カテゴリ:つれづれ( 244 )

親心

このたび私は狭窄症手術体験記を出版しました。私の本は腰痛、特に狭窄症で困っている人、手術を迷っている人に役に立つ本です。だからみんなに読んでいただきたいという思いで書きました。この本を私の母がいろいろな人に配るのです。もちろん購入してですが。必要な方には買って欲しいからそんなに配らなくていいというと「私ができることはこんなことだから」と本屋に注文して配るのです。
そんな姿におかしいくもあり、涙してしまいます。親だからこそしてくれるのだなと思うのです。よく吹き込んだCDを親が音楽店に行って買って配ると言う話を聞きますが、まさにそれ。
子供も夫も冷たいもの、本を渡してもおめでとうとも言わないけど、母は喜んでくれて、一生懸命読んでくれて、そして皆さんに読んでほしい、広げて欲しいと郵送してり、本当に有難い姿です。そんなにしてくれるのは本当に親だけなんだと改めて親の有難さを感じました。「親思う子に勝る親心」です。

[PR]
by nizicanvas | 2017-12-12 23:54 | つれづれ

バッテリーが上がった時には

私はとてもうかつ者。トンネルを通った後、早朝後、バッテリーが上がっている事しばしば。
先日は岡山空港で上げてしまいました。五日間スモールが付きっぱなしで、バッテリーも相当にいかれてしまったのです。おお困りでしたが、任意保険に入っているならそちらでと聞いて、保険屋さんを通してきてもらいました。
ジャフに入っていなくても保険に入っていれば事故だけでなく、故障も可能なんですって。24時間。長い事知りませんでした。

[PR]
by nizicanvas | 2017-12-05 23:59 | つれづれ

脳神経外科の手術体験記(頸と腰のの狭窄症)発売になりました 

今日から書店やインターネットで発売されます。皆さんのお役に立ちたいと思って書きました。
まだあまり知られない脳神経外科の脊椎手術をお知らせしたくて書きました。
手術前後 いろいろな体験と気づきがありました。いろいろなことを知りました。何年も何年も長く体験してみたいにいろいろな出会いがありました。よい手術に出会うまでの二年間、手術をして体験記を書き始めて二年半、ほんのわずかな間にいろいろと勉強しました。そのことを正直に書いています。良いも悪いも。
体が整って本当に有難い日々を過ごしています。あんなに手術を怖がり、拒否していたのによい出会いで救われました。
今困っている方、そんな人が周りにいる方、ぜひ読んでいただきたいです。みんな元気になって健康に老後を過ごしていただきたいです。せめて足腰は。

[PR]
by nizicanvas | 2017-12-05 23:54 | つれづれ

ブログを再開できました

ブログがうまく入らなくなってそのままになっていましたが、娘が私の書いた記事を画面に表示できるように直してくれました。この修繕作業はすごいと大変感心していますが。これからは時々いろいろな情報を載せたいと思います。
もうひとつの虹キャンバス3 まんりょうはずーと入っています。これは私が毎月出している新聞のブログ版です。
よろしくお願いします。

