育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas

カテゴリ:健康( 87 )

講演会のご案内

健康つくりのための講演会をします
    〘 女性クラブ 健康講座 〙
日時 平成28年 12月10日(土) 午後2時から4時
会場 教育館 二階 津山市高尾 佐良山駅南隣り
        (佐良山交番前 馬場プロパン横)
講師 岡山健康と咬合を考える会
歯科医師 池上孝先生 (池上歯科医院 岡山市) 
参加費 500円    
※申し込み不要です
 主催 津山モラロジー女性クラブ 
      問い合わせ先 津山モラロジー事務所
       電話 0868-28-6498 (平日9時から5時半)
           担当 柴田
[PR]
by nizicanvas | 2016-11-22 22:12 | 健康

手足の痛み腰痛セミナー

第51回の健康講座 ニューロスパイナルセミナーが津山市桑村の秀実小学校体育館で行われました。私はこの講座で済生会脳神経外科に出会い、救われたので、皆さんにお知らせしています。その講座が津山市近辺である時皆さんに案内して私もいつも出かけます。講義が面白くて毎回出かけます。
もう追っかけです。もちろん私の勉強になります。そして新しいことも聞けるのでとても楽しみです。今回は大阪警察病院と東京の三田病院の脳神経外科の二人の先生も一緒に来てくださって講義をしてくださいました。田舎のおじいちゃんおばあちゃん相手に最新の高度な医療についてわかりやすく、楽しくはなしてくださるこんなチャンスはそうありません。映像を使っているからとてもわかりやすい。私達はなんと幸せだと思います。最新の手術情報だけでなく、腰痛にならない為の運動や栄養、そのた本当にこれからの健康に必要なことをたくさんの先生方が丁寧に抗議してくださいます。
来月は御津町で11月13日にあります。脳神経外科の先生は皆さん優しいし、面白い、とても親しみのある方ばかり、それにイケメン。それはとても楽しみです。そうでもない人もいるけど、でも皆さん楽しい人ばかりのような気がします。講義も上手です。なにより医療に対する真摯な取り組み方は尊敬です。日曜日々を返上してボランティアで地域住民の健康のために頑張ってくださるなんて本当に有難いことです。
[PR]
by nizicanvas | 2016-10-02 21:52 | 健康
今日は奈義町で岡山済生会総合病院の出前健康講座が開かれました。400人の席に半分くらいの参加だったかな。奈義町では二回目、三年前奈義で講座をして、脳神経外科の手術を受けてよくなった人がたくさんいてまた開催されたようです。
先生方の講義はますます上手になりますます充実していました。専門家が一般人に最新医療、身近な腰痛の話をする講座は珍しく、私は自分が手術して以来、津山地区でこの講座があるときは応援に行っています。皆さんを誘って。今日は後縦靭帯骨化症を手術したダンサーのイソップさんが応援参加。イソップさんは本名は丸山悟史。2006年のブレイクダンスの世界チャンピオン、歌を歌い、絵を描き、踊るスターですが、ある時から左手足、そして右手足がしびれて動かなくなり、ついに手も上がらなくなってダンスができなくなった。そして医師を訪ねたがどの医師もどうしようもない、動かないで転ばないようにして過ごすしかない。首の神経が切れたら死ぬといわれたらしい。インターネットで探してついに済生会の中島先生を訪ねて、手術をしてもらったのが二年前。そして素晴らしい復帰で、今日もたくさん踊って見せてくださいました。とても気さくな楽しい人で、健康体操のダンスを指導してくれました。まだ手足の痺れも残っていて全部は治っていないけど、生きているだけで、踊れるだけで有難いと本当に謙虚に話され、私は感動しました。今回はイソップさんにあえて本当に良かった。同じように首の手術をしたものどうしで息が合い、少し個人的に話しましたが、とても優しいひとでした。まだ39歳です。
今日は記念すべき50回のニューロスパイナルセミナー、出前講座でした。
[PR]
by nizicanvas | 2016-08-28 21:29 | 健康
済生会脳神経外科の医師たちが中心になって地方で開いている健康講座が8月28日に奈義町の文化センターで一時からあります。二年前私はこの講座を勝央町で受けて、それで脳神経外科の医師でと出会い、手術を決意して救われました。この講座は一年に一度か二度県北でありますが、その時は皆さんに広めています。腰の悪い人にとにかく最新の治療の事を知って欲しいとおもします。特に脳神経外科が脊椎脊髄を扱うことを、体に優しい低侵襲手術の事を知って欲しいと思います。
詳しいことは奈義町のホームページに出ていると思います。首や腰に関するいろいろな情報が分かりやすく聞けます。無料です。誰でも参加できます。主催は奈義町の子供長寿家です。問い合わせ 0868-36-6700 
大阪警察病院や他県からこられての医師の話もありますし、今回は首の骨化症の手術をしたダンサーの方も演技されます。とても楽しい会になりそうです。
[PR]
by nizicanvas | 2016-08-24 20:49 | 健康
一年前の三月、ちょうど15か月前、半年待ちで手術を受けました。命かけのつもりで首の手術を受けましたが、なんてことなく気が付いたら手術は終わっていました。そして今まで上に向いて寝ることができなかったのにちゃんと上に向いて寝ている自分に感動しました。
それは岡山済生会病院の脳神経外科の先生に出会い、手術のその話を聞いて感動して、受診し、首と腰の狭窄症手術との縁ができたことから話が始まっています。
手術は絶対しないと、しないで保存療法で治す方法を探し回っていた私がとうとう手術の選択をせざるをえなかっのですが、それが本当にありがたいことでした。こうして元気になって先日は夫とスイスの山に行ってきました。足元の悪いぬかるんだスイスの山を歩いて降りることができたのも手術をして回復したからです。脳神経外科の先生との出会い、鍵穴手術の出会いによって私は人生を取り戻せたのです。そのことをどうしても多くの方にお知らせして、手術に悩む人たちの勇気づけになりたいと自分の体験記を書きました。いろいろと研究して、いろいろ情報も集めて、200べージ以上の分量です。
インターネットでの原稿募集に応募して共同出版の話をいただきました。本当は企画出版でお願いしたいのですが、今日それはとても大変なことらしいのです。共同出版はお金を出して作ってもらうのですが、販売のためのさまざまな協力をしてくださるようなので、依頼しようかなと思いますが、まだ迷いもあります。以前子育ての本を二種類自費出版しましたが、やはり販売に苦労しました。だからやはり販売のことを考えると自費出版ではと共同出版を選ぼうとしています。
原稿は完成しているのですが、まだ主治医の許可がいただけてないので、出版にはまだ時間がかかるでしょう。手術への偏見や誤解のために治るものが治らないは本当にもったいないと私は体験で思います。腰痛で困っている人はかなり多いようですが、情報不足、まして体験者がちゃんと語っている本は内容です。よい手術に出会い、その後の回復のためによいリハビリに出会い、体操に出会った私はそこまで述べなければ手術だけでは完治と感じるのは難しいのではないかと思います。なぜなら長い間痛めた筋肉はそうおいそれとは回復しないのです。そんなことも丁寧に書きました。
狭窄症で悩んでいる人の声をきくほどに早く本を出したいとおもいます。
[PR]
by nizicanvas | 2016-08-02 21:55 | 健康
狭窄症手術の回復にカーブスの体操に通い始めて一年たちます。一年続けた私の感想をエッセイ募集に応募しました。私はいつも手術の回復にはリハビリ、運動と皆さんに言っていますが、その最も手軽なのがカーブスの筋トレ教室です。
うまく書けたと思ったけど、体験的にもっと素晴らしい人たちがたくさんいて私は佳作でした。
エッセイ募集のポスターを見て、書こうと思って書いたのです。
とても素直な、ありのままの私の思いでした。カーブスの筋トレが私にはとてもあっていると思います。今日も行ってきました。無理なく、気ままに行ける体操教室で、なんと素晴らしい方法を考えたものかと感心しています。
ずーと続けていかなければと思っています。そして機会あることにそのよさをPRしています。
「カーブス、エッセイ大賞 岡山県」で検索すると一度にでます。「カーブスのホームページでは
エッセイ大賞で都道府県別で検索しなければみつけられません。手術後のリハビリとして利用したカーブスの体操についての体験を読んでください。
[PR]
by nizicanvas | 2016-08-02 21:36 | 健康

