が向かい合って座っていたそうです。孫も含めて小学生の子どもたちが「ラブラブ」といって囃したといいます。それもまた可愛いなと思いました。彼らにはした心はないと思います。子どもは本当に天使であり、小悪魔です
[PR]
by nizicanvas | 2011-05-06 00:19 | 育児、教育、マタニティー