<   2008年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

素晴らしいお産の本・池川明著 

         素晴らしき産婦人科医 池川明氏を紹介します。
このところ私は本の再版のためにお産の勉強に余念がありませんが、今回「池川明」氏の本を数冊読み、とても感動しています。池川明、大葉ナナコ、吉村正、大野明子さん方の本はみなさんにどうしても読んでいただきたいと思います。図書館で借りてでも読んで欲しい素晴らしい本です。
 池川氏は現役でバリバリの産婦人科医。産婦人科医ですが、他の先生とはとてもかわっている自然派の先生です。
 まず先生の素晴らしさを紹介。「待つお産」を実践されています。赤ちゃんの心に配慮するお産をめさして、カンガールケアーの導入、促進剤を使わない、分娩入院の短縮など、試行錯誤を重ねて、本当の自然分娩の実施に取り組まれています。
「すると苦しいだけだったお産に感動できるようになりました。赤ちゃんがフッダフェイスと読んでいいような最高に満足した表情を見せてくれる赤ちゃんもいます。しかもお母さんが大出血して命に危険が及ぶようなお産もほとんどなくなったのです。大病院に転送する救急車を呼ぶ回数が激変したのです。それは病院の先生方が目をはるような変化でした。」
「待つお産」を実践されている池川医師の姿勢に敬服します。なかなかこんな態度で待つお産をしてくださる方は少ないのではないかと思います。
私は医療者ではないのであまり批判的なことはいえませんが、関係者の話によると、医者がお産に介入しすぎることがお産を大変にしているといわれます。徹底した自然出産の吉村正産婦人科医は厳しく批判されています。
 なにかあつたら責任を負えないという病院側の立場もなるほどと納得ができますが、そういうことを学習の段階から当然のように学んで疑問をもたないということも一因しているのではなかと思います。
 「お産は待つこと」偉大な助産婦さんは以前からそういわれていました。状況によっては危険なこともあるでしょうから介入もやむ終えないところがあるとは思いますが。
池川先生のお産に対する真摯な心はいろいろなところに表れていますが、特にここで紹介したいのは「胎内記憶」です。
以前ワンダーゾーンというテレビで「出産の記憶」というのをしていたことがあり、驚きました。しかしスリーインワンをしてみれば人間の潜在意識、体は胎児期のことまではっきりと覚えているのは当たり前のように出てきます。
意識では覚えていないことを無意識が覚えていて、それを筋肉反射で出すのです。本人の記憶ではなく、親とかの他者の記憶の事実とぴったり合うのです。
 池川医師はたくさんの子供たちのデーターをとって集め、それを本にしています。
たくさんの本がありますが、
『胎内記憶 命の起源にトラウマが潜んでいる』角川SSC新書 780円
『子供は親を選んで生まれてくる』日本教文社 1200円
『いちばんわかりやすい妊娠と出産』成美堂 1200円 ぜひ読んでみてください。
『』
[PR]
by nizicanvas | 2008-08-28 12:10 | 時事・経済・社会

嬉しいサークル仲間

サークル仲間
今日はとても嬉しいお便りをいただきました。三月までサークルに参加していた人です。ご主人の転勤で引越しされたのですが、「・・・ブログでサークルのことなどを読んでいるととても懐かしく思います。子供のためだけでなくお母さんの勉強会というのが私にはとても合っていました。本当に楽しかったです。感謝。・・・」とう文面にこちらこそ感謝です。喜んでいただけて。着付け教室も始めていたら転勤で残念でした。
でも五年あいて二番目が誕生らしく。よかった。おめでとう。さっそく「はじめまして赤ちゃん」の本を贈りたいです。親も子もみんながとても仲良く集ってくれています。それがあり課題です。一生の友になります。
[PR]
by nizicanvas | 2008-08-27 23:03 | 行事