整体

津山市内で新しい整体に出会いました。看板にはカイロプラティックとありました。私は腰の一部の痛みが取れないので、これはもう狭窄症とは関係なく別な原因かなと思っていました。どうしたら楽になれるかいろいろとしてみました。岡山に体の矯正の治療にもいきました。なんとなく体の歪みが痛みになっている気がしてなんとか体のバランスを取る治療に出会いたいと思っていました。
旅行の前になんとかしたいと思って、以前から目にしていたその治療院を尋ねてみました。
整体師は私のいろいろと詳しい事情を聴いて下さり、役に立つかもしれないという方法をためしてくれました。まず腰の筋肉のバランスを取ってくれました。たった二十分の治療でしたが、終わった後とても軽く温かく感じました。それから旅行に行きましたが、痛み泣く過ごすことができました。さすがに三日間の強行軍で多少の痛みが出てきたので、今日また治療に行きました。ほんの少しの筋肉の矯正ですが、とても楽になります。そこではカイロを中心にいろいろな方法を取り入れているのです。
長い間の頑固な腰の痛み、それが楽になってああこれでやっと楽になってきたとほっとしています。しばらくそこに行こうと思います。いろいろな好い出会いに出会って嬉しい限りです。
naoという治療院です。小田中にあります。
[PR]
by nizicanvas | 2016-03-29 21:19 | 健康

