育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas

<   2008年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

育児サークル報告 7月29日
昨日の育児サークルでは悲惨ぶりに料理教室をしました。昨年一年間指導していただいてた管理栄養士の先生が忙しくて時間が取れなかったです。
白しょうゆを使った料理の数々。白しょうゆは味も薄く、とても手軽な調味料と指導くださいました。炊き込み、スパゲティーとなどたしかにあっさりとしていいなと思いました。
その後、プールをたくさん持ち込んで裏の庭で水遊び、ボディーペイントをして遊びました。写真をとっていないので残念。二十人くらいの子供たちが大喜びで遊びました。手足体になめても安全な絵の具を塗って遊びました。次回は八月6日です。
[PR]
by nizicanvas | 2008-07-30 09:34 | 行事
 排泄情報 杉浦しずくさんのメール便
以前にも書いたのですが、インターネットで『魔法の子育て術』に「オムツはずし」の重要なアドバイスが載っていました。それで申し込んで情報がくるようにしました。「杉浦しずく」という名前で入っています。読んでいてとてもいい内容だと思います。私も著書「いのちを育む」にオムツについてかなりの情報を入れています。布オムツを見直して。そしてオムツ、排泄全般の情報を入れています。でも今日の紙おむつ一辺倒の実情に無駄なスペースだったかと落ち込むことがあります。先日私の本で布オムツを利用していますというメールをいただきそれでもよかったと思いなおしましたが、杉浦さんのオムツに関する記事に私の考え、情報も無駄ではなく、むしろとても大切なことを乗せていたと自信を取り戻しました。些細なことだけど見逃してはいけない、大切なことを載せていたと自負します。そしていつかこの情報が大切なことだと気づかれることがあると思いなおしています。みなさん私の本「いのちを育む」の排泄編をぜひ読んでみて下さい。そしてしずくさんのオムツ情報をよまれることをお勧めします。
[PR]
by nizicanvas | 2008-07-30 09:27 | 育児、教育、マタニティー

孫日記 たくましく成長

【孫日記】たくましくなっていく孫たち
二人目の孫のりおちゃん2歳10ヶ月。上の兄ちゃんのかなたとは産まれた時から面倒をみることが多く、一緒に行動しましたが、りおちゃんとはあまり行動していません。行動するときにはいつもかなたが一緒なのです。でも今日は私についてどうしても買い物に行く
ということで、自転車の後ろにつけて買い物に行きました。話すのが遅かったりおちゃんですが、とてもよくしゃべります。どうして、なんで、私が坂だから自転車から降りて押すと「どうして」「坂だから」「ふーん」とそんな会話をしつつ、ずーとしゃべりっぱなしでお店まで行きました。随分しっかりしてきたものだと思いました。
 体が細いので不安のように思えますが、さすが二番目の子。なかなかしっかりしています。頑固でたくましいのです。自己防御本能はしっかりついていますから、大きいお兄ちゃんに対して負けては居ません。上が男で下が女の子はたいていの場合女の子が強いものです。
 今夜はお風呂も一緒に入りましたが、髪を洗うとき水をかけるのも平気。本当にたくましいと思いました。かなたは三歳のときなど髪を洗うのが大変でした。しかし五歳になったかなたは最近一人でお風呂に入れるようです。髪も体も自分でしっかり洗います。
幼稚園の友達ができると聞いて以来自分でなんでもしだしました。友達の刺激を受けて成長するのですね。この時期も友達は大変大切な仲間です。
[PR]
by nizicanvas | 2008-07-28 00:37 | 育児、教育、マタニティー