夏休み最後の育児サークル

夏休み最後、汽車ぽっぽサークル報告
夏休み最後のサークルです。幼稚園生のお友達が参加するのはこれで当分ないのです。
さこで最後にプール遊びを計画しましたが、あの暑い日日がうそたったように気温が下がってきましたのでプールは中止
 いちものようにお母さんたちのマッサージからはじめました。夏の疲れがどんとでてきたのでしょう。みんな気持ちよいと感動しあいました。その後お母さんの勉強室。子供たちは教育館の中で友達と仲良く遊びました。
 昼食・トン汁と持参のおむすび。それから子供たちに汽車ポッポ劇場。二歳、三歳の子供もちゃんと参加してくれてハンドベルを使って童謡などを大合奏。なかなかうまくできました。その後、わり箸シアターとエプロンシアター。エプロンシアターはお母さんたちが一生懸命作ったもの。わり箸シアターは絵を描いた紙を切って割り箸を貼り付けて作ったもので今から十年から二十年前に私達の作っていたYM子供会での作品です。当時小学校だった私の子供や仲間の子供が集まって作った紙芝居の一種です。たくさんの種類のお話を作っています。それを大切に保存していました。今日は「うそつき少年」「北風と太陽」
「赤ん坊になったおばあさん」の三つをしました。
 そして子供たちとクレープつくり。生地を焼いて、いろいろなものを巻いて食べます。
カキ氷も食べ放題。といってもいっぱいしか食べれるものではないですが。クレープつくりは大好評でした。
 これで長い夏がやっと終わったかんじです。夏休みの終わりを感じます。暑かったけど楽しい夏休みでした。
今回から以前YM子ども会のメンバーだった方が参加。結婚して来年お母さんになります。とても嬉しいことです。
  今回とても美味しくできたクレープの材料は虹色キャンバス2に掲載します。
[PR]
by nizicanvas | 2008-08-26 21:04 | 行事

サークルの様子

 夏休みのサークルは幼稚園生もいてにぎやかです。みんなで食事の風景と勉強会で家族地図を作っています。家族地図は家族の絆を考えるアートセラピーです。昼から子供たちはプールを並べてプール遊びしました。家よりたくさんのプールで楽しそう。
e0116341_22415938.jpg
e0116341_22421550.jpg
e0116341_22423810.jpg

[PR]
by nizicanvas | 2008-08-22 22:42 | 行事

アレルギーの問題

 子供の健康 アレルギーの解放
私のメールに食べ物アレルギーについての相談が入っていました。一応食べ物についての少しの情報を伝えましたが、私はお母さんのストレス解放がとても役に立つことを送りました。
 よく聞く話ですが、お子さんが病気、問題行動のときなど親の、特に母親の食べ物、母親の心の問題を扱うとよくなる。特に小さな子供の場合はそれが顕著である。といろいろな分野でよく聞く話です。私が気に入っていますストレス解放の「スリーインワン」でもそういわれます。食べ物のアレルギーと精神がどうかかわっているか理解できない方が多いと思いますが、心と体はひとつ。心身一如。といいますが、アレルギーは食べ物だけが原因ではないのです。食べ物とそこになんらかのストレス、心の痛みが関係しているのです。その連鎖がますますアレルギー源の食べ物を増やします。スリーインワンでそのことを扱うと本当にリアルに自分のトラウマが簡単に分かります。それも楽に優しく扱えます。
 ところで昨日スリーインワンの研修に行きました。そこで「フィア・パターン」いわゆる恐怖症の問題を扱うのですが、私は「夜かかってくる電話への恐怖」を扱いました。
 特に夜携帯電話に娘たちなどからかかってくると「何かあったかな」と不安を予想してしまい、胸が重くなるのです。いつのころからか分かりませんが、小さな孫が病気や怪我をしたりすることを恐れている私を感じます。いつもたいていそんな悪い電話ではないのですが、不安を予想しているのです。当日のワークでは、いろいろある私の恐怖症の中でその問題が優先でしたので扱いました。調べてみるとその始まりは5歳の頃、父親が原因でした。当時の父はとても難しい怖い人でした。なぜなら仕事のことでいつも難しい顔をしていたからです。そんな父にいつも気遣いをしてビクビクしていたことを思い出しました。でも私はとても父に可愛がられていましたし、私も父が大好きでした。もう亡くなりましたが、父の死は大きな痛手でした。でも子供の時には厳しい表情の父への気遣いが強かったように思います。そして思春期、父が大病など人生で大変な時期でした。それも不安に感じていたのです。
 そんなことなどが原因として出てきたのです。とても今の電話の問題と関係しているとは思えませんが、実はそこに何かがインプットされたり、引き金となって私の夜の電話の
不安が始まっているのです。ある人は水の恐怖が出産のときの羊水だったり、その他、思いのしないことが原因になっている場合があります。しかしよく考えたらなんらの関係があるのです。誰が悪いという悪者探しのために深い原因を探すのではなく、困った事態から解放されて楽になるために、自由な人生を謳歌するために解放するのです。
 決して親が責められるのではなく、親の潜在意識の苦しみを解き放つのです。そうすることがアレルギーの問題だけでなく、これからの育児を楽にすること自信があります。たとえそれによってアレルギーの根本的改善にならなくても子育てを楽に楽しくすることには間違いありません。
 痛みはいろいろな連鎖を起こして、子育てを苦しいものにします。親が心の奥にある痛みを解放して、すっきりして育児をすることを私はどんな人にも勧めたいです。私自身子供に随分申し訳ないことをしています。そのことを心から悔い、謝りたいし、そしてそれらの心の傷をなんとか解放してやりたいと願います。関心をもたれた方は「スリーインワン」を検索してみてください>
また精神的ストレスだけが問題ではないので、食べ物のことも知って欲しいです。最近読んだ本「糖鎖の力」には私の言いたいことがしっかり書いてありました。そして糖鎖という考えにとても納得しています。地球サイドに、自然の中で人間の体をみていくこの本をお勧めします。
『糖鎖のチカラ』安藤幸来著 四海書房 1400円
[PR]
by nizicanvas | 2008-08-12 00:13 | 育児、教育、マタニティー

