<   2010年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

アラフォー出産

アラフォー出産
という言葉を初めて知りました。まあ次から次へ知らないことが出てくること。アランド・フォーティーという言葉で、四十前後に初めて出産する人のことですって。高齢出産は35歳以上で初めての出産というのですが それより五歳も上です。私の友たちには40過ぎて産んだ人がたくさんいますが、でも初産ではありません。昔知り合った一人に42歳で初産という人がいたような気がしますが。
NHKテレビで今日はそれが取り上げられていました。長山蓉子さんや野田聖子さんが取り上げられて
アラフォー出産についていろいろと話していました。
そんなお産はほとんどが結婚が遅かった人ですが、仕事が面白くて、仕事外に考えられなくてここまで高齢になったという人たちです。それで順調に産まれれば問題はないのですが、やはりリスクは高いようです。肉体的にはやはり若いときにはない問題がいろいろでます。ですから母体にも赤ちゃんにも若い人のお産のほうが安心で楽だということはまず間違いないことです。でも結婚したらほとんどの女性は自分の子どもが欲しいものです。ですが、やはり妊娠の確立は低くなるようです。そして中毒症にかかりやすかったり、難産だったりする傾向もあるといえるようです。
私は昔から言われるお産にも妊娠にも適齢期があるというのは本当だなと思うようになりました。しかし、学校卒業したら全員が働く時代。働けば仕事が面白くなったり、責任が出てきて結婚が難しくなるという時代です。高齢でもやむえないでしょう。何歳でも子どもは欲しいものですから。
高齢でよいこともあるといわれます。①まず精神的に成長しているのでストレスに強くなり、子育てもイライラしないで育てられる。という話、まあ当たっているかもしれません。たしかに若いときには未熟で子どもに当たることも多いかも。しかし、また反面子どもに甘くなるかな。②お金があるので生活に余裕がでてくる。これも当たっているかな。でもお金があるということと子どもが優秀になるということは違うようです。子どもが優秀になるには多少貧しいほうがいいようです。辛抱したりする力がついて、なまじたくさんお金があるとひ弱な子が育つかも。③若いときに十分やりたいことをしておいた人のほうが育児をする上で損をしているという気が少ない これも多少はあたっているかな。でも子育てが終わってからのエネルギーは年を取りすぎるかな。あまり若いとそれもいえるかもしれませんが、
私は26歳でしたが、十分やりたいことはしてきたという気がして、育児が損だとは思いませんでした。
私の知人で19歳で結婚した人は子育てが早く終わって、それからいろいろと多方面に活躍です。これも必ずしも。④周りの人からお古などまわってきやすい。これも年は関係ないでしょう。高齢でなくても回ってきますよ。⑤自分が後から子育てをすると、知り合いの体験者が多くなるので育児の悩みを聞ける。これもどうかな? どの時代にも先を行く人はいるものです。
 なんていろいろ高齢のメリットをあげていましたが、さて、メリットかなと思います。
さらにリスクは①お産が重くなる可能性が高い さらに妊娠する可能性が低い、やはり卵子も若くないと力がないらしいです。②女性の体の老化がお産だけでなく、子育てにも不利。娘たちをみていると若いからやれると思います。たしかに。あの逞しさは若さだと思います。子育てと更年期が一度に来る可能性があるといいます。私は自分が更年期だとは思いませんでした。これは精神的有り方も関係しているかもしれません。③胎児に奇形、病気がおこる可能性が高い。ダウン症は若い人の10倍以上といいますから、やはり大変です。
子どもは授かり物ですから、自分でコントロールできないのですが、私はやはりできたら高齢でないほうがいいと思います。最近の調査で産科医が2000人くらいたりないそうです。お産を扱うのはきついという医者が増えてきたのですが、その根底には難産が多いからだと思われます。コロリンと産まれる人が多ければそれほど問題はないでしょうが、命が危ぶまれるお産、nicuに送られる赤ちゃんが増えてきたことと関係しているでしょう。高齢出産、特にアラフォーの方は健康管理に気をつけて、お産が軽くできるように食生活運動などをして体を鍛えてよいお産の体制作りをして欲しいと思います。そういう方はとくに仕事で過酷な日々を過ごしているからよけいに難産になりやすいかも。
少子化、少子化とさわいでいる日本、人口減とさけんでいる日本。リスクの少ない、よいお産を勧める方法をもっと研究して指導して欲しいものです。でないと産科医がいないのですから。なんと気の毒な国になってきたものです。何もかも悪い方向へ向いている日本。誰が悪いの?
[PR]
by nizicanvas | 2010-09-30 00:50 | 時事・経済・社会

