育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas

<   2010年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

虐待

子供への虐待
昨日もこの問題が大きく報じられました。この種のニュースを聞くのが一番つらい。
大切な子供を親が殺す、痛める。たった二歳の子供をゴミ箱に閉じ込めたり、熱湯に入れたり。もうまさに良心のない人たちです。悲しくて、悲しくてきいたてられない。政府や専門家はこの問題がなぜおこるかも本当の原因をもっと追記有して欲しい。
 以前も虐待がなかったわけではないけど最近の話はひどすぎます。
今月号のれいろう誌に夫婦カウンセリングの吉岡愛和さんの記事が載っていました。彼女はいいます。最近は親になる自覚のない人が多すぎると。「子供のために自分の人生を犠牲にするのはいやだ」という親がいて、その人の生育歴を聞くと、なるほどと思うとあります。「愛情のない親の言葉は愛情のある家庭で育った人から出るはずがない」と。
「愛は愛を呼び、憎しみは憎しみを呼ぶ」といいますが、虐待を平気でしてしまう親はきっと虐待されつつ育ったのか、あるいは愛なく育った人たちなのだと思えます。
子供を育てているうちにうんざりする気持ちになることもあります。可愛そうなほどおこることもあります。しかしそれも多くの人は限度をもっています。子育てに苛立つこともあります。子育ては楽ではありません。でも私達はそうやって育てられているのです。子子供は人形ではありません。猫や犬でも大変です。まして人間の子は意志があり、発達段階があるので犬猫よりさらにさらに大変です。それが当然なのです。
今報道されている虐待はもう犯罪。以前『良心のない人たち』という本を紹介したことがありますが、25人に一人がそういう良心がない人だというのです。感情が働かないのです。だから人の痛みなどもわからないのです。それは脳の異常の問題だと著者はいっていますが、その大きな原因はやはり子供への「愛情欠如」という大きなストレスを与えていることからおこることが少なくないと思われます。
個人主義の強い国ほどそういう人が多いというのが著者の乾燥でした。そういうことから
唯物史観、個人主義、物質主義の世界は温かい心の育成を阻害しがちであると認識する人用があると思います。
育児放棄、育児の外注化、絆のない親子関係、そういう家庭に育てられた子供が親になったとき怖いなと思います。
夫婦別姓の法制化が問題になっていますが、とても悲しい気がします。なぜそうまでして別姓にしなければならないのか。個人の自由という意識が、なんでも自分の思うとおりにならなければならない、気に入らないことはしたくないという個人主義が子育てを難しくすると思います。そこで虐待に追い込んでしまう原因のひとつではないかと思います。自分の思うとおりにならない育児、子育てに対して違和感をもち、子供たちを拒否する姿勢に通じてくるのではないかと案じます。
せっかく産まれた子どもたち、いたいけない子供たち、命を体を心を大切に育ててあげと欲しい。子供の命を守って欲しい。無力な自分に苛立ちを感じます。
[PR]
by nizicanvas | 2010-02-19 23:39 | 育児、教育、マタニティー

恩送り サークルで

ご褒美は神様からいただく
今日はスマイルのサークルでした。スマイルは以前汽車ぽっぽっだった人たちの幼児がいなくなってその会から出た人たちがつくったものです。
たいてい三、四人が集まります。今日は二人でした。参加者がこのように少ない人数では申し訳ないとしきりにわびるのですが、私は少しもかまわないと申しました。
多いときには多いときなりの会の意義があります。少ないときには少ないときなりの意義がうまれます。少ないときは個人的に入り込んだ話も出来てカウンセリングになります。
そうして私達はこんな会を二十五年以上もしてきました。
途中で来なくなった人もいればそのまま続けている人もいます。いったんこれなくなってもまた復活した人もあります。
会を設定すること、私はこれが仕事だと思っているのといいました。ご褒美は神様からいただくから心配しないでと申しました。息子が小さいとき「お母さんはモラロジーのお世話をしてお金もらえる」と尋ねてきました。「うん神様からご褒美いただける」といったことがあります。いつも下働きような私の仕事ですが、長い間続けてきて、よかったことはたくさんあります。何よりも皆さんのお役に立てたことです。私もいろいろな方のお世話になりながら育ってきました。今でもそうです。その人に恩返しはできなくても、別の人に恩返しのおすそ分けができたらそれはその人も神様も満足だと思います。
そんな話をしました。いただいたもののお礼はまた別な人にしてあげれば、それで十分です。喜びの順送りです。
[PR]
by nizicanvas | 2010-02-17 22:48 | つれづれ

