育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas

<   2007年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ヨガ体験

     ヨガ体験
 ヤングママのサークルではヨガを体験しました。知人にヨガの先生がいてお願いしました。お試しということで10人ほどの希望者が集まりました。赤ちゃんやうろうろする子どもをつれての参加でしたが、みんないつも参加しているのでほとんど邪魔をしないで仲間たちと遊び、お母さんたちはヨガを体験することができました。
 サークルに参加するお母さんたちはもともと積極的な人たちなのでしょう。いろいろな会によく出ています。最近はダンスのような体操のような会に子どもずれで参加しています。子どもは150円で預かってくれるので安心して体操に打ち込めるようです。それは市の主催です。
 なんであれ、お母さんたちが生き生き楽しく過ごせれば子どもにも好影響です。
 今回はゆっくりとしたヨガを体験して、少しの間でも心を落ち着かせることができたと思います。
[PR]
by nizicanvas | 2007-06-29 00:54 | 行事

本紹介

  子どもを伸ばす一言 ダメにする一言
 サークルではいつも使っている本がニューモラル誌やれいろう誌ですが、浜尾実著『子どもを伸ばす一言 ダメにする一言』PHP\500
 毎回目次の中から気に入ったものを選んで読みます。80ほどの問題に対して具体的に回答されていますからとても勉強になります。先回は「こどものやりたいことはどんどんやらせなさい」と「聞きたがりは子どもの仕事」を読みました。この本はぜひ一冊お手元に。

  このブログは子育て、教育情報のブログです。ほかに「nizican2.exblog.jp」もあります。生活のこと、生きた方のこと、その他楽しい話題、役に立つ話題をいろいろ載せています。ぜひご覧ください。
[PR]
by nizicanvas | 2007-06-22 20:49 | 行事

子どもが育つ魔法の言葉

 ヤングママ サークル 『魔法の言葉』
 今月のヤングママサークルはもう終わりましたが、毎月少しずつ読んでいた『子供を育てる魔法の言葉』が終了しました。毎回一章ずつ輪読していました。19章ありますから、二年以上かかりましたが、読んで意見交換し、付随する内容も説明をして有意義な時間を過ごしたと思います。
 この本は皇太子様が愛子様の教育の参考にしていると紹介されて爆発的に読まれています。その前からすでに何回かブームがあったようですが。
作者のドロシーさんは今年亡くなられました。
いつ読んでもその時代にぴったりのよい本です。決して時代に翻弄されることのないよい内容です。ドロシーさんの本の「魔法の言葉」は数種類でています。嬉しいことに十代の子供が育つ魔法の言葉もあります。ぜひお手元におかれることをお勧めします。
 先日のサークルではティッシュボックスで「いないないばー」を作りました。とても簡単で楽しい工作になりました。
 当日の昼食メニューは ポテトぱん、ラズベリーぱん、ひじきパン、
もずくのサラダ 帆立貝のスープ でした。
 来週はお試しヨガをします。   
[PR]
by nizicanvas | 2007-06-22 20:31 | 行事

遅い言葉

        言葉の遅れ
孫のりおちゃんは今一歳9ヶ月です。りおちやんはまだ十分話せません。お兄ちゃんのかなたくんがとても早くからしっかりしゃべっていたのでお母さんはとても心配していました。でもりおちゃんのお母さんもおしゃべりは早くなかったことを思い出しました。我が家の長男は「口から生まれたの」といわれるほど、しっかり、はつきり早くからしゃべっていたのですが、妹の方は遅かった記憶があります。
「あんたも遅かったよ、でも二歳過ぎたら堰をきったようにしゃべりだし、以後、口は止まらないよ」といいましたら安心してこのごろは言葉の心配は出ていません。本当は私もちょっと心配になるときがあるのですが、でもしゃべらないわけではないのです。よく聞いていたらちゃんと言葉になっているのです。声がとても小さいのと、言葉がはっきりしていないのです。でも自己主張もしっかりします。なかなか頑固です。
上のかなたと一緒にいろいろなところに出かけて、たくさんの人から声かけされているのですから遅いのが不思議ですが、個人差があるのですね。二歳過ぎたらどんなにおしゃべりになる楽しみです。
[PR]
by nizicanvas | 2007-06-20 23:19 | 育児、教育、マタニティー

古いおもちゃ

        古いおもちゃ
 今日物置の掃除をしていて古いおもちゃ、半分壊れたおもちゃを見つけました。私の息子たちの車や怪獣のおもちゃです。捨てようかなと思ったのですが、まだ使えそうなので孫に見せると大喜び。
 実は我が家では昔のおもちゃを保存しているので、息子や娘のおもちゃ、人形や車などがいっぱいです。しかも昔のブリキのおもちゃや単調な仕組みのおもちゃはとても丈夫なのです。
田舎の家でペースがあるのが幸いしていますが、私のもったいない症候群が幸いにも役に立っています。また本なども全部とっていますから、それを孫たちや近所の友達が見ています。
 私が娘に読んで聞かせた本を今娘が子供に読んで聞かせています。できるなら大切にしておきたいものだと捨てなかったことを自慢に思います。でも置き場がなければ仕方ないですね。
[PR]
by nizicanvas | 2007-06-18 22:55 | 育児、教育、マタニティー