孫日記 孫とプール

孫とプール
 夏休みに入って時々孫を連れてプールに行きます。孫の母親はお腹が大きくて連れていけないのです。プールには水着を着た大人が付き添わなくてはなりません。おばあちゃんが水着着て入るのと息子たちに笑われましたが、そもそもこのごろは一般にはプールを利用する人は中高年。健康のためにスイミングに通う人たちが多いのです。私は以前その一人としてジャパンスイミングに通っていました。
 ですからスタイルはよくはないのですが、水着や帽子、めがねその他のものはそろっています。子供のときから池や川に泳ぎに行っていました。水には親しんでいる方です。馬鹿にしないでよ。と二人の孫を連れて行きます。
 行ってみると結構祖父母ときている子供たちが多いのです。それもそのはず親たちは仕事に行き、祖父母と留守番をする子供たちも少なくないのです。そしてその祖父母とは私と同年代、六十代で、みんな元気なのです。
 孫とプールに入り遊んでいます。時々泳いでみますが、もう一昔前のように泳げません。それでも楽しいひとときです。孫と一緒に遊べる立場も悪くないなと喜んでいます。私は自分の子育てのときたくさんの仲間に呼びかけてプールめぐりをしたものです。友達と一緒にいけば子供たちは飽きることなくよく遊べます。私が一緒に遊ぶのは限界です。これからは孫の友達も誘っていこうと思います。
[PR]
by nizicanvas | 2008-08-11 00:06 | 育児、教育、マタニティー

育児サークル 夏休みの行事

 夏休みの行事 子育てサークル「汽車ぽっぽ」報告
8月前期のサークル 7日に開催しました。勉強会はニューモラルを利用しての勉強会。
その後家族地図を作り、それそれ゛の家族の思いを気づくことを行いました。お母さんに色紙を利用して家族をイメージして家族の図を作るのです。お母さんたちが折り紙で作っているそばで子供たちは一緒に切り絵をして作っていました。親子合作もあり、なかなか楽しいアートセラピーになりました。みなさんそれぞれの家族の思いが適切に出ていました。
 昼ごはんはあんかけソーメン、おろしそば。
昼から教育館の裏で水遊び。たくさんの並んだプールに入り楽しみました。そしておやつはその間お母さんたちが焼いてくれたクッキーとカキ氷。
 カキ氷は日本植生の会社がもう二十年も前から買って地域のみんなのために貸し出しをしているものです。私達は夏にはその機会を教育館で借りて集まりがあるごとに使わせてもらっています。氷は冷凍庫で作ります。
 暑い夏の一日、親子は好きなだけいて楽しんでいます。家にいるより子供たちは友達と遊べていいと思います。お母さんたちも子供だけに目を向けないでいいでしょう。
 後期はお盆過ぎて行います。汽車ぽっぽの仲間たちは日曜日にお父さんたちと一緒に日帰りのキャンプをするようです。
[PR]
by nizicanvas | 2008-08-11 00:05 | 育児、教育、マタニティー