愛しい孫たち

孫って本当に可愛い
今日、福井から娘の義父母がやってきました。出産前後で二ヶ月近くの留守です。
あちらの両親が孫の顔をみて「あいたかった」と嬉しそう。「そうですね。孫は可愛いから会いたいでしょう」などと話しました。二歳の陽軌はあちらにとって初めての孫。
どの孫も可愛いのですが、最初に生まれた孫は特別可愛い気がします。だから毎日でも会いたいものです。私も最近もう一人の娘の孫たちにあっていないのでなんともいえない寂しい気がしています。特に初めての孫のかなたにあっていないので寂しいです。この可愛いという感じがいつまで続くかしれませんが、孫というものはやっぱり本当に可愛い。私の母がわざわざ曾孫に会いに出てきますが、曾孫になるとさらに可愛いかもしれません。私の父が曾孫の一人くらい抱いて死にたいといっていましたが、孫たちをみると抱かせてあげたかったなと思います。そういえば私が赤ちゃんのとき私の祖母はバスで一時間以上かけて私の住んでいた田舎に来ていました。「会いたくて、会いたくて」といっていたことを思いまします。
そうして子供たちは親以外の人にも愛されて、大切にされて育って行くのですね。愛情という栄養をいっぱいもらって。
[PR]
by nizicanvas | 2010-02-17 22:19 | つれづれ

卵アレルギー

アレルギー
娘の長男が三、四ヶ月の頃卵アレルギーだとわかりました。母乳からお乳に伝わっていたのです。孫がうまれてからずーと顔が綺麗だったのです。たいてい乳児湿疹とかで赤ちゃんは汚い顔になるのですが、ずーと綺麗だったので、感心していました。たぶんお母さんがケーキなどの油類、甘いものをほとんど食べないからだと思っていました。(今回の赤ちゃんもとても綺麗です)。それなのに顔に湿疹がでてきて、乾燥が原因か、とてもひどい状態になったのです。そこで調べると卵アレルギーの反応がでました。少しでも卵が入っているものを食べるとたちまち赤ちゃんの顔が赤くなりかわいそうな状態でした。
そこで彼女は決心して少しでも卵の入っているものは食べないことにしました。それで母乳育児に頑張りました。ケーキやお菓子は我慢できても、お好み焼きや卵の入っていないものは難しいのですが、本当によく頑張って卵抜きの食事をしました。
二歳ころまで与えなかったら治るらしくもなんとしても子供のアレルギーを治してやろうと頑張っていました。母乳は1歳四ヶ月くらいまで飲ませたのですが、それまでまったく口にしなかったのです。結局1歳7ヶ月の頃 アレルギー反応の検査に行き、生や半熟以外は大丈夫ということになりました。離乳食もまったく卵なしのものを与えました。
二歳過ぎた今は生以外は与えています。すっかり大丈夫になりました。
ハンバーグからいろいろなものに卵は入っていますから、外食ができず、辛かっただろうと思います。でも卵だけだったからよかったのですが。
そんな苦労の末、子供の卵アレルギーが改善されて良く頑張ったねと私も誉めています。
二人目も卵アレルギーだったらいけないので、本人は卵をあまり食べないようにして気をつけています。彼女自身が偏食はありますが、特別アレルギーではないのですが、そんなこともあるのです。最も猫アレルギーと雑草のアレルギー反応はありますから、猫を飼っている我が家は大変です。最近はかなり軽くなりましたが。
今はいろいろなアレルギーの時代です。アレルギーは食べ物や環境に影響していますが、その下には精神的ストレス、トラウマが関係していることがよくあります。ストレス解放のスリーインワンでアレルギーを扱いますが、精神的ストレスが加わったアレルギーによく出会います。アレルギーについては私の本「命を育む」に
かなり詳しく載せています。
[PR]
by nizicanvas | 2010-02-16 22:06 | 育児、教育、マタニティー

好き嫌い

給食の功罪、偏食の話
娘と食事についていろいろと話をする機会がありました。長女はとても好き嫌いが多いのですが、小さいときそんなに好き嫌いがあるように思えませんでした。かなり大きくなってそれに気づきました。どうしてそうなったか分かりませんでした。
娘は小学一年生のとき給食を食べてしまうまで帰えされなかったことがあります。掃除のときも、後ろでたべるまで机に座らされていたことがあります。
そのことはずーと知らなかったのです。三学期のある日、近所の子からその様子を聞き驚いたことがあります。娘からも先生からも一度も言われたことがなかったのです。
どうやらそのことが好き嫌いを増やしたという話をしていました。彼女は食べるのが遅いのです。口にいっぱい入れて食べて、飲み込むのが遅いのでした。そのことは私の母から教えられて知りました。「預かったとき口いっぱいにものを入れて飲み込まないのによわった」と。私と一緒に食べているときそんなことを気にしたことはなかったのですが。
彼女の食べ方はいろいろと順番にたべるという三角食べではなく、一皿を食べて次を食べるという食べ方です。なぜかそれが治らないのです。
その食べ方は好きなものしか食べないという印象を先生に与えてしまって、先生からわがままな食べ方をしているから直さなきゃと思われたのではないかと思うと彼女はいっています。
いまさらながらの話ですが、食べれないものをとことん食べさせる方針によって食べること、給食そのものが嫌いになったようです。食べられるものまで食べたくなくなって給食が苦痛だったという娘の話になんと可愛そうなことをしていたのだろうと思いました。
なぜいわなかったのと尋ねると言っても自分が悪いのだからといいきってしまった娘の言葉に申し訳ないことをしていたと心から侘びを感じました。
長男の少食と好き嫌いに多さに弱っていた私は無理に食べさせることによって、よけいに食べ物に対してストレスを感じさせていた体験があり、そのことを反省して、食べ物は無理にたべさせることは決してよいことではないと感じていました。だから偏食に対してなるべく食べさせるように努めますが、強制してはいけないと思っていました。
娘の話をいろいろと聞いていて、もう二十五年も昔のことですが、娘をかばってやっていなかったことを本当にすまなく思いました。娘はだんだんと賢くなって、上手に残すようになったといっていました。苦難の中でいろいろと生きる知恵を身につけたのです。
三番目で手をかけられなかったことを今でも申し訳なく思っていますが、それがためにたくさん傷つけ、しかししっかり自立した逞しい子に育ったようです。
食事嫌いにさせてしまったのは私が娘のことをよくみていなかった証拠だといまさらながら感じています。今はそんな学校方針はないでしょうが、好き嫌いの全くない人はいないのですし、そんなにまでして食べさせることに何の意味があったのか、何のメリットがあったのか、小さな子供が心を痛めていたことを思うと恨めしい気持ちです。楽しいはずの給食が楽しくなかったというなんとかわいそうなことだったのでしょう!
[PR]
by nizicanvas | 2010-02-10 00:16 | 旅、食、生活、店、趣味

