育児 、素敵な楽しい生活の参考になる幅広い情報提供サイト


by nizicanvas

抱っこ法

 抱っこ法
今日は抱っこ法の勉強会があると新聞に載っていたのででかけてみました。以前から抱っこ法について多少本を読んでいたりしましたが、講演など実際にふれるのは初めてです。抱っこ法もスキンシップと同じなものと思っていましたが、少々違うようです。たとえば横抱きが抱っこ法の方法だそうです。
横に抱くと気持ちが静まるようです。でも実際には横に抱くととても嫌がる子がいるそうです。抵抗して抵抗して、それでも抱っこをしているとやがて抱っこの心地よさが分かってくる。そうしたら泣いたり、素直に感情を表現できるといいます。いわゆるいろいろな問題を持つ子が抱っこ法で心を取り戻すようです。横抱きをいやがるのには理由があるといいます。それは胎児期、お産のときから何かしら問題を感じている子たちだといいます。先生の話を聞いていて、やはり難産の人はそうなるといわれました。つまり難産はお母さんのストレスが強い場合が多いのです。ほとんど精神的ストレスですが、高齢出産など肉体的問題もあります。なにしろこのごろのお産には年齢と体力不足などという問題を持つ人が多いですから。胎児のときの記憶はみんなもっているのにいえない子は、妊婦期やお産に痛みを感じている子どもたちだといわれました。やはり私は思いました。シャワーが浴びれない、滑り台ブランコが乗れない、すべり台、横抱き、それらを嫌う子は間違いなくお産に問題があるといわれました。
抱っこ法を利用しなければならない子はみんな胎児期や出産時に問題をもっているという先生の言葉もショックでもあり、また納得でした。
泣くことでストレス解消になるといいますが、実際に泣くことでACTHが出てストレスが緩和されるようです。泣くことすら禁止されるとやがて子供は暴力的になったり、引きこもったり、いろいろな問題をもつようになると話されました。子どもが泣いているのが許せない人は子どものときに自分も泣きたかった、受け入れてもらいたかったトラウマをもっていて、それか子供の泣き声で反応してしまう。だから虐待に走ったりするという説明。とても納得します。
ここでは書ききれませんが、なかなかよい勉強をしたと嬉しく思います。またどこの主催が分かりませんが、一部のお母さんたちがやっているサークルのようです。子どもをつれてよい勉強会をしているなと感心して聞きました。
[PR]
by nizicanvas | 2010-09-19 23:40 | 育児、教育、マタニティー