60の手習い10周年記念演奏会

三味線を始めて10年あまり、だいぶまともに弾けるようになったので母にきちんとした舞台で聞いてもらいたいと思ったことがきっかけで、60の手習い10周年記念演奏会を開催することを決心して、昨日開催しました。私の師匠と仲間達の応援をもらって、たくさんの方に聞きに来ていただいてなんとか盛会にできました。
小学6年の孫(二年生の時から始めて)も参加して花を添えてくれました。なんといっても若い子は存在自体で素晴らしい。みんなの心が和みます。上手にできたとはいえませんが、それでも全曲を弾くことが出来ました。
花紅葉、ことぶき、都踊り 元禄花見踊 みんな大曲です。そして上を向いて歩こう 古城 ふるさとなどの良く知られた曲も披露してみんなで楽しんでもらいました。本当に本当に一生懸命練習を重ねてきた私としては出来が悪かったのですが、聞いて下さった方達は喜んでよくできたという事ですから、まあよかったかな。
ともかく10年そこらで大それたことをしました。一年間ちょっとの時間を稽古して稽古して。今までこんなに音楽に時間をさいたことはありません。稽古不足なんて絶対に言えないと頑張ったけど。本場は大変なことでした。プロの方はどんだけ練習を重ねているのでしょうか。敬服です。
まあ私の実力からすれば仕方のない事ですが、また三味線の音よりお琴の音の方がよく響くので私は助かりましたが。
93歳の母が大変喜んでくれたのが嬉しかったし、有難かったです。さあもう10年後20周年記念が国際ホテルでできるならいいねと考えています。母は元禄花見踊りが大好き、亡き姉たちが弾いていたらしい。じぶんもそれが弾きたくて80の手習いで始めたけど、ちょっとハードルが高すぎて三年でダウンでした。

[PR]
by nizicanvas | 2017-12-17 20:10 | つれづれ

育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas
プロフィールを見る
画像一覧