トラウマ、ストレスの解放 外出できない

外出できない子の解決法。
先月、出会った人から外出するのがいやな子の悩みを聞きました。幼稚園には行っていますが、そのほかには買い物の遊びにもいけない、行かない、行くことに恐怖心をもっているという話です。いろいろなところに行って相談もされたようです。気にしない方がいいという回答。そこで私は筋肉反射で探ることを提案しました。その前に筋肉反射を使っての体への反応についていろいろ試してもらったので関心をもっていたのです。
外出できないという原因は霊障でした。そこでその霊障を探して、そのお母さんに自分でお払いをしてもらいました。目に見えない霊に対して祈り、立ち去ってもらうのです。
 それでうまくいかなかったらまた調べましょうと別れて、先日会いました。いかがですかと尋ねると、なんとそれからいつのまにか買い物に行くことができ、実家に自ら進んでとまりに行ったのです。よかったね。と私も内心ほっとしました。
こんなこともあるのです。筋肉反射、マッスルテストはスリーインワンで学んだものですが、それを応用して霊障を調べることができるのです。意外と役に立つことが多いのに驚いています。私には超能力も霊感もまったくありませんが。その人の感じる微妙なエネルギーを取り出して調べるだけです。
[PR]
by nizicanvas | 2010-09-30 00:00 | 育児、教育、マタニティー

たくましいお母さん業

お母さんはたくましくなければならない
娘たちが子育てをしていますが、逞しいなと感心することがあります。一時も休まず走り回っている感じです、あれも若いから出来るのだなとも思います。二人とも専業主婦ですが、それでも結構忙しい。
福井の娘のところに行ってきましたが、ここでは旦那の両親が近くにいますからいざというときは助けてもらえますが、それでも家が別なので、それぞれの生活があり、仕事があり、いつもいつもというわけには行きません。近いといっても側ではないのでそうそう気軽には頼めません。やはり遠慮もあります。少なくとも実の親ほど簡単に、子供をみてもらうというわけにはいきません。
その点親の近くの娘は随分得をしていると思います。他にも親しい親戚があるのでそちらに頼んだり、随分得をしています。これも自分が選んだ道ですから仕方ないのですが、
娘が細い体に背中と抱っこで子どもを世話している姿に涙することもあります。
手のかかる子ども、外に連れて行くとちょろちょろする子供をかかえて買い物から病院、夜寝るときまで横になる暇もなく動きつめている姿に感心しています。夫の協力が得にくい娘は一人で奮闘していますが、私もそうだったなと思い出します。
子育てにも家事にも夫の協力がいっさい貰えなかった、実家を遠く離れての乳幼児期の大阪時代の育児はとても大変でした。買い物も子供全員をいつも連れて行って。ピークのときは背中と自分者の前後ろ、そして長男に自分の自転車。それで坂道を上がり降り。どうしてあれほど夫の協力がなかったのか今になって思えば不思議です。
そんな育児はみんながやっていること、昔の人は水道も電気もない生活ですからなおさら大変です。私の母もそんな生活で育児と家事と野良仕事をしていました。
みんなよくやってきたものです。身を粉にして働くといいますが、まさにそうです。それもこれも心身が元気でなければできないことです。若いからできたことと今になればそう思うこともあります。
だからこそ子育ての親に対して家族は協力をしてあげなくてはと思うのですが、それぞれの事情があり、一人で奮闘せざるを得ない人も少なくないでしょう。行政はそんな親たちを遊んでいるように思っていますが、とんでもないことです。配偶者控除を廃止したり、一生懸命子育てをしている人たちに鞭をあたえるのはやめて欲しいと思います。乳幼児期の小さな子を預けてとても働けない状態の人がたくさんいるのです。
娘たちの生活をみるとあれでは働けないと思いますし、そんな状態で働いている人たちの育児は本当に大丈夫か心配することがあります。
また、そんなに無理して、子育てより外で働く意味がどれほどあるでしょうか。人は温かい、ゆったりと親の愛情をいっぱいもらった方が絶対に健全な子どもに育つのです。
娘たちの姿を見て、母親は逞しくなくてはいけないと思います。そして子どもは逞しく育たなければ
しっかりとした自立ができないと思います。 
先日の講演会ではお母さん業、主婦業は素晴らしい仕事です。世界を動かす人を育てる親業は最高の仕事です。自信をもってやりましょう。そしてその体験は子育てが終わって多方面に生かされますと話しました。
[PR]
by nizicanvas | 2010-09-28 01:01 | 育児、教育、マタニティー