エチカの鏡 自然出産

エチカの鏡 自然出産
今日は久しぶりに出産に関する放映がありました。かなり以前はよくあったのですが、最近はなかったみたい。以前の放映はビデオに収めていますが、最近はビデオをもっている人が若い人にはいなくて、困っていました。家で見て欲しいと思っても見れないのです。CDにおさめているよい映像がなくて。今日は収めてもらいました。
今日の自然分娩の話題はあの吉村医院の様子を中心でした。他にも胎教の森本先生とかソフロロジーのこととか、よい話題でした。日本では少しずつ出産人口が増えているそうです。でも産婦人科は少なくなっています。だからよけいによいお産が出来るように妊婦力をつけてほしいものですが、帝王切開は2割ほどあるらしいのです。
今日の放映をみながら私の本にはそのあたりの話題がすべて載っているのだけどなとあまり知られないことに無念さを感じました。
今までお産のアドバイスをたくさんしてきましたが、たいていうまくいっています。いやすべてよいお産になっています。なんとか私の本が知られて、活用していただけたらと思います。それにしても自然出産に取り組んでおられる吉村先生のところには全国から先生を慕ってこられているのですね。素晴らしい!!! 吉村先生のような方が全国にはたくさんおられます。嬉しいことです。
[PR]
by nizicanvas | 2010-02-07 22:01 | 時事・経済・社会

もち好きの孫たち

我が家の孫はお持ちが大好き
孫たちはお餅が大好きです。先日は母のお汁粉をたべる様子に孫たちがすぐに飛んできて
食べたいとねだってみんなでお餅を食べていました。一歳三ヶ月の孫のあつきはおもちを食べるのがとても上手。喉につかえてはいけないとお餅を小さく切って与えるのですが、自分ののどに少しでも大きいと判断すると口からお餅を引っ張り出して食べやすくして飲み込む様子に驚いています。
お持ちの気配を感じてとんでくるのも愉快ですが、そのおもちを自分で食べやすくするのも愉快です。いつも思うのですが、小さな子供でも食べなくても自分のこのみがわかるのですね。 それが不思議です。
[PR]
by nizicanvas | 2010-02-06 23:12 | 育児、教育、マタニティー

産院からの退院

産院から退院
今日はお産から6日目。娘が病院から退院しました。やれやれ。というのも上の子を預かっていて、大変でした。しかし思ったほど大変ではありませんでした。母親から離れない子なのでどうなることかと思いました。お産のときは上の子は観念していい子にするものだと聞いていましたし、私も子供たちを産むとき母に預かってもらっていたので、まさにそうだなと思いました。しかし預かっているはるきくんはとても手のかかるところがある子。といってもご飯はよく食べるし、よく遊ぶし。ただぐずり出したらしつこくて大変。
特に眠さが加わるともう手がつけられないほどぐすりが始まって。夫とふたりであやしたり、といってもよくある話ですが、いやいや二歳児の特徴とやっぱり聞き分けのない育てにくい方かな?他の孫では困らなかったことです。
里帰り出産をしないで産む人がいますが、大変ですね。夫の協力がなければ本当に大変です。といっても仕事に出るのですからそうもいってられません。親が助けに来てくれない人はどのようにしているのでしょう。本当にたいへんです 。それこそ子育て支援のひとつとして面倒をみてあげる人が必要ですね。
赤ちゃんもほぼ体重が元に戻って、黄疸検査にも合格。親子揃って退院でした。「ちょっと抱いてて」と頼まれても、私も五人目の孫となると「ちょっと泣いていて」と早くもおおざっぱ。手のかかる上の子がいるから仕方ないですね。すこやかに育ってと祈るだけです。
[PR]
by nizicanvas | 2010-02-03 00:12 | 時事・経済・社会