子供の病気

子供の病気 夜間の異変
 夕方、娘が「はるきの顔に赤い湿疹が出ている。なんだろう」といって電話をしてきました。どういう状態か聞きましたが、熱はあまりない、ご機嫌よく遊んでいるが時にぐずる。メールで写真を送ってきました。蕁麻疹ではないかと食べ物を疑いましたが、今日は離乳食を与えていない。心当たりない。とのこと。湿疹についていろいろ当たってみたけどわからないので、とにかく様子を聞ける病院のようなところに連絡を取ることを勧め、
ただ命に別状ないようだから様子をみて明日にでも行ったらといいました。
 妹の方が育児は少し先輩。妹もいろいろ調べてみましたが分かりません。
福井市の相談所を調べて蕁麻疹ではないか、とにかく様子をみて明日病院に行ったら戸すすめられたようです。専門家に相談できてほっとしていたら、口の中からシャンプーの小さなキャップが出てきたらしい。どうやらサンプルのシャンプーの蓋をなめたようです。
それで夕方から急に湿疹が出てきたのです。おあわてでしたがやっと原因がわかりほっとしましたが、小さな赤ちゃんは本当に何をするかわからない。そういえばかなたが七ヶ月のときおもちゃを口に入れていてタイヤが外れて飲んでしまったことがあります。
 それにしても夜間どうしていいかわからないときたずねるところがあるのは助かります。
娘は緊急の相談室の一覧表をインターネットから取り出して貼って置くようにしましたが、
そんなことは市の広報などで大々的にPRしてくださればいいのにね。
 岡山県では 086―272―9939 小児科相談室があります。
平日はP 7時から11時  日曜日は 6時から11時です。
今の時代ですから メールで様子を送ることを利用するといいですね。今はもうすっかり落ち着いたようです。
[PR]
by nizicanvas | 2008-07-27 23:38 | 育児、教育、マタニティー

孫日記

孫日記   三人目の孫 はるきくん 八ヶ月
 福井の娘のところに行ってきました。なんとっても孫に会うのが楽しみです。
久しぶりに会って一緒に過ごしているとたった三日でしかも一日半もいませんでしたが、なついてくれて別れて帰るのが辛かったです。現在八ヶ月、はいはいして少しつたい歩きをしていました。会ってすぐになついてくれて、昼寝もよくするし、夜も寝るし、一人でもよい子をして遊んでいるし、何もかも手がかからない子でした。
いつもお母さんと二人ですが、人見知りもしないし、すごいと感心しました。時々近所のお友達と遊んだり、子育てサークルに出ているようです。
 昨日は永平寺に出かけたり、リズムが狂ったのと、暑いのとで、夜中に何回か泣いていました。遠出をしたり、預けたりしたときには夜中に大泣きをすることがあるそうです。赤ちゃんはとても繊細なので、気をつけないといけないのですが、そうかといって家族で遊びに出ないというわけにはいかないでしょうから仕方ないですね。
 
      離乳食
離乳食を試みていました。まだ早いからあせらないでといいました。彼には食べ物のアレルギーがあるので特に慎重にして欲しいのです。実際様子をみながら慎重にしているようでした。コーンスープを美味しそうに飲んでいたら湿疹が出たといいます。
それは牛乳が早すぎるのと、たまねぎを油で炒めたのが問題だと思います。与えるなら野菜だけ。牛乳や油はいけないといいました。
一年くらいあげなくていいといいましたが、新米ママさんはお乳がたりないのではないかと少しあせりぎみ。一日三回くらいしか欲しがらないと。赤ちゃん用のぽかりはよく飲むというのでそれは与え過ぎ。
若い人はポカリスエットがとてもよいもののように思いがちですが、私は大人でも感心しません。すごい汗が出るので必要だと思っているようでした。スポーツをする人はそれが必要だという意識が強いのですが、そんな実験結果もみたことがあります。しかし特に赤ちゃんには疑問です。私は与えたことがありません。それよりお水やお茶のほうがいいと思うし、なによりポカリは糖分が高いからお腹もちがいいと思う。それでお乳を欲しがらないのではないかなと話したりしました。
キャベツとニンジンを煮てハンドのミキサーで砕いてスープのようにして与えてみました。塩をほんの少し入れたシンプルな味付け。赤ちゃんにはダシとかはいれなくても野菜のうまみだけで十分です。自然食では大人でも野菜のうまみだけでスープを作ります。
味付けは濃くしないことです。どろどろではなくさらさらの野菜スープ。残りはだしを入れて大人のスープにしたらいいです。
 スープといえばポタージュのような濃いものを想像していたので、そんな薄いのでいいんだと娘は驚いていました。初めてのときはそんなことも分からないんだと思いました。
 野菜をやわらかく炊いたり、お米をやわらかくたくといいのですが、圧力鍋を使うと簡単です。はじめは薄くしてあげるのがよいのです。離乳食はおそいほど特別なことをするのが少ないので楽です。
桃、スイカをそのまま口で吸わせるとそれも喜んで食べました。ただし少しだけ与えるようにしました。
赤ちゃん用果物ジュースを飲ませたら湿疹が出たというので、いくら百㌫果汁といっても生そのものとは違うのだと思います。生では湿疹が出ませんでした。
娘と離乳食についていろいろと話した楽しいひとときでした。
次はいつあえるか分かりませんが、孫というのは本当に可愛いものです。
[PR]
by nizicanvas | 2008-07-27 00:58 | 育児、教育、マタニティー