手術一年

昨年の今日、私は頸椎狭窄症の手術をうけました。朝8時に病室を出て、部屋に戻ってきたのは夕方六時半でした。十時間、正味七時間の手術時間でした。顕微鏡で患部をみながらの細かい手術、執刀の医師には心からの感謝でした。ベットに帰ってすぐに言われたことは「手を動かして。手をあげてみて、首を動かして」でした。手が動く、助かった。首の手術を恐れていた私はそう思いました。真上になって寝ている自分の姿に驚きました。腰を動かしてみると腰が楽と感動しました。
あれから一年、いっぱいいろいろな体験をして、いろいろな人に助けられて、いろいろな人に出会って、今があります。もう私の役目は終わったと思ったこともありましたが、いろいろなことを復帰し、また目まぐるしく、忙しく過ごしています。今年69歳を迎える私は本当にやり残したことがないように頑張らなきゃと思います。
[PR]
by nizicanvas | 2016-03-16 22:52 | 健康

首の手術

知人の知り合いが首の手術をした後、首や胸のあたりがチクチクすると嘆いているのですがと問うて来られました。手術してまだ一週間あまり、ということは退院したばかりです。手術は私と同じ済生会の鍵穴手術。私は腰もしているからか、手術して後は回復リハビリに入ってリハビリを一カ月受けました。以前にも首の手術をした人はリハビリ入院などしなかったと聞いたことがあります。
首の場合はリハビリ入院はしないのかなと疑問なのですが。
医師によって違うのかなとも思います。知人が腰の手術をした後一週間で退院して、ついでに家に帰ったのですから。「先生リハビリしないで退院している人がいます」と尋ねると「あなたは回復リハビリでゆっくり治しなさい」といわれました。
その入院の初め頃、首は特に緊張していた状態だったと思います。リハビリで首を上下左右動かす練習をしたり、マッサージをうけたり、初めはロボットみたいな歩き方といわれていましたが、だんだんと楽に歩けるようになりました。初めは首を動かさないで歩いていましたが、首を左右前後に動かす訓練もしました。退院後から後ろ頭が重くなりました。医師に相談すると「首を手術した人の宿命だ」といわれました。手術の医師からも「首の手術をしたら肩が凝りやすい」と言われました。
三カ月くらいからカーブスに行きました。首や肩の筋肉強化はどうしてよいかまったく分からなかったので、カーブスはありかだかったです。そうすると頭の重いのや首や肩の張るのが消えました。
やはり首も筋トレが必要だったのです。リハビリで首肩も筋肉を強化しなければならないことをアドバイスされましたが、手術をすると筋肉が弱るのですね。
知人に体験したいろいろなことを伝えましたが、手術の後はなんでもスムースにすぐに改善するわけではありません。私は手術をして治らない、痛いという人にそのことを伝えて安心してもらいたいと思っています。私も隋分悩みました。よくなっていることを喜び、治らないことを悲しみ。でもだんだんと楽になってきました。そんなことを伝えたいと思います。
[PR]
by nizicanvas | 2016-03-14 21:51 | 健康

狭窄症の手術をして一年

そろそろ狭窄症で首と腰の手術をして一年になります。ああ一年だと感無量になりました。
一年前は本当に辛かったけど、今は嘘のように元気になりました。最もまだ回復していないこともありますが、一度傷めた筋肉や神経の回復には時間がかかるようです。
手術二年目を迎える知人が「このころやっと痛みや痺れを感じることが無くなった」と言っていました。狭窄症の手術をしてもあまり良くならないという話をよく聞きますが、それは筋肉や神経の痛みが取れていないことを指すのかなと思います。一度痛めたものを全快するにはとても時間がかかる事を私達は知らなければならないようです。そしてまたその痛みは他の事が原因かもしれません。
胃の手術をして腸まで回復するという事はないのと同じで、脊柱管はよくなっても今まで痛めた足腰の全体がすぐによくなるというのは内容です。
やはり時間をかけて治すしかないようです。その時筋トレ等をしていれば筋肉が鍛えられてこれから先が健康に行けるのです。
それにしても私が済生会の脳神経外科の医師と出会ったのが本当に奇跡でした。あの時研修があるという一枚の紙を捨ててしまった居たら・・・。私は今でも痛みと辛さと苦しさに苦しんでいたかもしれません。もしかして、我慢できずに近くの整形外科で手術を受け、脊椎に金を入れた手術を受けていたかもしれません。自由に体を動かすことができる鍵穴手術が受けれて本当に有りがたかったと今でも本当に感謝です。このことをまとめた原稿をそろそろ売り込まなきゃと思います。私の体験が辛い人達の役に立つようになれたらいいと願うものです。
[PR]
by nizicanvas | 2016-03-12 23:31 | 健康