ほめられるの大好き

   子供もほめられるの大好き 
ほめ言葉に弱いのかな??
 私の孫のリオちゃんは只今一歳9ヶ月。外に出ようとするリオちゃんに「お靴はこうね」と声をかけ、買ったばかりかわいいサンダルを履かせようとすると「痛い」と嫌がります。そうかまだ新しいから痛いのかなと違う靴を履かせました。ところがリオちゃんのママがいうのに、買うときからリオちゃんは気に入らなかったらしいのですが、あまりに可愛いのでかったらしいのです。リオちゃんも自分の好みがはっきりしていて、気に入らないものは身に着けないらしいのです。小さくてもそんなところまで意思がはっきりしているなんてすごいなと感心しました。じゃあ無駄になって惜しいねと話していましたが、ところが・・・。しばらくして「見て」
の声。なんとその靴をちゃんと履いているではありませんか。「どうしたの?」 近所のお友達のリミちゃんのおじいちゃんが、「可愛い靴、リオちゃん似合うね。可愛いよ」とそんなほめ言葉をいいながら少しずつ履かせてくれたのです。なんとこれもすごいと思いましたよ。もちろんそんな丁寧な履かせ方をする人にも驚きましたが、可愛い、可愛い、似合うの言葉に女心が揺さぶられたのでしょうか。
 女の子ってやっぱり可愛いという言葉に弱いのかな。それ以来、リオちゃんは可愛いサンダルを得意げに履いています。
[PR]
by nizicanvas | 2007-06-17 23:20 | 育児、教育、マタニティー

虫に夢中

         虫に夢中
 もうすぐ四歳のカナタ君は車も飛行機も大好きですが、今はもう虫が大好きです。カブトムシ、クワガタムシ、いろいろな種類を見事に見分けて名前をいいます。子供ってどうしてあんなに細かい違いが分かるのでしょうか。それは右脳の力のようですが、とにかくすぐに違いを見分けます。  そして、持ち物全部に虫。歯ブラシからお箸から、洋服から。とうとう長靴にも虫がいっぱいついています。そんなもの売ってるんだと驚きましたが、注文で買ったらしいです。一年前あたりから虫好きになりました。
 虫のシールを部屋中に貼ったり、子供って本当に凝り性ですね 。
ところが女の子は男の子ほど車にも飛行機にも興味が少ないようです。
まして虫にもあまり興味をしめしません。遊ばないわけではないですが、車で遊ぶ女の子の姿はあまり見かけません。やっぱり人形やおままごとなどが大好きです。
 でも男の子はおままごとは大好き。砂場でも部屋でもいろいろなものを
食べ物に見立てておままごとして遊んでいます。買い物ごっこや生活の大人のまね。それはごっこ遊びですね。
車にしろ、虫にしろ、怪獣にしろ、男の子の凝り性は半端ではないようです。それは個人差でしょうか。いや、男女の違が確かにあることを目の当たりにしています。
[PR]
by nizicanvas | 2007-06-17 23:17 | 育児、教育、マタニティー

行事

6月のヤングママ行事
11日(月)きしゃぽっぽ
13日(水)スマイルサークル
21日(木)きしゃぽっぽサークル
28日(木)ヨガ・・・お試し会
[PR]
by nizicanvas | 2007-06-12 22:49 | 行事

折り紙

 蛍
 今まさに蛍の時期。先日も孫たちと見に行ったのですが、あまり見えませんでした。今日は素晴らしい場所に見に行くことができました。
 旧久米町の宮部の川。下になるそうですが、川の中、側にたくさんの蛍が飛び交っていました。星か蛍かというほどの蛍の大群。一緒に行った孫も大喜びでした。もっと川上の蛍の里に行くとすごいと思いますが、そこで十分手楽しめます。いつもはたくさんの人が見に来ているとか。今日はすくなかったですが。ほかにも蛍のいるところによりましたが、あの見事さはほかにはみられないほどすごいです。感動でした。
 最近は蛍がよく出るようになったそうです。きっと川がきれいになったのと、蛍のえさである川ニラがたくさんあるからでしょう。
蛍をじっくり見たいときには、暗くなって家を出るより、暗くなる前に現地に行ってそこで暗くなるほうがいいと思います。小さな子供を連れている人は特に。皆さんもぜひ蛍を楽しんでください。
[PR]
by nizicanvas | 2007-06-12 22:47 | 行事

 蛍
 今まさに蛍の時期。先日も孫たちと見に行ったのですが、あまり見えませんでした。今日は素晴らしい場所に見に行くことができました。
 旧久米町の宮部の川。下になるそうですが、川の中、側にたくさんの蛍が飛び交っていました。星か蛍かというほどの蛍の大群。一緒に行った孫も大喜びでした。もっと川上の蛍の里に行くとすごいと思いますが、そこで十分手楽しめます。いつもはたくさんの人が見に来ているとか。今日はすくなかったですが。ほかにも蛍のいるところによりましたが、あの見事さはほかにはみられないほどすごいです。感動でした。
 最近は蛍がよく出るようになったそうです。きっと川がきれいになったのと、蛍のえさである川ニラがたくさんあるからでしょう。
蛍をじっくり見たいときには、暗くなって家を出るより、暗くなる前に現地に行ってそこで暗くなるほうがいいと思います。小さな子供を連れている人は特に。皆さんもぜひ蛍を楽しんでください。
[PR]
by nizicanvas | 2007-06-12 22:46 | つれづれ