父親殺しに思う

父親殺し
またまた悲しい事件がありました。今回はどうして父親を殺したかわからないというのが精神科医などマスコミでの反応でした。仲のよい普通の家庭。あの程度の叱責はどこにでもあることだし、まったく見当がつかないという話です。
 私は本当に心の通う家庭であつたかどうかわからないと思います。女子がかなり無理をしていい子をしていたかもしれません。それにしてもそれでも父親を殺すという恐ろしいことをするなどやはりかなり普通ではないと思います。
 そんなときにはやはり目に見えない世界のことを考えます。だいたいどの犯罪でもそうですが、もしかして霊的な障りが、かなり恐ろしい障りがある家なのかもしれません。土地とか家とかあるいは先祖祭りにかなりの問題があるかもしれません。
 ということは単純に考えれば、その親たちは先祖祭りちゃんとしている家庭でしょか。
目にみえない世界、オカルトとして軽く扱わないで大事に考えるべきことです。先祖に心を寄せる生活、神仏の礼拝などの行為がなされているうちなのでしょうか。
 すべて予想ですが、普通マスコミ、教育界ではそういうことはとり立ざたされないことですが、ある調査によると少年院に収容されている子のほとんどの家庭に神仏を礼拝する習慣がなかった、あるいはそうする場所がなかったといわれています。
 幼児教育を研究している私としては、胎教や乳幼児期からのあり方まで調べたいところです。仕方なく産んだ子かもしれません。生まれた後にスキンシップが十分なされたでしょうか。彼女が自己受容を十分してもらった家庭なのか調べたいところです。
今開いている本『育児室からの亡霊』をみるとよけいにそれを感じます。そして家庭の中にもっと宗教教育、神仏につながる、親先祖につながる教育をすること大切さを親たちにお知らせしたいです。自分の今の家庭の幸せだけに満足するのではなく、親先祖とのつながりを大切にすることがよい子育てに大切なことをなんとかお知らせしたいです。
[PR]
by nizicanvas | 2008-07-21 23:47 | 旅、食、生活、店

魔法の育児術

魔法の育児書 育児情報
育児情報を得ようと偶然開いたところになにやら興味津々の話題「三日でオムツが取れる」
などお母さんたちがないて喜ぶ情報がいっぱい並んでいました。何をかいているのかなとずーと読んでいきましたら、その方法を書いたテキストを売りますということでした。3万円くらいなのを16800円にします。高い!と思いましたが、それを使った人たちの喜びの声を読んでいるとそれだけの価値があるかもしれないなと思いました。
私は今まで髄゛分いろいろな勉強会に参加して。その費用はもう半端ではありません。たとえばスリーインワンの講座でも一日二万円くらいはかかります。それだけかけても魅力のあるものですから、参加していますが。その他子育ての親業、アドラー心理学、いろいろいろ参加しましたが、一講座、四、五万はしたと思います。
ですから育児全般がそれだけの値段なら本当は高くはないのですが、てにしていないものを買うのは勇気が要ります。結局「魔法の育児術」の項がたくさんありすぎて、途中でやめました。また開いて気に入ったらどれか買うかもしれません。育児の勉強はお金を出してもするべきというのが持論です。よい育児法を学ぶとどれだけの物心の得かしれません。育児は見よう見まね行き当たりばったりでなく、育児方をきちんとお金を出して学ぶことは、一生の得と思います。そうしなくてあとから学んだ私はつくづくそう思うのです。
毎日イライラカリカリして子供や家族に毒ガスをまきちらせば、家族の心身がおかしくなるのは当然。家の中を医者要らず、明るくすっきり楽しく育児や生活は宝物を得たと同じことです。「魔法の育児術」のそれをお勧めするわけではありませんが、一度開いてみるのもいいでしょう。
ところで私の育児書「いのちを育む」にも「魔法」という言葉で紹介してます。それは「育児に役立つ魔法の技」です。これはスリーインワン、および筋肉反射のことを紹介していますが、本当に役に立つのです。先日書いた「不思議な災いの霊障」も筋肉反射で探します。
[PR]
by nizicanvas | 2008-07-20 23:41 | 育児、教育、マタニティー