いのちとつながる喜び よいお産と育児

お産を考える
「いのちとつながる喜び」講談社 
 なんと心穏やかに読める本でしょう。社団法人倫理研究所理事長丸山敏秋氏が書いた
良いお産の本です。タイトルに魅かれて図書館で借りてきました。
 読んでいくうちに著者丸山さんの素晴らしい人柄と考え方、まさに私か訴えたいことを
とてもきれいな表現で書かれているのです。癒される書き方です。
 いのちを育むお産のあり方、心と体のつながり、胎児期の記憶のこと、そして母親として人間としてのあり方まで丁寧に綴れている本にインターネットで著者とその団体のことを調べてしまいました。
 よいお産、よい子育てには、親自身の心のあり方、夫婦のあり方、親先祖とつながって生きることなども読みやすく書かれています。
 よい胎教、よいお産・自然なお産をし、子供にしっかり語りかけて、スキンシップをして育てることの大切さをあらためて学びました。
今このようなわけの分からない犯罪、不道徳の人の多い世の中になっている現状をみると人間誕生の原点に返って、どうしてもよいお産のあり方、よい育児のあり方を考えて欲しいと思うのです。「愛なく育てば憎しみの心が育つ」それは本当に真理だと思います。 
[PR]
by nizicanvas | 2008-08-02 02:50 | 時事・経済・社会

自然食と育児とお産と落ちこぼれ派

 落ちこぼれ自然食派
私の本を手にしてくださる方の中には「自然食」派の方、自然食に関心をもたられ方が多いのではないかと思います。自然育児、自然なお産を志す人たちには当然食生活もそれに感心をもつれるわけですから、それらの本を読むと必ず自然食に関係する人たち、書物に
出会います。それらを読むと「すごいな、よくここまで実践されてきたこと」という思いと「私にはできなかった」という思い、羨望と後悔と諦めに似た思いが湧いてきます。
私は若い頃とても熱心な自然食派でした。健康に感心をもっていた私は学生時代に自然食のことを紹介され、その集まりに行きました。そこで「マクロビィオティック」という陰陽の無双原理に基づいた宇宙観の食事学を学びました。実行できなくてもその理論に惹かれてかなり熱心に勉強しました。
当時は桜沢リマ先生もご活躍でその料理教室に通いました。その頃は小川みち先生、大阪正食協会の岡田会長をはじめ桜沢如一氏の愛弟子たちが活躍しておられる時代でしたのでたくさんの方の指導をいただきました。東京から津山に帰って勉強のために大阪まで髄分通ったものです。そして津山で自然食の普及運動をしていました。
しかし、私はその実行がいつも中途半端でした。結婚し、子供ができ、かかわる人が多くなり、正食の実行がますます難しく、夫や親戚の人たちともなどとも食事をトラブルがあり、とてもストレスの多い生活になってきました。そこで正食をはなれ、少し幅を広げた菜食へ移行し、いつのまにか適当な自然食派になっのです。
 最近図書館で大森一え著「自然食派ママの食事と出産、育児」の本をみつけ読んでみました。大森一えさんの旦那さんに昔指導をいただいたことがあります。富士山で七合食の合宿に参加したときでした。七合食とはお米とお塩と水、神様の食事という意味です。
 奥様はその他にも料理の本を出されていますが、お産や子育ての本まで出されていることに驚きました。その本は平成17年、いまから三年前に出されています。今でもそんなに厳重なことを実践している方がたくさんいるのだと感心しています。
その本の中には厳重に正食を実行され素晴らしいお産や育児をされている方も紹介され、なかなかよい本です。自然食の店、自然育児の会、自然出産の病院なども紹介されています。関心をもつたれる方は読んでみられるといいと思います。
 自然食は好きですし、今でも心がけていますが、かなりアバウトです。正食からみたらとんでもない落第生になってしまいました。だから私の本ではアバウトな食事しか勧めていません。管理栄養士で活躍の幕内秀夫さんが勧められている程度のもの「穀類野菜の和食を中心にした食事」にとどめています。どの人の教えを選ぶかはその人の思考と意思とそして環境だと思います。 落第生だからそれなりのことしか紹介できないのです。そしてそんな紹介の仕方も私は必要だと思っています。世の中は命を慈しんで育てようとする奇特な人たちと食べたいもの、便利なものに偏った命を考えない食生活を平気で行う人たちの二分化があきらかなようです。願わくば命を慈しみ大切に育てる生きたか、食のあり方、お産のあり方、子育てのあり方を学ぶ人たちが増えたらいい・・・。
[PR]
by nizicanvas | 2008-08-02 02:33 | 育児、教育、マタニティー

育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas
プロフィールを見る
画像一覧