岡崎市での育児講演会

岡崎市講演会
岡崎の助産師大橋縁先生の会「抱っこの会」のお招きで子育て講演に行かせていただきました。大橋先生は長年助産婦としてご活躍、四千人の赤ちゃんを上手に取り上げた大ベテランの方です。お産をやめてから産後のお母さんのケアー、特に母乳指導をこれまた長くされていて、どうやら六万人の方の指導をされてようです。現在86歳。昨年始めてお会いしましたが、あまりのパワフルさと使命感で心打たれました。こんなにお母さんたちと子どもたちの幸せを考えて活動されている人がいるのだと本当に心から尊敬しました。京都の整形外科医「抱かれる子供はよい子に育つ」の著書石田勝正先生のご縁で知り合った方ですが、私の本を一番たくさん利用して、また売ってくださった方で、私はもう頭が赤らないほどの恩恵をいただいています。本当に有難い、有難い方です。その先生が長年お母さんのたを指導された会「抱っこの会」があり、五年ぶりに二十周年の記念講演を開くということで私はお招きを受けました。親子ふれあい母乳育児からと一人ひとりのお母さんたちの温かく、厳しく慈愛の指導にどれだけたくさんの親子が救われたことでしょう。86歳まだまだ頑張って欲しいものです。
私は「いのちかがやくふれあい」というテーマでふれあいについて、ふれあいとなる三つのビタミンについていろいろと実地を入れて話をさせていただきました。
いつものことですが、ひとつひとつの話が中途半端ではなかったろうかと落ち込みます。
たくさんのことをお伝えしたくて話が途中切れになってしまっているような気がします。さりとてひとつのことにこだわると・・・。どちらがいいのでしょう。
対象は乳児をもたれているお母さんとご主人、親など育児関係者。小さな赤ちゃんを連れたお母さんたちが熱心に聴いてくださったことがとても有難かったです。休憩もなく、結局二時間半も参加してくださり、演台からみていても申し訳ない気がしました。途中あやしに外に出られた方もいましたが、みなさん本当に素晴らしい聴講者の方、これはもう大橋先生を慕って集まられた方たち。素晴らしい先生に出会えたと私自身が幸せに思いました。参加者は百人くらいでした。スタッフの方たちも皆さん大橋先生にお世話になった方ばかり、素晴らしい人材を育てられていることに心から敬意を表しました。会場になった場所は「米山寮 せきれいの郷」というところですが、身障者や親に捨てられた子ども、
虐待を受けた子どもを預かっている社会福祉施設です。山のほうにあるこじんまりとしたところでしたが、とてもよい場所にたっていました。米山寮については聞いたことがあったのですが、こんなところにあったのかと驚きました。虐待を受けた子どもでも親が会いに来るのを朝から頼みに待っているという話に心打たれました。どんな親でも子どもにとっては大切な親なのです。それなのに・・・。
今日の新聞では虐待やネグレクトなどで預からなきゃいけない子どもがここ10年で急増しているとか、そしてもう満員だとか。少子化なのに、物は豊かなのに、どうしてこんなことになってきているのか、世の中の政治家や学者はそのことの起こりの本当のところをもっと調べて欲しいと思います。
[PR]
by nizicanvas | 2010-09-28 00:10 | 育児、教育、マタニティー