[PR]
by nizicanvas | 2017-11-22 19:52 | つれづれ

脳神経外科 頸と腰の狭窄症手術体験記の出版しました

とうとう完成して出版になりました。東京図書出版です。『脳神経外科 頸と腰の狭窄症手術体験記』です。1300円。
手術をして四か月目頃から、体験を思い出して書き綴り、出版社に投稿しました。
私は手術によって元気になった自分の体験を皆さんにお知らせしたい、痛みや不自由さに悩んでいる人の役に立ちたい、
私の出会った脳神経外科の鍵穴手術を知って頂きたいために本にしたいと思っていたのです。
出版を決めて原稿の整理が始まり、その内容を専門医にも見て頂くことから始めて一年半以上かかりやっと完成しました。250ページの本ですがとても素敵な本になり、出版社に感謝いっぱいです。行きつ戻りつして原稿の整理をする私をもどかしくも温かく受け入れて下さった出版社に本当に感謝です。お忙しい中私の小さな疑問にも、執拗な疑問にも丁寧に答えて下さった医師にも本当に感謝です。多くの方達の応援を頂いて完成しました。
医学には素人の私は脊椎の図や説明を入れました。なぜなら市販の本もインターネットの説明も素人には分かりにくいことが多いと気付いたからです。私のような素人でもよくわかる図を入れるために、自分を褒めたいほど頑張りました。御蔭で少々自慢できる図が書けました。絵の下手な私ですが、とても綺麗に整理してかけました。それだけでも見て頂きたいと思います。自分の体験だけでなく巷のうわさ、近辺の情報もいろいろいれました。読みやすい内容になっていると自負しています。
12月5日ころから店頭に並びます。インターネットでも求められるようになっています。
狭窄症の方ばかりでなく腰痛の方には必ず役に立つと思います。
この度の体験で健康には運動がどれほど大切かを知りました。健康寿命のために役に立つこともいろいろ載せています。



[PR]
by nizicanvas | 2017-11-22 19:47 | つれづれ

再開

ブログ書きます よろしくお願いします
[PR]
by nizicanvas | 2017-10-22 00:29 | つれづれ

再開

ブログ書きます よろしくお願いします

[PR]
by nizicanvas | 2017-10-22 00:25 | つれづれ

ブログ再開  狭窄症手術体験記を出します。

長い間休んでいたブログを再開しようかなと思います。写真が入らなくなったことが中断のひとつの理由ですが、それはゆっくりと取り組みます。私はもうすぐ狭窄症の手術体験記を本に出す予定です。長い間苦しんでいた腰と首の狭窄症。絶対手術はしないといろいろな取り組みをしたけど、脳神経外科医との出会いで「もはや手術しかない」と悟り、そして手術を受け、有難い生活をしていることをお知らせしたい、私のような人が結構多い中、何かの役に立ちたいと書きました。それでブログも再開しようと思いますが、どうもうまく行かないのです。ぼつぼつ研究します。

[PR]
by nizicanvas | 2017-09-11 22:41 | つれづれ

再開 70歳で再出発します

ブログを再開したいと思います。実は近いうちに本を出版することになりました。といつてももう数か月かかります。
私の首と腰の狭窄症の手術体験記です。手術してもうすぐ二年半。よくなった感激に手術後四か月ころから書き始めました。かなり早く完成しましたが、実際に本になることは大変なこと、扱ってくださる出版社を探したり、担当医師に確認したり、出版が決まってからも一年半近くになります。自分では湯浴できたと思う原稿も何回も手直し、脊椎について勉強すればするほど手直し。やっと前に進めている状態です。
実際に本になるのはもう少しかかります。私の体験が脊椎疾患で悩む人の役に立てばと思います。
 私が書いているもう一つのブログは私が毎月書いて作っている新聞「まんりょう」です。これは30年以上続けているものですが、ブログを書き出して以来ずーと載せています。nizicanvas3として載せています。
これは皆さんに本当に知っていただきたいことを調べて書いています。心血注いで書いている新聞です。読んでいただきたいと心から思い、毎月書いています。謄写版版印刷で毎月500枚刷っています。ニューモラル誌を配るとき、皆さんが配ってくださっています。結構面白いと好評です。東京の知り合いもその新聞を一人だけ読むのはもったいないと友達にも配っていると連絡くださいました。
 おいしいお店、生活百貨、政治、教育などをここで載せたいと思います。旅行も花も大好きで、ぜひ写真を載せたいのですが、パソコンを変えてから載せ方がわからなくなりました。また勉強します。よろしくお願いします。
来月で70歳、体もあちこちが痛んできました。いつまで元気で過ごせるか、いつまで生きるかわかりませんが。最後までエネルギッシュでありたいと思います。向学心旺盛でありたいと思います。

[PR]
by nizicanvas | 2017-09-08 22:36 | つれづれ

まんりょう 二月号を掲載しました。

虹キャンバス3 津山事務所女性クラブ会報 まんりょう に二月号の記事を掲載しました
[PR]
by nizicanvas | 2017-01-26 20:57 | つれづれ

育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas
プロフィールを見る
画像一覧