B郡 溶連菌

B郡 溶連菌 
8ヶ月の娘が検査で「GBS B郡溶連菌」の検査にひっかかってしばらく薬を飲むことになりました。先日孫が「溶連菌湿疹」で数日幼稚園を休みました。それでうつったのかなと思いましたが、そうてもないらしい。その原因はよくわからないということです。
ただ産道を通るとき菌が胎児にうつる可能性もあるため点滴をしてお産に望むそうですが、パソコンで調べると、間に合わなくて産んでしまったり、でも陰性だった。などという愉快な報告がいろいろありました。
 私としては孫も妊婦も始めてのことで驚いています。いろいろな病気が発見されるようになったのですね。
 まれに腎臓の悪い子がうまれたりするから念のため出産時は気をつけるそうです。五年前の孫のときには検査はありませんでした。三年前の孫のときはあったらしいのですが、大丈夫だったらしい。これも一応は知っておくほうがよい知識ですね。原因はよくわからないのですが、免疫力が低くなると感染するのかな?これも運の問題でしょうか。
めったに風邪もひかない丈夫な子ですが、疲れたり、何か免疫が下がるときに病気になるのでしょうね。ところで今の健康にはまったく関係なし。元気いっぱいです。
[PR]
by nizicanvas | 2008-07-20 23:24 | 時事・経済・社会
不可解な現象 子供がお風呂を怖がる
 少し前のことですが、二歳のお子さんがお風呂に入るのをいやがつて10日も入っていない。お風呂の中をみてとても怖かるというのです。それはおかしいね。と例の如く筋肉反射を使って調べました。そこには霊障があることがわかりました。そこでお母さんに浮遊霊に対してお祈りをして、除霊してもらいました。その後すっかり直ったという話を聞き安心しました。とても不思議な話ですが、そういうこともあることを知っていただきたくて載せました。へんな泣き方、様子がおかしいとき、そういう霊障ということもあるのです。私は筋肉反射を使って調べます。つまり体に感じていることを、筋肉反応を通して調べるのですが、ほとんどあたります。そして除霊は簡単。ますはうかばれない霊の心を慰めて成仏してもらうことを祈願してあげるのです。幸せな生まれ変わりを祈り、言い聞かせ、今の場所から出て行ってもらうのです。それ以外にもありますが、まずはそれでたいてい大丈夫です。赤ちゃんや子供は右脳がとてもよく働くためか、感覚がとても敏感なので大人にはわからないことを感じるのです。
だすから子供が怖がっていたりするとたいてい本当です。そういう場合は霊さんにとにかく慰めの一言をいい、よく言い聞かせて、出て行ってもらうように頼み、さらに幸せを祈ってあげるのがよいようです。
ただし、すべての不思議な現象が霊であるとはいいきれませんが、そういうふうにしてみるのも無駄ではないでしょう。一円もお金がかからないのですから。
 れについて私の本『いのちを育む』に少し載せています。筋肉反射は言葉で説明できないこと、心の深いところ、本人も気づかない状態を調べて知ることができるのでとても素晴らしい子育てにも役立ち、便利な、特殊テクニックのひとつです。
[PR]
by nizicanvas | 2008-07-11 22:01 | 育児、教育、マタニティー

お産を学ぶ

お産に
今子育て広場シリーズ1『はじめまして赤ちゃん』の本の書き直しのためにお産情報を改めて学びなおしています。最近読んだ本『いのちを産む』『分娩台よ、さようら』大野明子著 『産んでよかった高齢出産』『35歳からのおめでとたスタンバイ』大葉ナナコ著です。等々です。
大葉さんも大野さんもインターネットで検索できます。すごい! お産に対しての考え方、また妊婦さんへの指導、特に産婦人科医の大野明子さんの行動。ただただ敬服するばかりです。命を削ってよいお産と取り組んでおられる姿にマリア様を感じます。
この大きな感動は言葉では説明できませんが、とにかく授かり物の命に対する謙虚な姿勢は神の化身かと思うほどです。大きな本ですが比較的簡単に読めます。とても助産院では産めない、もう終わったからどうしようもないという人も一度大野さんの本は読んでいただきたい思いです。感動しながら二人の本を読み込みました。まさに読み込んだのです。
 また機会を別に書きたいのですが、出産のフリースタイル。とても考えさせられる内容です。
[PR]
by nizicanvas | 2008-07-11 21:43 | 時事・経済・社会