お月見

お月見
今日は仲秋の名月。まさに名月でした。あまりにお月様が綺麗なので子どもたちにメールを送りました。長男の奥さんは生後一ヶ月の赤ちゃんとお月様をみましたとメールくれました。長女は子どもとお月様の歌をうたったとメールくれました。次女も子どもたちとみたようです。みんな月を見て感動しました。子どもが小さいときお団子を作って月見をしたことがあります。来年は孫たちみんなで月見をしたいと思います。
[PR]
by nizicanvas | 2010-09-23 23:32 | つれづれ

注射のときも

注射のときも話しかける
抱っこ法の勉強のとき、どんなに小さな子どもでもごまかしてはいけない、ちゃんと説明してあげることが大切だということを実感しました。テレビの映像でしたが、一歳くらいの小さな子でしたが、予防注射をするとき、その先生は子どもにこれから注射をすること、ちょっと痛いけどすぐに終わることなどを丁寧に優しく話していました。そして注射をしたあと、ちゃんと誉めて抱いてあげていました。その様子に感動しました。
注射を受ける子どもの様子がとても穏やかなのです。針をさしたとき一瞬顔をしかめましたが、落ち着いたとても注射をした顔ではありませんでした。他にも痛い脊髄の注射など、ほんのちょっとだから押さえつけておけばよいという発想ではなく、まえもって痛くないようにトレーニングをしたり、いろいろな話をしたり、注射のときには手を握って励ましたら、後のケアーをしたりすることで、子どもたちは注射の恐怖を薄めていってい様子が紹介されました。小さな子どもだからと思わないで、やはり人格ある人間として大切に一人ひとりを扱うことの大切がよくわかりました。
[PR]
by nizicanvas | 2010-09-19 23:51 | 育児、教育、マタニティー

抱っこ法

 抱っこ法
今日は抱っこ法の勉強会があると新聞に載っていたのででかけてみました。以前から抱っこ法について多少本を読んでいたりしましたが、講演など実際にふれるのは初めてです。抱っこ法もスキンシップと同じなものと思っていましたが、少々違うようです。たとえば横抱きが抱っこ法の方法だそうです。
横に抱くと気持ちが静まるようです。でも実際には横に抱くととても嫌がる子がいるそうです。抵抗して抵抗して、それでも抱っこをしているとやがて抱っこの心地よさが分かってくる。そうしたら泣いたり、素直に感情を表現できるといいます。いわゆるいろいろな問題を持つ子が抱っこ法で心を取り戻すようです。横抱きをいやがるのには理由があるといいます。それは胎児期、お産のときから何かしら問題を感じている子たちだといいます。先生の話を聞いていて、やはり難産の人はそうなるといわれました。つまり難産はお母さんのストレスが強い場合が多いのです。ほとんど精神的ストレスですが、高齢出産など肉体的問題もあります。なにしろこのごろのお産には年齢と体力不足などという問題を持つ人が多いですから。胎児のときの記憶はみんなもっているのにいえない子は、妊婦期やお産に痛みを感じている子どもたちだといわれました。やはり私は思いました。シャワーが浴びれない、滑り台ブランコが乗れない、すべり台、横抱き、それらを嫌う子は間違いなくお産に問題があるといわれました。
抱っこ法を利用しなければならない子はみんな胎児期や出産時に問題をもっているという先生の言葉もショックでもあり、また納得でした。
泣くことでストレス解消になるといいますが、実際に泣くことでACTHが出てストレスが緩和されるようです。泣くことすら禁止されるとやがて子供は暴力的になったり、引きこもったり、いろいろな問題をもつようになると話されました。子どもが泣いているのが許せない人は子どものときに自分も泣きたかった、受け入れてもらいたかったトラウマをもっていて、それか子供の泣き声で反応してしまう。だから虐待に走ったりするという説明。とても納得します。
ここでは書ききれませんが、なかなかよい勉強をしたと嬉しく思います。またどこの主催が分かりませんが、一部のお母さんたちがやっているサークルのようです。子どもをつれてよい勉強会をしているなと感心して聞きました。
[PR]
by nizicanvas | 2010-09-19 23:40 | 育児、教育、マタニティー

