厳しい北陸の雪

長女が北陸、福井に住んでいます。今年の雪はもう半端ではなく、その多さに住んでいる人も悲鳴。毎日毎日雪かきでくたびれ果てているといいます。それだけではなく、もう捨てる場所もないらしいのですが、それでも無情にもまた来週も雪。買い物に行けない、行けても品物がない、送ってやりたくても送れない。インフルエンザにかかっている孫も病院にいけず苦労したとか。病院も閉鎖とか、縮小とか。こちらでは信じられない状態。毎日そんな情報を聞いて本当に辛くなります。晴れの国岡山に育った娘はなおさら辛い事だと悲しく、案じられます。福井より金沢寄りの八号線ではいまだたくさんの車が立ち往生。なんとかならないのか、関係者の家族の不安はどれほどの物でしょう。そんな中、自衛隊の方たちが夜を徹して雪の除去作業、本当に有難い事です。自衛隊の皆さんのご苦労をもっと感謝で受け止めなくてはと思います。
相変わらず自衛隊は違憲だとか叫ぶ人達、自分たちはどれだけのことが出来るのでしょう。もっとも自衛隊の本来の仕事は国を守ること。もちろん災害も防衛ではありますが。そのために厳しい訓練をしているのが役に立つのです。
今日は岡山県の総社市から除雪車に必要な油が運ばれるというニュースがあり、これもまた有難く思います。地図でいえばほんのわずかな目と鼻の先の災害地の場所、なんとか力になりたいと思いつつも何もできない事を情けなく思うのですが、そんな私達の為に動いて下さる人達に感謝。医療チームのアムダも出動するとか、いよいよ私達はせめて金銭的な応援をしなければならないと思います。

[PR]
by nizicanvas | 2018-02-08 22:40 | つれづれ

育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas
プロフィールを見る
画像一覧