孫と辞書

孫と辞書
孫が私の家で宿題をすることがあります。今日もそうでしたが、先という字を練習するのに先という字がつく言葉を書いています。でも思いつきません。そういえば辞書で調べてみたらといいました。早速辞書を開くと先という字が次々とあります。その辞書は私の子どもの小学生のときのものです。そうだ、孫が小学生になったら辞書を買ってあげようと思っていたことを思い出しました。それまで、なんでも辞書を引いて調べることを習慣にするのがよいという本を読んでいました。私も辞書で調べるが好きで辞書は身近に何種類も置いてあります。そこで私は本屋にいき、国語辞典と漢字字典とことわざ辞典の三冊を買って孫にプレゼントしました。遅まきの入学祝です。最近の辞書はとても楽しい作り方をしているのに気づきました。
「7歳から辞書を引いて頭を鍛える」(すばる舎)に辞書を引くことで随分頭の体操になるまた、意欲を育てることができることがでていました。
 子どもというのはとても楽しいことをします。ひらがなの練習で「まみむめも」を書いているノートに、みのところだけ見を書いていました。すごいと感動しました。そういう発想、一度も考えたことがありません。やはり子供ですね。子どもがいると楽しいです。
[PR]
by nizicanvas | 2010-09-17 22:41 | 育児、教育、マタニティー

育児と認知症

育児と認知症
今日の試してガッテンは「認知症が改善する方法」でした。それは介護者が患者の気持ちを理解して接すること、相手を否定しないで、相手の心を満足する会話から起こる行為でした。
そしてその方法としてバリデーションという会話方法について述べられていました。
バリデーションとは「価値を認める」という意味です。アイコンタクトで話す。同じ言葉を繰り返す。優しく触れるなどがその方法です。
脳が壊れる認知症、アルツファマーであっても感情は大変敏感だそうです。感情はむしろ
元気な人より敏感であることが実験でも分かっています。ですから相手の心に寄り添う、
共感的、受容的対応が大切なのです。
その番組をみながらそれは育児でも同じだと思います。赤ちゃんは言葉で話せないけど、気持ち、感情はとても敏感にかんじています。しかも第六感、感覚が敏感でいろいろなエネルギーを感じることができます。赤ちゃんは超能力者と私は呼びますが、本当にそうです。ですから霊障も感じることができるのです。霊障のような異様なエネルギーを敏感に感じて怖い、不安、という情動を泣くことで訴えることがあります。
また、親のストレスを敏感に感じて泣くこともあります。ですからその対応はまさに認知症の人と同じ寄り添う方法が大切です。
そんなことを思いつつ、人はもっと人の心の声を聞く、言葉に出せない心の中を知ろうとする習慣をもたなければいけないと思います。繊細に、優しく、そういう面も必要だと思います。
[PR]
by nizicanvas | 2010-09-15 22:23 | 育児、教育、マタニティー

乳児の肌

赤ちゃんの肌 乳児湿疹
以前にも書いたことがありますが、六番目の孫でも思ったことなのでまた書きます。
今一ヶ月と10日。とても綺麗な肌をしています。母乳ですが、お母さんが食事に気をつけています。もともと甘いものが嫌いな性質ですから、不思議ではないのですが、油物などにも気をつけた食生活をしています。やっぱり乳児湿疹はお母さんの食事と深い関係が有るなとまたまた思いました。
二人の娘のうち、一人はケーキ類など油分の強いもの、甘いものは食べないようにしていました。生クリームが好きではないのでよけいにそうなったわけですが、その娘の二人の子どもは産まれたときからとても綺麗な肌をしていました。産まれたときにはみんな綺麗に肌をしていると思います。お乳を与えだしてから湿疹が出るように思います。そうでもないかな。入院中助産師さんにきれいな肌と誉められたことがあります。
もう一人の娘は妊娠中も分娩後もケーキ類などパクパク食べていました。二人の子どもはとてもひどい肌でした。まさに思春期のようなにきび状態でした。ところがそのことを反省して三人目にはほとんど甘いものを食べませんでした。するとその子はとても綺麗な肌をしていました。他にも原因があるかもしれませんが、私はお母さんの食べ物とお乳の関係を強く感じています。またまた綺麗な肌の赤ちゃんをみて思いました。
あまり禁欲的になってもいけませんが、子どものためにお母さんも食事に気をつけることが大切だと思います。
[PR]
by nizicanvas | 2010-09-15 22:06 | 育児、教育、マタニティー

育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas
プロフィールを見る
画像一覧